げむぷれ! ホーム » スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 »スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園

スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園  

「ダンガンロンパおかわり」

学級裁判にて議論の矛盾を論破して真のクロ(犯人)を暴いていくアドベンチャーゲーム
前作の学校とは変わって、無駄に施設が整った無人島で新たな超高校級の才能を持つ学生たちが絶望に立ち向かう

【ジャンル】:アドベンチャー
【プレイタイム】:20時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:やさしめ
【総合評価/おススメ度】:A

【映像】:B
【音楽】:C
【シナリオ】:A
【熱中度】:A
【オリジナリティ】:B

【コメント】:水着に砂利を入れたときはコナンっぽかった

モノクマからのアナウンス

続きが気になり友人からソフトを借りてプレイしました。
んでプレイしてすぐにモノクマからこんなセリフが

「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」を
お買い上げ頂いたオマエラ・・・誠にありがとうございます
「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」を
友達から借りてプレイしてるオマエラ・・・
借りパクは友人をなくす恐れがあるので、
念の為にもう1本買っておく事をお勧めします


誰がプレイしてもこのセリフは出るんですが、モノクマに見透かされたような気がしてちょっとゾッとしました。
モノクマ(というか製作側)の遊び心は前作と変わってないようで、今作も楽しめそうです。

ゲーム部分

「スーパー」の名が付いてるけれど、ダンガンロンパ(以降1とする)の正統な続編で、物語の終盤には
1の内容が頻繁に登場するため、1を遊んでないとかなりガッカリな結果になるでしょう。
ここからのレビューは1を遊んだこと前提でいきます。

学級裁判について。
相手の証言の矛盾について証拠(コトダマ)で論破するスタイルは変わっていません。
それに加えて刀で証言を斬る「反論ショーダウン」が新たに登場して、不要な証言はひたすら切って
矛盾点はコトダマを使って切ると、なんかひたすら切るミニゲームです。
ただし切る回数には制限があるため、やたらめったらに切るのではなく同時に証言が出現する場面では
同時に切るという方法も必要になってきます。
第二章にそれが唐突に出現して結構焦りましたが、それ以降は大業物(切る回数+5)のスキルを
使うことでイジワル(難易度設定)でも楽勝になりました。

あとスノボーみたいなアクション系のミニゲーム「ロジカルダイブ」まで登場。
基本的に道なりに進んで障害物を回避して穴をジャンプするっていう本当にスノボーアクションですが
分かれ道ではクイズを提示され、どのトリックが正解か問われるためちょっとした推理要素もあります。
正解でない道を進むと一寸先は奈落で少しダメージを食らってもう一度分かれ道に戻されます。
これがもしも一発ゲームオーバーならたまらなく難しいでしょうがそんなことなくて良かった。
終盤では横道にジャンプするという高度な技もいるので、1よりもアクションを強く要求されてる感じです。
推理だけを楽しみたい!という人にとっては不満かもしれませんが、私はこのくらいアクションと推理のメリハリが
あった方が「ゲームらしく」て楽しめました。

問題は「パニックトークアクション(略称PTA)」とかいうリズムゲーです。
1でもあった「マシンガントークバトル」と似たような音楽に合わせてボタンを押すタイプで大きく違う点では
押しっぱなしで証言をロック、タイミングよくボタンを放すとロックしたものを破壊できるようになったこと。
結果的には1よりも簡単な操作になりましたが、私は1の操作感覚を覚えていてついタップしてしまい
なんやら訳分からないまま即ゲームオーバーになりました。
どんなに推理が上手くいってもここでゲームオーバーになれば主人公が犯人になるってオチも相変わらず、
どんな疑われ方なんだ。
それに単純にリズム感覚が追いつかずミスしたときの体力減衰量がやばいなと思います。
やっぱりこのリズムゲームは要らない子だよ。

探索パートはたいして変わってませんでしたが、おまけモードの種類がえらい幅広くなってます。
前作であったガチャガチャのアイテム収集はもちろん、モノミがケモノを倒していくアクションゲーム、
1のIFストーリーを書いたノベルゲーム、島で自給自足するシミュレーションゲーム(クリア後)などが遊べます。
あとは「メダルをあつめた」「○時間プレイした」などの条件を満たすと印が付く、
いわゆる実績モードまであります。
本編にハマったのであればこのおまけは嬉しい限りで、特にノベルゲームとシミュレーションゲームでは
さらにダンガンロンパを深く楽しめるストーリーが用意されています。
クリア後に遊ぶと一層楽しめるでしょう・・・やっぱりストーリーが魅力なゲームだと改めて思います。

ストーリー(ネタバレなし)

「1を知らないとダメ」なのは確かだけど序盤中盤までは何も知らなくても楽しめる内容。
入学したばかりで島に拉致されたのはなぜか、そもそも島とはどこなのか、記憶がなくなっているのはなぜなのか、
1を知ってるならプレイヤーにとってなんか見た事ある人(十神や狛枝?)がいるのはなぜか。
この謎にもすべてそれなりな答えがあり、クリア後にはそれっぽくまとまっているんだからすごいと思う。
(ただし空想科学もビックリなトリックもあるんで寛大な心構えは必要)
終盤になると1の内容・登場人物がストーリーに大きく絡んできて、それが図々しいほど絡んできたため
そこがうれしくもあり残念でもある複雑な部分でした。
「1の彼らは脱出してからどうなったのか?」の問いに"一応"答えが示されますが
多くは語られなかったため、1から続く本筋の部分に関してはまたも未解決。
個人的にはもっと答えが欲しかったなという印象。

1ではあれほど個性の強いキャラクターがそろってたにも関わらず、2では十神含めて新たに16人も登場するんで
とにかく人数が多くて覚えるのが大変そうで、「(まぬけキャラや武道派のキャラなど)焼き増しかよ」と
最初はキャラクターを好きになれるか心配でした。
でも続けてプレイしていくうちにその心配事がどうでもよくなるほど今作も愛されキャラが満載です。

とりあえず一人挙げるとするならば「澪田唯吹」でしょう。
超高校級の軽音楽部と呼ばれ、たまにたがが外れるハイテンションなムードメーカー、
良く言えば元気っ子、悪く言えばバカっぽい。
外見はビジュアル系バンド(女のビジュアル系バンドって少ない?)で口癖は「~っす」、
特に体をゆらして「ひゃっはー!」とか喜んでいる姿とか健気ですごくかわいい子。
まあ名前は某けいおんキャラの文字を集めただけっていうやっつけ感がありますが・・・
そんなわけでプレイ後には16人のうち誰かにハマっていることでしょう。

まあ島で起こる数々の事件には1とは一味も二味も違ったどんでん返しな展開が用意されていたので
新たな気持ちで楽しむ事ができました。

まとめ

ネタバレなしの感想は難しいなあ。
とりあえず1をプレイしなきゃ謎だらけ、でも2だけでも十分面白かったという矛盾した?感想になります。
正統な続編だけど、「ダンガンロンパをもう一回楽しみたい!」という人のための
"おかわり"的な位置づけのゲームだなと思います。
1を満足にプレイできたなら間違いなく楽しめるだろう内容になってます。


↓ネタバレ感想は「続きを読む」から






ひたすら思いつきだけの感想・ネタバレ付き

ダンガンロンパ2にはとある"楽しみ方"があります。
それは殺人事件によって被害者と加害者は途中退場してしまうことを利用して
誰が最後まで生き残るかを推理するというものです。

本編とはまったくもって関係ないから推理というよりも予想なんですが、これはゲームの難易度にも関わります。
前作をプレイすることで分かりますが、自由時間に数回会話することでもらえるスキルは当人が死ぬと得ることが
できなくなってしまいます。
だから予め死ぬ人をピックアップしておけばスキルを効率よく手に入れることができるはず・・・
そう考えて遊び半分で予想、1のポイントをまとめるとこうなります。

・ヒロイン、まとめ役、偽物は被害者として死ぬ
・オタクキャラも被害者として死ぬ
・スポーツマン、根の良い悪人、嘘つきは犯人
・劇画チックな武道家は自害する
・討論を乱そうとするキャラ、単にアホキャラは意外と生き残る

アバウトな表現であげてみましたが、こじつけでも結構当たってる気がする。
ヒロイン=ゲーマーの七海(偶然の加害者だけど)だし、まとめ役=十神(あとで偽物だと発覚)も合ってる。
あきらかなオタクキャラではなかったけど、あきらかに頭身のおかしいキャラ=料理の花村というのもありかも。
スポーツマン=剣道の辺古山もこじつけだけどあり、嘘つき=保健委員の罪木あたりか。
武道家はマネージャーの弐大で完全一致、ただし自害でなく被害者だった違いはあるものの
仲良しだった体操部の終里は生存ルートだったことは前作のスイマーの件と完全一致。
というか弐大はロボ化して体に時計が埋め込まれた時点で死亡フラグがビンビンでワロタ。
討論を乱す=ヤクザの九頭竜に当てはまるかな、ポジションでは前作の十神だけど素晴らしいほど改心してしまい
キレイな九頭竜は逆に死にそうだったからちょっとヒヤヒヤしてました。
ただスキルのことを考えると九頭竜は1章と2章では話かけられないから生き残るだろうという逆算も可能。
一方で舞踊家の西園寺も討論を乱してたけど死んでしまったので予想失敗。

まあどれもこじつけなわけですが、アホキャラが生き残るのだけは確固たる事実のようです。
前作の占い師については内容を知られないためのダミー画像や体験版で死んでしまうなど引っかけが用意されていて
彼はいかにも死にそうなアホキャラだったため、今回はメカニックの左右田がそのポジションに相当します。
説明書のパニックトークアクションで左右田が容疑をかけられて「ヒールレスラーの入場曲」という
本編でまったく登場しない語句まで登場してます。(公式サイトのPTAの説明でも画像を確認できます)
だから左右田は片思いしてる王女のソニアが消えない限りコンビで大丈夫だろうなという安心はありました。
逆にソニアはかなり心配でギャンブラーのセレスが偽名だったのもあるし、国家権力者でもあるわけで
大規模な悪事を働いてる可能性もあったわけ。
それ以外にも犯行の道具になるものをやたら見つけてくるなど、偶然にせよクロに一番近い存在で
生き残りの中ではダントツで怪しい奴だったんじゃないかと思う。


こんな感じに、その人物の傾向から生存、被害者、犯人(クロ)を仮定していくのも面白いかなと、
といっても全員怪しいわけですがww

怪しいといえば十神と狛枝について。
十神は太っている以外はどうみても十神なのに、実は超高校級の詐欺師だったというオチ。
これがあまり深く掘り下げられなかったんで詐欺師は十神になって誰を騙そうとしていたのか分からなかった。
プレイヤーを騙すためのミスリード設定というのが有力すぎて、
そうなるとダンガンロンパ本編ではどうでもいいキャラとして片付けられる不遇な奴という認識に。
それに容姿に十神を選ぶ必要があったのか、そもそも何故体型まで似せられなかったのか、
そんな疑問ですらまったく解決しなかったのは納得いかないです。
仮に本物の十神が太るなら、ジェノサイダー翔こと腐川から逃げるためで間違いないんだけど。

狛枝凪斗(こまえだなぎと)はアナグラムで、なえぎまことだ(苗木誠だ)という風になってて
苗木は1の主人公だから前作を遊んだプレイヤーは当然「なえぎまことだ!」と思うわけですが
単なるひっかけ問題で別人でしたというオチ。
こちらは詐欺師でもなんでもないのに外見が似てる(パーカーとか)、声が同じ、超高校級の幸運まで一致するなんて
偶然はあるんだろうか?
ともかく、どちらも制作側のミスリードだったわけだけど、ミスリードだとしても何か説明を付け加えてほしかった所。



江ノ島盾子の再来について。
1では黒幕で絶望に満たされながら喜んで死んだ彼女、本作ではプログラムとして巨大化して再登場、
これはちっとも嬉しくないです。
まあ生徒たちを拘束してる以上、絶望的な存在には変わりないんですが。
彼女が登場したことによって前作のデジャヴのような気がして、1を再び体験してるような気分になって
そういう意味でも2は"おかわり"だったなと思うんです。
だから江ノ島も何か別の存在であってほしかったのに、せっかく十神は偽物だった、狛枝は苗木でなかったのに
彼女だけは同じ存在、同じ絶望。
新しいキャラがいっぱい出たんだからせめて別の絶望キャラを見たかった。
というか狛枝の方が超高校級の絶望に相応しかったような。
江ノ島の倒し方も、日向がカムクラとかいう白髪超人(風紀委員死亡フラグのはず)になって、
弐大の「気合いじゃあああああ!!」じゃないけど「希望じゃあああああ!!」と希望絶対論を貫いたってだけの話。
やっぱり 「論理的な思考 <<<< 希望というポジティブシンキング」 だったんだろうか。
推理モノゲームとしてあるまじき精神論、こんなダンガンロンパのしめ方はなんか嫌いです。



最後に語るべき、というかメインコンテンツ(オワコンの逆)な舞園さんの話。
彼女の出番は1の序盤で終わってますが、個人的には忘れられない存在です。
前回のレビューで私が嘆いている通り、舞園さんが大好きでしかたないです(ここ重要)
それは苗木も同じようで、遺跡のパスワードに「あの人が残してくれたから」という理由で11037を使うくらいだし、
舞園さんが苗木に与えた影響は相当大きなものだったことが分かります。
あの事件で苗木を罠にはめるつもりだったのか真相は謎だったとしても、"生"を託してくれた恩人に感謝して
苗木は希望を武器にして絶望と立ち向かっているんです。
ダンガンロンパ2は舞園さん無くして成り立たないアドベンチャーゲームだったんや!

でも2をプレイしてわかったのが世界が絶望に満たされていることが発覚、これで1のストーリーはが夢ではなかったこと、
そして舞園さん含め、被害者とクロたちは確かに死んだことになります。
となれば舞園さんが生き残るならエスパー説、超能力で生きているしか望みがないってことになります。
「エスパーですから・・・」あの言葉にどこまで信憑性があるのか、まさにダンガンロンパ内の究極の謎ですね。
てっきり2で解決するかと思って、クリア後もずっと悩んでます・・・



変な話も含めて思い出を振り返ってみるとやっぱりダンガンロンパって面白い。
個性豊かなキャラクターが揃ってるし、それぞれに性格や思惑など色々と想像できるからなんでしょうね。
おまけにボイスまで付いてるからまさにアニメキャラって感じで愛着がわきやすい。

ということでもし3ができるなら舞園さん+澪田の出演を切実にお願いしたいです。
澪田は澪田で普通にかわいいんですよ、あの子は見てて飽きないというか普段は一人歩きしたボケを
かましつつもツッコミも持ち合わせたハイブリッド型でトークのセンスが違います。
ついでに表情もコロコロ変わるだけあって立ち絵も多めなのもすごく良いです。
感性豊かな澪田も、みんなのアイドル舞園さんも、それぞれ一味違った魅力があるんです。
みんなちがってみんないい 浮気?そそそんなんちゃうわ

スポンサーサイト

category: スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園

tag: PSP_A.スーパーダンガンロンパ2さよなら絶望学園 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameplaceplus.blog12.fc2.com/tb.php/368-354d4152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop