げむぷれ! ホーム » スポンサー広告 » FINAL FANTASY XV »FINAL FANTASY XV プレイ日記2

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

FINAL FANTASY XV プレイ日記2  

日々の記録をしたいのに夜中までプレイしてしまうから、細めに記録を書けないことに今更気づく。
まあ本ゲームだけだと言い聞かせながら翌日に書く形式で続投します。

チャプター7開始手前で一旦ストップしましたが、プレイ時間は25時間程度。
サブクエストを結構な数をクリアしているのでまだまだ時間は掛かりそうですが、物語としても中盤に入ったのではないかと思います。

FINAL FANTASY XV_20161204170455FINAL FANTASY XV_20161204171139


シナリオで一つ気付いた点として、これ多分乙女ゲーです。
「ファイナルファンタジーfor Girls」です。

結婚式がー、戦争がー、と本筋は本筋でちゃんと話は進んでいるけれども、その中で男4人衆がイチャコラじゃれ合っている描写がやたら細かくて、どうもそっちの方が本編な気がしてなりません。
じゃれ合うといっても、ただ駄弁って冗談言い合ってる仲なだけなので、そのシーンを切り取ってニヤニヤするのが醍醐味ではないかと。
その男どもの距離感はまさに乙女ゲーというジャンルが一番しっくりきます。

一人でも下品な野郎が紛れていれば、女!酒!ギャンブル!な会話になりそうだけど、そこはさすがにファンタジーなんでしょうね。
清涼感あって個性がキレイに分かれている4キャラなので、今作はどいつも女性人気が高そうで、二次創作が溢れる予感・・・

とはいえ、かわいい女性キャラもちゃんと登場するし、そこは乙女ゲーとして区別されていない唯一の良心かと。
ただしヒロインとしての出番は少ない模様で、今後活躍するのかも怪しい。
やっぱりヒロインはプロンプトなんでしょうか?まだ何とも言えません。

FINAL FANTASY XV_20161203011342FINAL FANTASY XV_20161203162039

ゲーム内容としては、様々な部分においてFF12を踏襲した仕組みになっています。
オープンワールドをシームレスに自由に駆け回れるところや、メインクエストとサブクエストを交互にこなすようなところや、経験値とは別のアビリティポイントを消費して強化するところとか、似ているなと思う点はいくつか出てきます。
FF12でスペック的に出来なかったことを具現化したのが本作ではないかとも思えます。

そして料理。

FINAL FANTASY XV_20161204222358FINAL FANTASY XV_20161204141805

この食のグラフィックに異常にこだわるところは洋ゲーでも見られない傾向で、ゲーム史に残る名シーンと言えるでしょう。
「こんなシーンに予算を使うな」とも批判されてますが、冒険を終えてホッとするこの絶妙なタイミングで登場させる画像は、本作のキャンプしてる感を出すためにも一番重要なシーンだと思うので、全力を出す方向性としては間違っていないです。
そしてその努力が本気であったとしても、ネタであったとしても、面白可笑しいシーンになるのはまさに奇跡の産物です。
実機でぜひ見て欲しいです。

あと海岸の岩のゴツゴツ感も、現実の海岸をキャプチャしただけあって素晴らしかった。
発売を延期するだけあるわ。
スポンサーサイト

category: FINAL FANTASY XV

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameplaceplus.blog12.fc2.com/tb.php/473-c65eb0ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。