げむぷれ! ホーム » 映画 »夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女  

一ヶ月以上ブログを更新できてませんでした。
延命措置として映画のことでも書きます。ネタバレなしで。

20170513_otome.jpg

原作が出版されたのは10年前くらいで、なぜ今頃掘り起こしたのか?
そして同じ原作者、監督、キャラデザインだった「四畳半神話大系」が2010年にTVアニメを放送してるにも関わらず、
なぜこれも続投しなかったのかと疑問に思って仕方ありませんでした。

調べてみるとどうやら四畳半の後にアニメ化する企画はあったらしいですが、
諸事情で一旦はよそのプロジェクトになったみたいで、今回それが舞い戻って再スタートしたとか。
http://www.asahi.com/articles/ASK4656W1K46UCVL01C.html
本人たちの希望も叶ってるのでめでたしというところでしょうか。

肝心の本編ですが、個人的には微妙だったかも。

大学生の男の子(先輩)と女の子(黒髪の乙女)が別々の道を進みつつも、最終的に互いに惹かれ合うような不思議な出会いの物語なわけですが、ところどころよく分からない描写が見受けられます。
それが最後につながる伏線であった場合はまだ良いですが、特に意味はなくただの過剰表現だったりする場合もあるため、全貌を理解していない視聴者にとってはどういう描写なのかハテナが飛び交っていたのではないかと思います。(2度目の視聴だとこの判断ができるみたいです)

この'過剰表現'って別にバイオレンスとかセクシャルとかではなく、絵を崩して面白可笑しく描いているという意味なんですが、これを「素晴らしい作画だ」とか「画期的な演出だ」と捉えるか「よくわからん」と捉えるかの違いになってきます。
私は残念ながら後者の立場だったので、あまり好ましく思えませんでしたが、かなり好みが分かれそうです。

一方で先輩と乙女を交互に語ることで、話は切れるけれど短編小説のような展開がなされ、各所にあった伏線を含めそれら全てを集約するようなラストのオチは、視聴者をなるほどと思わせる、一作品として非常にまとめあげたところは非常に高評価です。
(四畳半でもアッと驚く摩訶不思議なオチでしたが、それとは異なるオシャレでステキなオチが好感持てます)

視聴後は映像や音楽に騙されて壮大な作品を見たかのような気持ちになりましたが、実はただの一般大学生の、主に大学生活圏内の小さな恋物語なので、内容を深く観察すると大したことのないことを壮大に語っているだけなので、作品を通しても'過剰表現'気味だったことに気が付きました。

騙された感も含めて個人的には微妙という感想になります。申し訳ない。
オチは大好きです。
スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameplaceplus.blog12.fc2.com/tb.php/479-8a732941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop