げむぷれ! ホーム » スポンサー広告 » アサシンクリード »アサシンクリード

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アサシンクリード  

「あなたの話を聞かせて真の勇気とは何かを教えますよ」

先祖のアサシンとなって街でアサシンの仕事をこなしていくアクションゲーム
12世紀の中近東の街に潜入し、隠密行動で情報を収集し9人のターゲットを暗殺するのが目的

【ジャンル】:アクション
【プレイタイム】:15時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:普通
【総合評価/おススメ度】:C

【映像】:A
【音楽】:C
【シナリオ】:E
【熱中度】:B
【オリジナリティ】:A

【コメント】:ゲーム自体は面白いぞ、ゲーム自体は。

驚くべきストーリー

このゲームをプレイする前は「アサシンが主人公なんだろうな」と当たり前に思ってましたが、
実は主人公は能力を何も持っていない普通の青年デズモンド・マイルス(通称マイルス君)でした。
しかも研究員に初めてアサシンの末裔であることを聞かされて驚いてる有り様で、こっちが驚きです。

2012年、いかにもビル内の開発室みたいな場所にて。
どうやらマイルスは謎の組織に拉致されたらしく、研究者らしき人物が二人。
話を聞くと、「アニムス」というベッドのような装置にマイルスを寝かせて遺伝子情報を読み取り
先祖の記憶を呼び起こし、その記憶がほしいという。
厳重な研究室からは脱出できそうにないので渋々研究者に従うマイルス君。
こうして先祖のアサシン・アルタイルとして本物のアサシンを追体験する・・・

でも現代のマイルスを軸とするストーリーは序盤くらいなので、残りのほとんどは
アルタイルとして行動します(アルタイル:マイルス=20:1くらい)
だからプレイ中は大抵エルサレムとかダマスカスなど聞いたことのある地を転々と移り、
砂漠の街や石畳の西洋の街をグルグル探検することになります。
ちゃんと「アサシンクリード」らしくてよかった、タイトルが「マイルス君の冒険」だったら絶対買いませんよ。

一方でアニムスを使ったSFチックな設定もうまく活用されてます。
アルタイルの体力はマイルスとの精神の同調として表示される設定、記憶が侵入されることに慣れてない
精神状態では先のアルタイルの記憶を辿れない(先へ進むことができない)設定、
「記憶を巻き戻す」というやり方でアルタイルが死んだことを無かったことにする
(セーブポイントからやり直す)設定など、タイムパラドックスが発生しないような仕掛けが
アニムスにうまく絡んでいます。
これはよく練られた設定だなと純粋に思いました。

アサシン教団の長に重要人物を暗殺するように命じられ、平和のためと信じて暗殺を行うアルタイルも
その暗殺される人物の死に際のメッセージによって黒幕の存在が気になり始める。
同時にマイルスも研究員の目的が気になり始めて、違う時代を生きる者同士の運命が交差し合う
ストーリー展開もドキドキしてしまいます。
PS3版は日本語音声のみ字幕無しで、口語ではあっても外人の名前だとか政治の話だとかが小難しいため
ストーリーを追うのがちょっぴり大変だったなとか今さら思ってます。
まあWebで過去ログとかを探せばおさらいはできるんでしょうけど。


ここまでは面白い、問題はラストのオチなんです。
アルタイル側はなんとか収束したものの、肝心のマイルス側がまったく意味不明な終わり方をしました。
オチだけネタバレ↓
鷹の目能力を手に入れたマイルスは驚く。
仲間のアサシンが書き残したと思われる文字、アサシンにしか見えない文字が研究室の至るところに
書き記されていることに。
そして「これは一体・・・!?」と一言つぶやいてそのままスタッフロール。

ひょっとしたらフラグ取り忘れたかもと思って色々サイトを検索したけどこれ以上の展開はなく
「アサシンクリード」の物語はこれで終わりらしい。
続編も主人公が変わったらしくあまり続きは語られてないらしいし。
さらには考察サイトも検索したけどアステカ・マヤ文明とか本編で明かされて無い情報まで使う始末。
もはやオカルト状態、考察サイトにぞっとするよ。
普通にプレイしてても分からない真実ってのは、やっぱり面白くないよなぁ。

【Xbox360】アサシンクリード(Assassin's Creed)@ ウィキ - エンディングネタバレ
http://www30.atwiki.jp/asakuri/pages/35.html

ちなみにマイルスがパーカーを着ているのは、アサシンの末裔ってことを暗示しているんじゃなかろうか
というのが私の考察、このくらいしか思いつかない・・・(涙)

アサシンのお仕事

最初にチュートリアルとかあって操作は多分慣れると思う。
続編から今作に戻ってプレイすると操作性にイライラするという話は聞きましたが、
今作から始めた場合、たまにダッシュで壁にひっかかる程で
言われるほどイライラすることはなかったです。

まずは鷹の目で塔の上からマッピング。
グラフィックも他のゲームと比べて綺麗なことから、塔からの眺めはまさに絶景、
そこからのイーグルダイブ(近くの牧草に飛び降りてノーダメージ)はとても爽快です。
マッピングした後は、指定された場所で盗聴・スリ・仲間からの仕事依頼・そして暗殺など
アサシンらしい仕事ができます。
しばらくすると、仕事をそつなくこなすだけのおつかいゲームであると気付くのですが。

ただ私はおつかいゲームと思う以前に、街を自由に走り回り壁をよじ登って屋根をピョンピョンと跳ぶという
フリーランニング(パルクールとも言う)ができること自体が面白いんじゃないのかなと思います。
同じ走りまわるゲームだと翌年に発売されたミラーズエッジに似た爽快感があります。
かなーり広いオープンワールドを再現するだけでも開発に苦労するというのに
グラフィックは綺麗でロードもほとんど発生しないと来た。
PS3ってやっぱりこういった映像美・自由さ・快適さをフルに活用した作品が
面白くなるんだろうなぁとつくづく思いますね。

あと暗殺、戦いにおいて。
後ろからサクッといけば楽勝ですが、空振りして一撃で殺せないとき、または複数の対象がいる場合は
戦闘状態になります。
このときは牧草や屋根部屋、聖職者や市民にまぎれてやり過ごすことが可能で
家の中に隠れることまではできないですが、こういったアクションはアサシンっぽくて楽しいです。
逆にこちらから長剣で敵をバッタバッタ倒していく某○○無双のような無茶な戦いもできます。
全然隠密行動してないアサシンも「カッコいい!」の一言で片付きます(?)
先に進むにつれて敵がガードするようになりカウンター攻撃でしかダメージを与えられなくなり
戦闘は多くても結果的に単純になりがち。
操作が複雑でないだけマシだろうか?

物語終盤のストーリー展開で騎士団の長に「一騎打ちしろ」と申し込まれて戦うんですが
一騎打ちって言った矢先に部下10数名ほどに囲まれて戦闘開始になるのはちょっと笑った。
ほとんどカウンターでしか攻撃を与えられず、部下との戦闘はこのゲーム一番の難所になってます。
無事に部下を倒したあとはやっと団長と1vs1になって、もうラストバトルだろうし
何よりまたゲームオーバーになるのはすごく嫌だったから、ありったけの投げナイフを団長に投げてから
一突きしたらあっさり死んだことも笑えました。
騎士団長からは突然の集団リンチ、対してアルタイルも一方的な投擲攻撃、
こんなひどい一騎打ちは見たこと無い。


オープンワールドということでやりこみ要素が豊富。
各地に旗(隠しアイテム)が落ちてたり、ちょっと強い騎士がいきなり現れたり
それらを攻略することでDNAが全部埋まる(達成度100%)ようになってます。
その中で悪い衛兵に脅される市民の救出もやりこみとして存在し、4~数人からなる衛兵たちを
全て倒すと市民を解放することができます。
その際のお礼の言葉で
おかげで助かった
息子にもあなたの半分の勇気でもあれば良いのだが
あなたの話を聞かせて真の勇気とは何かを教えますよ
(なぜか数秒間硬直)
というのがあります。
最初に聞いたときは「息子も安泰だな」と親のような心で見届けたはずが、
他の市民を助けてもまたこのセリフ、もう一回助けてもまたこのセリフ。
もちろん他のセリフも存在しますが、このセリフは10回以上聞いて覚えてしまいました。
息子ダメ人間すぎてワロタ。

まとめ

オープンワールドをフリーランニングできる、アサシンらしい陰の仕事をたらふく楽しめる、
ゲーム部分は非常に楽しいです。
ストーリーもアサシンでない青年が主人公、中世も良いけど近未来もついでに楽しめるよ!という
斬新なコンセプトはまったく予期してなかったため特に驚かされました。
すごい面白い気がしたのに、肝心のオチがクソすぎてすげーガッカリしました。
映画とかでも腑に落ちないオチはたまに見かけるので海外ではOKとされているのだろうか?
私的にはスッキリ終わらせてほしいため、もうこのオチだけは許せない。

息子にもこのオチを聞かせて真のクソゲーとは何かを教えたいですね。

スポンサーサイト

category: アサシンクリード

tag: PS3_C.アサシンクリード 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameplaceplus.blog12.fc2.com/tb.php/339-e7c803b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。