げむぷれ! ホーム » 映画 »聲の形

聲の形  

もうこれで観た映画は最後です。
厳密には9月は過ぎましたが、9月中は映画を5本も観てしまいました。
それも映画館に足を運んで。
レンタルではよく観てましたが、多分こんなに映画館で観ることは一生無いだろうなと、多分。

同日に公開となったスタジオジブリ最新作の「レッドタートル ある島の物語」が可哀相になるぐらいの好スタートを切った「聲の形」
とかいう文句がネットで転がっていたのでちょっと笑った。

koenokatati.jpg

聴覚障害のお話でもありますので、陰湿なイジメであったり、そしてイジメに加担した主人公の罪であったり、皆の理解に違いによる喧嘩であったり、概要としては重い話になっています。
序盤の小学校のシーンのイジメも結構丁寧に描かれてて、放課後の教室で主人公とヒロインが取っ組み合うシーンは、心に突き刺さるような痛みがありました。(原作のマンガの方が過激らしい)
そういうショッキングな映像だけでなく、イジメに対して真摯に向き合って生きていくという姿も繊細に描かれています。
観ている最中も色々と思考させられて、娯楽アニメ映画とは思えないほどに、色々と感情が揺さぶられます。

しかし、高校になってからのイチャイチャ具合はまさに「たまこラブストーリー」のような甘ったるさで、ここは何も考えずとも終始ニヤニヤしっぱなしでした。
監督の山田尚子氏+脚本の吉田玲子氏の作品の恋愛シーンはこっちが恥ずかしくなるような、でもすごく心地の良いプラトニックラブなのでもう癖になりすぎています。

そしてヒロインの硝子ちゃん、他者を好きになろうと必死に努力する姿が本当に健気で真っ直ぐで・・・
こういう心が清らかな人物が登場すると「美男美女じゃないと成り立たない」と必ずバッシングが来ますが、元々フィクションなんだし可愛くないと誰得だし、結果的にこれで良かったんじゃないのかな。
実写映画で再現されると多分違う印象を持つと思う、アニメのこの絵柄だからこそぴったりイメージにハマったんだと個人的には思います。
サンキュー京アニ。

他の登場人物たちもたまこま同様に聖人ばかりなので、心温まるスッキリとした終わりに収束するところも安心感あります。

小ネタとしてはエンディングクレジットで硝子ちゃんの声がまさかの早見沙織氏で、よく考えるとあんな声を素人が出せるわけがないと演技の幅に驚きました。
音楽は牛尾憲輔氏で、環境音を巧みに入れ込んだ映像とリンクしたBGMになっていました。
作中でも「花火の振動は感じられる」描写があったように、振動を意識した音作りになっていて、映画館の音響をうまく活用した感じになっています。
サントラの方に異常なほどの拘りを感じられて、個人的にはこの丁寧な作りはポイント高いです。

今月は映画をたくさん観てきましたが、今月の中で「聲の形」がダントツで一番好きです。
ただ、重いエピソードもあるし、イジメのシーンはとても心苦しくなるので、娯楽映画としては微妙かもしれないので、全員にはオススメできない内容かと思います。

本来は同じ土俵に並べるべきではありませんが、
君の名は」は誰にでもオススメできる"面白い"作品であり
「聲の形」はオススメはしないが"好きな"作品かと思います。

面白いと好きって別物なんだと改めて思いました。

余談ですが、
聴覚障害というテーマによりヒロインの硝子ちゃんはもちろん苦労人であるのはわかりますが、この作品で最大に苦労していたのは親友のナガツカくんなんじゃないのかな。
天然パーマ以上に頭モコモコだったしガイジだろ絶対・・・
コメディー風ないじられキャラとして、重いシナリオの中での唯一の緩和剤として働いていた彼が一番の苦労人であることを視聴者達は忘れてはいけない気がします。
スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameplaceplus.blog12.fc2.com/tb.php/466-5a7d0b34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop