げむぷれ! ホーム » ランナバウト2 »ランナバウト2

ランナバウト2  

「ピョンゲー、進化して再来!」

裏世界の「運び屋」として、車、バイク、スポーツカー、消防車、バリエーションある乗り物で任務を遂行するカーアクションゲーム。
前作に比べて車種が22→31種類に増加、隠しアイテムも追加され、何といってもミッション数が増えてボリューム満載。

【ジャンル】:アクション
【プレイタイム】:15時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:ほどよい
【総合評価/おススメ度】:A

【映像】:C
【音楽】:B
【シナリオ】:C
【熱中度】:S
【オリジナリティ】:A

【コメント】:やりこみまで楽しめた数少ないゲーム

感想

前作「ランナバウト」は難易度も高めでやり応えがありましたが、とにかくボリュームが少なかった事が不満でした。
プレイして一日どころか一時間あればクリアできてしまい、ゲームとしては面白かったのに物足りなさを感じてしまい
納得はできない作品でした。

でもランナバウト2は違う、ボリュームという課題を見事乗り越えている。
ミッション数は3→13の4倍以上、その一つのミッションごとに隠しアイテムが4~5個設置され、無損害クリアなどで
ボーナスとして隠し車を入手できるので、同じステージで何度も楽しむことができる。
しかも隠しアイテムは手に入れようとしてもミッションをクリアすることが前提で、たいていの場合はミッションクリアの時間が
足りなくなってしまうので、どれも苦戦を強いられることになる。
今では攻略サイトを検索すれば場所は分かるものの、全部を一気に取るような強情なことはとてもできない。
アイテムひとつ取るのに何回もチャレンジしなければならないのである。
いわゆるやりこみ要素だけど、やりこみが嫌いな私でも、この手が届きそうで届かない絶妙な難易度設定と、
そのクリアした時の達成感が味わいたくて何度も挑戦できました。

個人的には「ミッション#8の屋台全て破壊」と「#13の4分以内にクリア」が特に難しかった。

隠しアイテムだけでなく、ミッション自体も初プレイではなかなかクリアできない難易度で、これも熱くなれる。
やりこみ無しでミッションだけで楽しめるのもGOOD。
今回からミッションに分岐点があり自分の走り次第でストーリーに変化し、より物語に興味が出てくる。
内容も運び屋らしいブラックな依頼ばかりでダークな雰囲気あるけど、終盤でいきなりキャラがアニメ絵で登場するのは
意外というか驚いた、その場面でアニメ絵はいらないと思う。

前作同様、街に設置された置物や車を破壊するだけでも結構爽快。
現実ではしてはいけないブラックな行動もゲームなら大丈夫、非現実を楽しむのもこのゲームのウリ。
グラセフみたいに残虐ではないし、街の人はピョンピョン跳ねてどうにか避けてくれるし、グロテスクなことは一切無いので
悪い気分にならず、ひたすら欲望のままに走れる。
しかしピョンピョン跳ねる動作は前作から変更なかったんですね、さすがピョンゲーww

隠しアイテム(ほとんど意味の無いアイテムだった)や隠し車(結局一番使ったのは初期からある1500)も十分な内容で
手に入るごとに性能などをチェックして楽しめて、ボリュームに関しては満足だった。
なにより難易度が素晴らしく絶妙で、やり込みをも楽しめる作品であったのは珍しい。
今回は定価1500円普及版というベスト版を買ったのだが、こんなに安くて面白いゲームなら新品でも大満足ではなかろうか?
自分はもちろん中古で買ったけど、もっと早く出会うべきだったと思えた。
車を題材にしたゲームでは間違いなく面白い部類に入る作品だったので、ぜひプレイしてほしい。

でもパンダの乗り物出すために150回もクリアか・・・何度も「やり直し」はしたのにハァ・・・

スポンサーサイト

category: ランナバウト2

tag: PS_A.ランナバウト2 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameplaceplus.blog12.fc2.com/tb.php/294-e58ad559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop