げむぷれ! ホーム » 映画 »劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―

劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―  

公開も随分前だし、見たのも前月だったけど
VRの話をしたいからもう一個書く。

20170528_sao.jpg

TVアニメ「ソードアートオンライン」のユウキ編(マザーズロザリオ編)のその後を描いたスピンオフのような作品。
登場キャラクター達はそのままなので、アニメ版の視聴は必須になります。

そもそも私が最初にアニメ版ソードアートオンラインに興味を持ったのが
MMORPGが題材であったり、abec氏によるキャラクターデザインが好きだったりで見始めましたが、なかなかどうも面白い作品に仕上がっており、続きはいつかいつかと密かに心待ちにしてました。

・ゲーム世界でありつつも死んだら全てを失ってしまうスリリングな展開
・沢山の可愛い女の子に囲まれて何故か一方的に好意を寄せられるハーレム展開
・超強い主人公が残虐で卑屈で強大なラスボスと対峙する、熱いバトル展開
アニメ版の面白みとしては上記の三点ですが、映画に関してもこれらの要素は一応網羅されており、2時間という短い時間でしっかりまとめられていました。

特にバトル描写が非常に丁寧な印象で、原画枚数が多いというか、戦闘の中での攻防がしっかり書かれており見応え十分でした。
戦闘好きには特にオススメです。

ラスボスは反吐の出るような外道では無いので、憎しみを一気に晴らすような熱量はありませんが、最後にチートが横暴するのでスカッとはします。

今回のお話はメインヒロインのアスナが中心で、新キャラのアイドルとか今までの作中ヒロインはガヤ扱いであまりハーレムはありません。
若夫婦を見守る図になりますのでイチャイチャはしてるので個人的には良かったです。(こいつら本当に高校生?)

まだまだソードアートオンラインには期待できそうな希望を持てる作品でした。

ちなみに今までは仮想現実というVRでゲームをしていたわけですが、今作のみ拡張現実というARがゲームになっています。
キリトさんがあまりにも運動不足で「やっぱりVRだよな」と言い訳をしてたのはちょっと笑ってしまいました。
この時は他人事のように笑っていたのですが、最近PSVRを高額ながら購入しバイオ7をやるとこれがなんと3D酔いしてしまい、仮想現実で動き回るキリトさんってやっぱ凄いと実感してしまいました・・・
スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameplaceplus.blog12.fc2.com/tb.php/480-598450de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop