げむぷれ! ホーム » スポンサー広告 » ポケットモンスター ダイヤモンド・パール »ポケットモンスター ダイヤモンド・パール

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール  

「何の生き物?」

言わずと知れた任天堂の大ヒット作品「ポケモン」。
今回はパール版をプレイ。レビュー的には何も変わらないが。

【ジャンル】:RPG
【プレイタイム】:30時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:普通
【総合評価/おススメ度】:B

【映像】:C
【音楽】:A
【シナリオ】:C
【熱中度】:B
【オリジナリティ】:B

【コメント】:純粋に楽しめないことに時の流れを感じた

感想

大学で「ポケモンブラック・ホワイト(BW)」が流行するなかで一人、今さら過去の作品をかじっている人がいました。
ええ、私ですとも。
せっかくならBWをすればいいのにと思われようが、流行の波には決して流されずしがみ付くのが私。
自分にとっては新作、だから別にいいのだ。

内容は大きくは変わらず通常通りのポケモン。
タッチパネル画面で時計やダウジングマシンを使用したり、とくに戦闘画面では技をタッチパネルで選べるようになった点は
すごく便利だと思います。
戦闘で面倒な時はボタン連打しますが、今回はタッチパネルも可能になったので今や画面が指紋だらけですww
それにボタンが潰れる心配もないし(ボタン陥没心配症)
「たたかう」のパネルが3分の2を占めていて押しやすく、なかなか配置も考慮されている。
そんなことを考え始める時点でポケモンを純粋に楽しんでないような・・・

あとポケモンの種類が100種以上増えたこと。
登場する大半が新ポケモンで、初めてポケモンをプレイしたかのようにとても新しい雰囲気でワクワクします。
が、ここで新しいと困ってしまうことがあります。
それはポケモンの名前。
トレーナー戦で「○○をくりだそうとしている」と言われてもタイプを推測できないときには辛かったです。
いや、いっその事ムカつくので分からない名前のポケモンを挙げます。

ドダイトス ドータクン コリンク ルクシオ レントラー マスキッパ フカマル エテボース フローゼル

もはや何の生き物なのかも分からない名前ばかりで、これらの名前が出てくるたびに腹が立ちます。
名前で推測できないというか、一回だけ名前を見ても覚えれないほど意味分かんないし。
コリンク ルクシオ レントラーって誰だよ。
それにデザインも段々と生物らしくなくなってる気がします。
ポケモンの時代の流れは早いな・・・とオジサン、ちょっとだけ悲しくなりました。

一方で難易度は絶妙です。
タイプをそろえないと困難だし、初回の四天王に至ってはアイテムを使わないと厳しいくらい。
げんきのかけらはあれほど必須アイテムだったとは・・・やられた時の記憶が蘇る。
準備万全でやっとクリアできるくらいで、最後のバトルは最終戦争状態で楽しかったです。
それにあの最終場面でポケモンらしくないラスボス曲だったことにも心踊りました。

なんだかんだでポケモンはRPGとしては楽しかったです。
でも、時代に取り残されたかのように新しくなってしまい、ポケモンを純粋に楽しめなくなっている面はあります。
ポフィンや木の実もただの煩わしい通過点の様な気がします。
現代の子どもたちはポケモンをプレイしてどういう感想を抱くのだろうか・・・

スポンサーサイト

category: ポケットモンスター ダイヤモンド・パール

tag: DS_B.ポケットモンスター:ダイヤモンド・パール 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameplaceplus.blog12.fc2.com/tb.php/404-c77cf2bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。