げむぷれ! ホーム » ファイナルファンタジーX »ファイナルファンタジーX

ファイナルファンタジーX  

「ティーダだけ名前を呼ばれねーやww」

ファイナルファンタジーもついに二桁に突入し、PS2に移行した。
グラフィックが圧倒的にキレイで、イベントシーンではボイスも追加された。

【ジャンル】:RPG
【プレイタイム】:42時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:ラスボスクソ強い
【総合評価/おススメ度】:S

【映像】:S
【音楽】:S
【シナリオ】:S
【熱中度】:A
【オリジナリティ】:A

【コメント】:映像、音楽、シナリオ、完璧すぎる

FFに対する意気込み

FFⅧFFⅨと毎回この秋になるとプレイしているのでビッグな恒例行事だと自分の中で思ってます。
だから気合の入れ様が半端無い。
攻略本アルティマニアも「シナリオ」「バトル」「オメガ」と三冊キッチリ揃えてから望みます。
FFは1~9までクリア済みで過去ネタが出ても万全。
そしてプレイ中は正座。(これは10分で断念・・・)
PS2の大作と名高いこのFFXを一秒とも無駄にしたくない。
これが俗に言う信者ですね。
私が信者であることを片隅に置いといてくださいww

ネタバレは下方なのでとりあえず始めは一般視点でレビューします。

シナリオ 「これは、お前の物語だ!」

一度クリアするとあらすじは書きにくいことに気付きました。
真相や裏づけを知りすぎ、それほど強く執着した思いが私のなかに募ってて、普通に物語を語ってしまいそうな勢いです。
だから極限のあらすじ。

夜の街ザナルカンドで暮らす主人公ティーダはブリッツボール(水球競技)の選手。
ある日の試合中、街ほどの巨大サイズの怪物が現れ、怪物は街を、そしてティーダを飲み込んだ。
・・・気付くとそこは自分の住んでいた世界とは違う、異世界「スピラ」だった。
何も分からずも何とか集めた情報では、1000年前にザナルカンドは民族戦争で崩壊し、
その日を境にさきほどの怪物「シン」が突然現れ、今もなお破壊を繰り返し世界を脅かしているらしい。
ザナルカンドは崩壊したらしいが、過去からやってきたティーダは過去のザナルカンドに帰る手がかりを見つけるため、
「シン」を究極召喚で倒すために旅をする召喚士ユウナ一行に同行することになる・・・


これでもめちゃくちゃ簡潔にしたつもり。
タイムトラベル?して主人公が完全無知になってしまったからこそ、プレイヤーの立場と同じになったので
感情移入はしやすくて物語に没頭してしまいます。
さらにこの後に色々登場するわけですが、すごいのは完成された独特の世界観です。
エボンという宗教が世界に普及し、現実でいう仏教みたいに普通に流通した思想になっていること。
ヒトとは種族の違う、宗教を信じないアルベド族は独自の言語を使用し、プレイヤーにも通じないこと。
(しかしアイテムを手に入れるごとに解読できるようになる)
種族は他にも多数存在すること、時には戦争も起こしていること。
そして「シン」という絶対恐怖の存在。
プレイヤーも知らない異世界スピラ、だけど世界が確かにそこに存在している感じがします。
物語を進めるだけでなく、その世界そのものを知ることもFFXの一つの楽しみです。

一方でストーリーの進行は一本道まっしぐら。
今作は南の島から北の大地まで大陸横断するので、まるで水戸黄門のように巡る地で悪行成敗して回るようです。
だから本当の意味で一本道になってしまいワールドマップの概念がなくなったことに衝撃しました。
飛空艇も存在しますが、以前みたいに離れた各地をビュンビュン飛ばすこともなくなりました。
そのために「世界をグルグルまわる」感じはなく「旅をしている」感じがとても大きく、
単なる箱庭ではないほど世界が広くリアルに感じます。
そして何といっても美しい映像が「旅をしている」感じに拍車をかけます。
ここでの美しい映像とはグラフィックはもちろん、デザインも凝っていることも含めてます。
暗い夜の森では宙に舞う蛍(幻光虫)のライトが動植物や湖を照らし出してまあ綺麗なこと。
神殿の宗教的な飾りがあるものの、どこか神聖なものを感じること。
島の砂浜に打ち寄せる波、そして海と青空が永遠に続きそうな地平線。
もう旅の一つ一つの映像が美しすぎる。

これだけ言うのに一回クリアしても分からないことはたくさんあります。
ストーリーが一本道ではありますが、考察することでお腹いっぱいにさせないのがFF。
それは全部下方に書きますが、ネタバレ含みます。
全然ファイナルじゃないし。

イベントシーンの効果

イベントシーンでは初のボイス付き、画面下には字幕も。
身振り手振り、顔の表情の上にボイスが入ると、今まで妄想でカバーしてたFFとは大きく異なります。
ちょっと声が聞きづらかったりして違和感がありましたが(ティーダの喋り方が砕けすぎて最初は笑えた、けどすぐ慣れた)
喋ってる方が感情も結構表れやすかったりして、喜怒哀楽が文体だけよりも伝わってきます。
そしてそのボイスによってキャラの個性が表現され、かなりイメージに定着します。
この効果ははっきり言って成功だと思います。
FFXに影響を受けた製作者(ゲームには限らず)も多いとか、うむ納得。
でもあえて批判すると表情がぎこちないかな。
笑いとか照れとかはボイスでは補ってますが、表情が妙に隠し気味ですこし気になりました。
文句をつけてもそこだけ、そうなると今後の作品には凄く期待できます。
スタッフの後談で影が付けれなかったらしいですがそこは気になってない。
そこじゃないんだ、惜しい。

ムービーシーンはもう完璧ヤバイ。
全てにおいて綺麗でPS3が既に発売されてるもなお圧倒されました。
そしてわざわざ音を5.1ch対応させるところにもスタッフの熱意を感じ取りました。

バトル

隠しボスを除いて、だよ?今までのFFで一番難しかった。
能力が異常に高いという敵も過去にはそりゃあいましたが、対策をしないと勝てないボスが多かったのが一番の原因です。
終盤になると一発で即死の技が登場し、どうやって回避しようかと頭を抱え悩みました。
アルティマニアを持ってたので、普通に攻略本を見てプレイするのは好きじゃないんですが、
ちょっとだけと見てて、結果的に何度も頼ってしまいました。
逆に考えるとやりごたえある、と言っていいのか・・・私はどうも納得いきません。
その対策もアイテムが手に入れば簡単に出来ることで、各所にある宝やミニゲームでアイテムが手に入ります。
だからちょっと頑張れば対策バッチリでクリアできないわけではない。
でも対策を強いられるような戦いはせっかくのボス戦、山場で盛り上がりに欠けますね。
おかげでエンディングは倒した達成感であんまり感動まで達しなかったのが残念。

あと今までとは色々なものが異なってきます。
レベルが廃止され、スフィア盤というプレイヤーの意思で能力を多少変化させることができるものになってます。
これは普通に進めれば何の問題もないです、普通にみんな強くなります。
無理やり変化させればみんな魔法が使えるようになりますが、他の能力が微妙・・・なんてことも。
説明だけじゃ分からないけど結果はレベル制と大差は無い。
地味に驚かせたのは、ケアルが全体化できないし、序盤は回復役は一人だけなので
ポーションが大活躍したことです。
私のイメージではポーションはMP節約の道具でしかないのに、今作はポーションしか使ってないです。
特にアルベド回復薬は普通に進めるだけでも99個溜まりますし。
あとターン制が時間でなく順番になったこと。
戦いに選択のスピードを強いられることも無く、ゆっくり考えることが出来ます。

まとめ

シナリオにはとても魅了されるものがあり、設定も細やかでよく出来ています。
あとの考察も面白くなるように、物語では明かされなかった謎も多数あって良かった。
バトルが異質で難易度高めであり、勝つことに必死すぎて最後は感動できなかったのが悔いでしかない。
総合的には、でも、終盤バトル以外は絶対面白かったです。
ゲーム史上でも名作といわれるこの作品を"難しいと覚悟した上で"ぜひ味わってほしいです。
攻略本であるアルティマニアを買うことも強く勧めときます。
ちなみに音楽も神ですが下に記載。


↓いろいろネタバレ雑記は「続きを読む」から






ネタバレな考察とか思い出

何が強かったのかというと、
シーモア(全部)、聖地のガーディアン、ユウナレスカ、シン、ブラスカの究極召喚
こいつらは本編では避けて通れないボスキャラで正直やめたいくらい強かった。
大体は混乱石化沈黙暗闇ゾンビ防御ですが、その装備品を集めるにはレアアイテムが・・・
ラスボスであるブラスカの究極召喚に至っては、なぎ払いやオーバーブーストの攻撃でに耐える防御力が無く勝てなかったので
禁じ手のカルテット99で倒しました。
全部9999って強すぎだろ・・・最初から使えばよかったと今さら後悔。

ストーリーとかについて。
簡単にティーダの流れを押さえると、
何も知らないで急にスピラに現れる → 色んなこと体験 → 目的達成で消える
これ結局は目の前のプレイヤーの
何も知らないでゲーム開始 → プレイ中に追体験 → エンディングでやめる
と姿が重なっているわけで、
主人公の目線 = プレイヤー目線 になってることが分かります。
感情や想いとかは多少誤差はあるだろうけど、体験するものが自分と同じものなので
共通性が生まれ感情移入しやすいのかなぁ、と難しいことを考えたり。
そんでもって主人公に自由に名前を入力できるのは、こういう訳なんです。
「イベントシーンでティーダだけ名前呼ばれねーやww」とか笑ってたけどこういう理由ですごく納得した。

で、まあ一周目はこんな感じの自分の話で。
二周目もプレイしたいのですが時間がなかったのでアルティマニアのあらすじで代弁を。
反則技のアルティマニア二周目で、全体を踏まえて物語を読みます。
すると?

・ユウナが景色を眺めるシーンは、自分が死んでしまうので景色と別れを惜しんでいる

・アーロンは何気なく死んでいることを最初のほうで既に暗示している

・シンが襲来する前は人によっては「寒気がする」と言う

・ティーダとユウナの思いのすれ違いがちらほら

・「最後かもしれないだろ・・・だから、全部話しておきたいんだ」の後の話からはティーダの心のつぶやき(ナレーション)がなくなる

ほかにも色々・・・全部本に書いてあることなんですがww
こんな発見もあると言っておきましょう。
やりこみはミニゲームやアイテム回収だけじゃなく、こういうところにもあるんですね。

キャラクターはボイスが増えたことでかなり個性的になった気がします。
キマリの兄弟の「つのなし、つのなし」はちょっと笑えました。
反対にアーロンの渋めの声質は、年長ながら頼れるかっこいいキャラを見事演出したもんだと思います。
渋いのでアーロンが好きになった人も多いのでは?(戦闘も戦士タイプでかなり強い)
個人的に一番好きなのはルールーです。
究極召喚の旅のガードを2回も務めて2回とも失敗に終わっているし、婚約者のチャップは戦いで死んでしまうし
登場時から不遇な運命にある彼女。
だがその沈んだ気持ちをも押し殺して、ユウナのガードとしてリベンジする姿は初回では気付きにくい。
大人のお姉さんキャラでガードの経験が多かったことから知識も豊富で物知り、でも自分を決して棚に上げない大人で
アーロンとは違うかっこよさがあります。
冷徹に黒魔法を駆使し敵に立ち向かう姿は、ファンタジーな世界ならではのかっこよさ。
まあボイスも色気あって、やってること全部かっこいいんだよ!
グアド族の集落グアドサラムでユウナの結婚についての話になったとき、
「ユウナのこと、好きになっちゃダメよ」と言われたときの選択肢は「ルールーのことは?」を選んでしまったらへんで
かなりの重症だと気付きましたww
ユウナww?しらねえよww
ちなみにルールーのドレスの衣装はどう考えても地面を引きずりまわしているように見えるから大丈夫か?と思ってましたが、
アルティマニアの裏設定によると「微弱の電気魔法で浮かしている」らしい。
静電気ッスか・・・

で、この不倫疑惑もあった為か、ユウナの恋模様がよく分かってなかったです、これは謝罪したい。
ここで押さえたいのはアルティマニア。(いいかげん頼りすぎ)
13ページという少ないページ数で「ユウナ視点の物語の回想」が小説で書き綴られています。
これが私が求めてたユウナの恋模様でした、しかもちゃんとした公式の。
読んでみると、ビサイド寺院でティーダがガードでもないのに掟破りで無理に祈り子の間に入った、
その足音で、もう好意を寄せてたっぽい。
召喚士という身分差も関係なしに一人の女の子として見てくれるティーダと話して、そして好きになった。
でも召喚士は死ぬ運命なので、後で辛い思いをするだけだからその気持ちは殺していた。
・・・結果はティーダだけ消えた。

この展開めっちゃ悲しくね?
ゲーム本編ではラスボスに手間取って感動できなかったけど、この本しかも13ページだけでマジ泣き。
ここで「素敵だね」なんか聴いたらたぶん死ぬ。
FF9で泣いて最後かと思ったけど、ここで泣くとは・・・
人生でゲームで泣けたのは二度目です、いい思い出。

そんなこんなでプレイするときはアルティマニアの購入を強く推奨する。これは絶対命令です。

音楽

ゲーム音楽はクラシックもポップもロックも全て楽しめる音楽、異種格闘技みたいだから好きです。
飽きが来ないし、色々種類があって色んな世界に触れることができますし。
音楽のためにFFをプレイしているという別目的もあるので、FFXの音楽はどんな感じに変化したのか凄く楽しみでした。
作曲は我らが植松伸夫だけでなく、仲野順也、浜渦正志も加わってます。
ノビヨだけじゃないのかよ、と口を尖らせてましたが聴いてみると・・・?
こういう結果でよかったです、マジでサントラ盤はオススメ。
ですから、恒例行事、厳選していい曲を挙げました。
最初に一言言えば「素敵だね」のアレンジがやや多い気がしますね。
そのアレンジが結局のところ全部いいんです。



ザナルカンドにて
ピアノ独奏のオープニング。ゲーム開始十秒で即、気に入り、ムービー内容も意味深で際立つ。
物語を進めるごとに意味が分かるようになるシーンでもある。
FFX全体のテーマソングと言っても過言ではない。
エンディング終りにこの曲がループで流れるが自分は12時間流しっぱなしにした。

Other World
ラスボス戦でいきなりカッコいいロック。実はオープニングでも流れてたことに気が付かなかった。
「ヴァッヴァッヴァアアアッ」と吼えているが一応英語の歌詞があることにも驚いた。
今作で一番異色。裏ボス戦でもいいノリ。

夢も希望もありません
←なタイトルなのに力強い一歩を踏み込めそうなイメージ。FF7で流れそうな感じでもある。
・・・冷静になれば三拍子だから耳に入りやすかったのか?

ビサイド島
絶え間なく後ろで十六分音がポロポロ流れる音が印象的。
最初のステージな感じの曲でピッタリ。アクションゲームじゃねーよ。

スピラの情景
これも平和な島を連想するようなギター音のみの曲。
最初によく聴いた記憶があったけどこの時は「素敵だね」のアレンジだとは思ってなかった。
ボディを叩いてリズムをとったり弦移動の音だったり生演奏感も素晴らしい。かなり好き。

ユウナのテーマ
序盤からイベントシーンでよく流れた。ノビヨはマジで女性テーマソングを作るのがうまい。
これも「素敵だね」のアレンジだけど後半のオルゴール音のせいで涙が召喚される。
ビサイド島ともイメージがピッタリのユウナのテーマ、癒し系だから大好き。

萌動
「ほうどう」と読む。草木が芽吹き、物事の起こる兆候があらわれること。
雰囲気がケルト音楽に近い「ザナルカンドにて」のアレンジ。

嵐の前の静けさ
ダンジョンらしい曲。スーファミ時代を思い出すような曲調で、明るいけど不気味。
この曲とマカラーニャの森を一緒に堪能すると、より神秘的。

ブラスdeチョコボ
文字通り管楽器と打楽器のみで演奏されたFFおなじみ「チョコボのテーマ」のアレンジ。
リズムが特殊で、でもノリノリでイケイケで楽しくなれる曲。

雷平原
ピアノでリズミカルに軽く演奏されるのが癖になる。体が左右にチクタクと動きそう。
ゲーム中では雷に撃たれて災難だけど、かわいらしい曲。

襲撃
シンとのバトルで流れる曲。フォルテッシモなピアノの強調とシンバルの華やかさがカッコいい。
雑魚戦でも、ラスボスでもない、中ボスらしい盛り上がる曲。

素敵だね
主題歌。そしてFFXのもう一つのメインテーマ。歌い手はRIKKI
ある程度まで音を伸ばしてプツンと途切れるような、綺麗な歌声がまさに「素敵だね」
ムービーでこれが流れたときは、ああ、あの曲はアレンジだったのかと、胸が締めつけられた。
「いきたーいーよー」の歌詞で大塚愛を思い出した。アイツ許さんぞ・・・

ユウナの決意
終盤らしくないが一休みしたくなる曲。
これ聴いてナギ平原でお昼寝がしたい、もちろん枕はしっかり抱いて。

いつか終わる夢
ザナルカンド寺院までの道はずっとこの曲で、敵との戦闘でもこの曲がかかる演出は素晴らしい。
みんなの想いが一つに重なって、いざ戦場へ!と心の底から勇気が沸いてくる曲。
これまたしつこく「素敵だね」のアレンジだが、やはり良い曲は「素敵だね」に集約される。

シーモアバトル
とてもFFのラスボスらしい曲でしたが、残念ながら肝心のシーモアはラスボスではなかったww
電子音を使ったテクノチックでダンスしたくなるくらいリズミカル。

Ending Theme
今までのシリーズでは15分強のエンディングテーマが多かったです。
それが5分30秒に縮んでやっと一曲のサイズになってくれました。
やはりエンディングだけあって演奏も豪華に。


そして、一言加えたくなる印象に残った曲です。

プレリュード
プレリュードだけどらしくない。ノリはいいけどイメージがずれてる。

ゲームオーバー
何回も死んだので今までで一番聴いた悲しい曲。素敵だねのサビだけ流れる。

海底遺跡
ブクブクブク・・・ 特にメロディを持たず効果音重視が仲野流か。

祈りの歌 他多数
歌詞は英語かと思ったら今度は縦読みとアナグラム。絶対わからんって。

Blitz off
FFらしからぬスポーツの曲。七曜の武器やレアアイテムねらいなら何度も聴くハメに。

ミヘン街道
タイトル通りミヘン街道でしか流れないが、おとぼけメロディは結構印象的。

旅行公司
アイテム屋のリンの姿が浮かぶ安堵の曲。リンはアーロンが死んでいることを見抜いていた。

リュックのテーマ
曲自体はのほほんしてて良いんだけど、使われてたっけコレ・・・。

マカラーニャの森
あ、こっちがマカラーニャの森か・・・www

危機
危機感ありまくり。地球防衛軍思い出すような迫り来る曲。

ルールーのテーマ
女性テーマながら、明らかに不安の影が迫るような悲しい曲。
ルールーらしいが・・・せめてタイトルは変えてほしかった。「ルールーのたくらみ」とかww

彷徨の炎
真実を告げられるような時に流れる。炎のくせに冬の寒いイメージが強い。

挑戦
怒涛の攻撃が待ってたシーモア、ユウナレスカ戦。ゲーム内で何度リピートしたことか・・・

決戦
本当のラストバトルなんですが、シーモアバトルの方がやっぱラスト向きだろうかと勝手に思う。
クラシックオーケストラで豪華ではあるし、強弱ハッキリしてるし。

スポンサーサイト

category: ファイナルファンタジーX

tag: PS2_S.ファイナルファンタジーX 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameplaceplus.blog12.fc2.com/tb.php/328-4b821b72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop