げむぷれ! ホーム » スポンサー広告 » 映画 »ピクセル

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ピクセル  

今日公開の映画「ピクセル」を見に行きました。

poster2.jpg

観るつもりは元々なかったんだけど、「エースコンバットインフィニティ」で
ピクセルとコラボしてたから、何か気になってしまった。
そういえばエースコンバットもナムコ、これに出るパックマンもナムコだからコラボが実現したのかもと
勝手に解釈しておく。バンナムが潤うからだろう

知人からは米国ではヒットしていると(売上だけの情報を)聞いたんで、
まあヒットしてればほどほどに面白いだろうと軽い気持ちで見に行きました。

ちょっとネタバレありの結果は、続きを読むから↓


うーん、かなり微妙。

80年代のゲームが多数登場して、
パックマンとかギャラガ、ドンキーコングが侵略者として登場してました。
細かいのだとテトリスでビルを一列消去させてたり
一瞬だけマリオやペーパーボーイが戦場であたふたしてたんで、
確かにゲームキャラのオンパレード。
(あと現代ゲームはヘイローとCODは名前で、TPS画面はラスアスかな?)

序盤の侵略でドラゴン?が空からやってくるのはセンチピードというゲームで
これは始めて知りました。
あとお供としてメイン級に登場するキューバートも知らなかったです。
ゲームには自身があったんですが、まあ意外と知らないものですね。
あのタコさん可愛かった。

パックマンの倒しかたはゲームそのものと倒し方が同じなので
4色ゴーストを操って当たるだけというすごく分かりやすかった。
そんな超兵器を開発できるなら、あんな戦艦一瞬で葬り去れそうだけど・・・
(ズルだからダメなのかもしれません)
そもそもあの侵略者は一体何者かなど、考えたらキリがないけど
細かいことは考えてはいけない、頭を空っぽにして観る、そういうたぐいの映画でした。

たまに下品なジョークを入れて、起点を効かせてラスボスを倒す、
地球を救ったヒーローたちはラストシーンはキスシーン満載。
(濃厚なキスばかりで、さすがアメリカのオタクは違うね!)
タコさんが美女になったみたいだけど新たにタコが生まれるので関係ないね。
みんな幸せで大団円で終了。

でもそれだけなんです。
超王道のB級映画でしかない。何か面白さに今ひとつ欠ける作品なんです。
後でネットで調べたら、賛否両論でハッキリ意見が割れてたみたいです。
自分はこの内容だったら10点中4点くらいの否定派になってしまうから
この映画をあえてオススメとは紹介しづらいなー

でもこれでエースコンバットをプレイ中に
「ピクセル面白いかなー?」とモヤモヤしながらプレイすることはなくなっただけでも
良しとしましょうか。
スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameplaceplus.blog12.fc2.com/tb.php/436-4c2fd430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。