げむぷれ! ホーム » RIVEN -THE SEQUEL TO MYST- »RIVEN -THE SEQUEL TO MYST-

RIVEN -THE SEQUEL TO MYST-  

「扉には本当に注意です」

Cyanよりクリックにより物語を進めるアドベンチャーゲーム。
シリーズ「MYST」の第二作、元はPC用ソフトで今回はPSに移植されたものを紹介。
美麗な3Dグラフィックに圧巻。

【ジャンル】:アドベンチャー
【プレイタイム】:10時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:かなり難しい
【総合評価/おススメ度】:C

【映像】:S
【音楽】:A
【シナリオ】:C
【熱中度】:C
【オリジナリティ】:B

【コメント】:高難易度謎解きに挑戦

プレイのきっかけ

前作「MYST」のリベンジとして購入。
MYSTはこのゲームと同じくクリック式のアドベンチャーで所々に謎解きがあるのですが、途中で謎が解けず行き詰りました。
しかし、このままクリアできないのは耐えられないので攻略サイトを見て、無事クリアできてしまいました。
オチは分かったのですが、どうも自力でクリアできなかったモヤモヤが残ってしまいました。
悔しかったです。
で、これでリベンジを果たしたいと思います。

開けてみて

なんとPSで恐らく初の5枚ディスク構成。
どれだけグラフィックが綺麗なのかはお楽しみで、5枚のボリュームはすごそう。
ひょっとすれば60時間でもクリアできないかもしれません。
実際5~10時間あれば十分クリアできたことは、この時は全く知りませんでしたw

あと解説書とは別に「ゲーンの手紙」というヒントの書類が同封してました。
ヒントを必要としない限り開けないことにしましょう。
・・・いや、少し見たい。
今開けたところで、内容は分からないと思うのでここはスルーです。

RIVENのココが良い!

あまり言い過ぎればネタバレなので、そのような表現は控えます。
とりあえず、グラフィックがヤバイ、PSのくせに綺麗すぎる。
PS独特のケバさが残るもののPS2並みの美しさを持っています。
場面の多くは島が舞台となるので、海の波がゆったりと動くときは本物かと思ってしまいます。
方向転換すれば別の景色も姿を現します。
何度見ても綺麗だと思います。
普通、謎解きをするにおいて必ずぶつかる壁なのが、何度も同じ道を往復してしまうこと。
故に同じ風景に飽きてしまうことがあるかもしれません。
2、3回ならまだしも、20、30回ほど往復する場面もあります。
しかし、このゲームの風景は飽きません。
高台から見下ろす景色は何度見ても飽きません。
これはすばらしいことだと思います。
本当に綺麗。

そして舞台は謎の原住民達(?)が暮らし、彼らは文化を持ちます。
文字を持ち、絵を描いたり、家や遺跡を建設したり。
プレイ中その姿はほとんど現しませんが、たしかに生活の様子はこれらから見えてきます。
ひょっとしたら人々は絶滅して数を数えるほどしか残っていないかもしれません。
こういう考察ができるのも、このゲームの一つの楽しみ。
ほかにも怪しい木製の玉が岩に埋められてたり、はたまた潜水艦など文明がとても発達したかのような様々なものがあります。
時にはそれは謎を解くのに重要なヒントとなることがあります。
そのヒントを見落とさないように、このゲームの鉄則は何かあれば即刻メモ!です。
これに尽きます。

丸いドーム状の黄色い建物があり、さらにそれは回転しています。
イスラエルのエルサレムにイスラム教の聖地「岩のドーム」がありますが、かなりこれと似ています。
回転はしてませんが、実際にある建物です。
製作者は「これは宗教が絡んでいるんだぞ」というコメントを添えてこの建物を作ったのかもしれません。
そうでなくとも、こうやって一体何なのかと空想するのも楽しいかもしれません。
これはグラフィックが綺麗だからこそ言えることかもしれません。

RIVENの世界は本当に不思議でいっぱい、グラフィックも綺麗なので新しい世界に行ったかのような感覚で飽きません。
音楽はあまり押してないように感じます。
あえて世界に入ってもらうために自然に音楽が流れます。
遺跡では不気味な音楽が流れるくらいで、ほとんどが風や波の自然な音しか流れません。
ある種の無音です。
しかし、効果音ははっきり流しています。
岩の扉が開くときは低い地鳴りのようなゴゴゴゴ・・・。
レバーをひねる時は金属を擦るキュッ。
効果音にはすごくこだわりを感じるから、RIVENの世界に没入できます。

ムービーも実写に近いグラフィック、本物の実写もあり綺麗です。
モノレールで島を移動する時はジェットコースターみたいにビュンビュン加速し、マジで本物のようです。
ムービーはほかにもかなりあるので(ムシが飛んでゆくだけのものまで)見てて楽しいです。
実写の人間も動きます、しゃべります。
人間が出てくる時は大抵重要なので要チェック。
スタートでの原住民のビビリ方はわざとらしくて演技を疑うのですが。

RIVENのここが残念!

謎が簡単なものはありますが、とにかく難しい。
基本ノーヒントで試してみろ見たいな挑戦的なものばかりです。
ゲームオーバーはまず無いですが、失敗した時の往復の手間が面倒です。
スイッチが入れば装置は動くなど理屈が通っているのは良いです。
でもスイッチが多かったりと難しすぎませんか。

さらに謎解きでないものまで難しい。
例えばスイッチが影に隠れて見えないとか。
私も不注意ですが、謎解き以前で詰まるのは腹立たしいです。

ディスクは島ごとに分かれていたんです。
だから島を離れればディスクを交換しなければならないのです。
何回も換えました。
この行為がいちいち面倒なので、ディスク一枚にまとめてほしいですね。



詰まったあああぁぁ

やはり詰まりました。
Disc3まで行って分からなくなりました。
探索範囲が広すぎてもう訳わかんないです。
切り札である同封の「ゲーンの手紙」はろくな事が書いて無かったです。
負けました。

そして攻略サイトを見ました。
RIVEN非公式完全攻略ガイド http://drc3.news-site.net/Site30/
お世話になりました。ありがとうございます。
どうやら扉はちゃんと閉めたほうがいいようですね。
そして鍵のしまった扉に偏見を持ったらいけないようですね。
扉には本当に注意です。

そのあともサイトとゲームを交互に見てたのですが、
どうせ扉を抜けれても絶対詰まるだろう難しすぎる謎にぶつかったのです。
動物の絵に囲まれたところです。
これを自力で解いた人は天才です。
やっぱり私は自力では解けなかったのです。
完敗。

まとめ

グラフィックと音は素晴らしいです。
ビジュアル面ではPS史上最高です。
自然音のみの静かなゲームなんて滅多にないので、個人的には気に入りました。
ですが謎解きは難しすぎました。
アドベンチャーに自信のある人は挑戦するといいです。
生半可だと恐らく途中で投げ出します。
難易度は高いです。

今回で0勝2敗になりました。
しかし次に待つのは「MYSTIII EXILE」です。
次にリベンジです。

・・・また懲りずにやるんかいっ

スポンサーサイト

category: RIVEN -THE SEQUEL TO MYST-

tag: PS_C.RIVEN-TheSequelToMyst- 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameplaceplus.blog12.fc2.com/tb.php/295-19a51c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop