げむぷれ! ホーム » せがれいじり »せがれいじり

せがれいじり  

「せがれなんかいじってないで早く寝なさい」

黄色い矢印の少年せがれがむすめさんとラブラブになるため世間を探索するアドベンチャーゲーム
単語を組み合わせてできた作文によりくだらないムービーやCG絵を見ることでせがれを育てていく

【ジャンル】:アドベンチャー
【プレイタイム】:9時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:簡単
【総合評価/おススメ度】:A

【映像】:A
【音楽】:B
【シナリオ】:B
【熱中度】:B
【オリジナリティ】:A

【コメント】:本編5時間、ママノボりん4時間

感想

すでに2度ほどクリアしたことあったのですが、懐かしさのあまり今更引っ張りだしてクリアしました。
手軽に遊んで、要領よければ短時間でクリアできるのは良いですね。

道中にあるモノとおかかわりする(調べる)と単語から作文を作れるのですが、
例えば「しょうかい」におかかわりすると使える単語には
「せがれ」 「について」
「くだん」 「、」 「ともだち」
「うんこ」 「だんめんず」
三択×一択×三択となります。
まず絶対に反射で「うんこ、だんめんず」を選んでしまいますよねww
その作文だとCG絵で4階建てのとぐろウンコについて説明してくれます。
「うんこになぜヒトが住んでるんだ」とか「階層ごとに住み分けてんじゃねえ」とかツッコミどころ満載な
シュールギャグはこのゲームでは当たり前でもはやツッコミ不要、それが病み付きになります。
他にも「うんこ」では虎に襲われる運命を描いた「いっぽんうんこうんめい」とかも好きです。
ただ下品なウンコネタが妙に多いのはこのゲームの欠点かもしれませんが。
あと「はげあたま」におかかわりしてできる作文で、
「いくもうざいをさみしくみがく」と「いくもうざいをさみしくたたく」の二部作は文章通りそのまんまだけど
ハゲ坊主とジムノペティが哀愁がマッチングして非常にシュールで好き。
こんな感じに笑えるとはいえ、事実内容は非常にくだらないものばかり。

ちょっと残念、仕方ないことですが、ギャグというジャンル上で回避できないのが
スベったりマンネリで面白くなくなること。
「ふすまのすきま」では「びじょのやじゅう」も「こわいとまんじゅう」もそのまますぎて予想できるてしまう、
「ひっさつわざ」では「ウルトラファイヤーパンチ」も「ウルトラファイヤーキック」も似たような内容、
「おはよう」に至っては同じ映像の使い回しも見られたのでこれは残念。

ただ誰でも笑えるネタって作るの難しいんだろうなと思う。
笑えるかはどうかはプレイヤーの感性に全て委ねられているわけで、
小学生が見たら面白くて大人が見ると面白くないネタもあります、逆もまた然り。
同じプレイヤーでも年月が経過する、歳を重ねると笑いの感性も変わってしまうんですよね。
昔は「おんなのこ」で「むけみ」とか変顔してるたろうくんやはなこさんを見るだけで面白かったはずなのに、
今見てみるとクスリとも笑えない。
私も何も知らずに純粋な気持ちで「せがれいじり面白いなー」と言って遊ぶ子供から、
「せがれなんかいじってないで早く寝なさい」と言える大人にいつの間にか成長してたわけで、
子供の時と大人の時でネタの受け止め方が変わっていることを実感しています。
両者の笑いの違いは何か、人はどこを面白いと感じるのか・・・
笑いの哲学になってしまいそうで深くはツッコまないですが哲学の宇宙を内包しているかもしれないゲーム、
それがせがれいじり。

ツボに来るかはプレイヤー次第ですが、シュールをまっすぐに貫き通している、
それをゲームで体現してきたところはとても評価できると思います。
個人的にはこのシュールを面白いと感じているので、とても楽しい時間を過ごせたゲームでした。
そんなせがれいじりが大好きです。(と書くと大人が冷ややかな目で見てくるわけだが)



↓悪戦苦闘のママノボりんは「続きを読む」から




おまけの話

攻略サイトを検索すれば分かるだろうけど「アナタのヒミツ」でせがれマスターになってから
「ママノボりん」というミニゲームでキョリ3100を越して"セ"のつくボタンを押すと精霊が現れるとか・・・
実は本編クリアは何度もしたのにこの精霊だけは一度も見たことがなかった(存在も知らなかった)ので
今回挑戦しました。

とりあえず本編と違ってめちゃくちゃ難しいです。
コツとしては斜めの星は必ず右側から登場するので対処しやすい左端で対処すること。
追尾の星は右側もしくは左側から来るけど、どちらにせよ端から登場するので左端か右端にいること。
つまり左端安定。
そしてむやみなダッシュは厳禁、星の登場が予測し辛くなるから。
ただし"むやみ"が厳禁なだけでダッシュは星を回避できる有効手段なので使えるときは使う。
あと2100~2500は運も必要なため根気も必要とか。

4時間にも渡る死闘の末、ついに3100に到達してからセレクトボタンを押すと
緑色のひげの精霊が左から右へとスクロール・・・それだけ。
本当にクソみたいなおまけでガッカリした反面、15年越しに謎を解明できた事にはそれとなく満足したので
良しとする。



あと監督・監修した秋元きつね氏が「せがれいじりをプレイした人へのあとがき」なるものを自身のサイトに
掲載してましたが、サイトリニューアルにより今は見られませんワロエナイ・・・
おととし(2012年)は絶対あったのに残念です。
代わりにサイトリニューアル前のプロフィール記事が発掘されたんでURL置いておきます。
http://kitune.giraphant.com/_history1.html

仕事の経歴とか面白くて、画像は死んでるけどYouTubeは生きてたり。(新サイトにも載せればいいのに)
「ウルトラマンティガ」のタイトルロゴとか「ジャンピングフラッシュ2」のムービーとか
せがれいじりをプレイした後だと確かにこの人が作ったムービーと分かるのが面白い。
やっぱり秋元きつね氏の作品には独自の雰囲気を持っていて、それがせがれの魅力なのかも。
新サイトにもある「ムダベラベラ」はせがれの世界観を継承しているので必見です。

スポンサーサイト

category: せがれいじり

tag: PS_A.せがれいじり 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameplaceplus.blog12.fc2.com/tb.php/221-945c13be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop