げむぷれ! ホーム » スポンサー広告 » THE スナイパー »THE スナイパー

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

THE スナイパー  

「君は闇の向こうに何が見えるか!」

シンプル1500シリーズVOL.56、ビルの上から一撃必殺を狙うシューティング。
バカゲー要素が多数あることで有名。

【ジャンル】:シューティング
【プレイタイム】:2時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:見つけるのが難
【総合評価/おススメ度】:C

【映像】:D
【音楽】:C
【シナリオ】:E
【熱中度】:C
【オリジナリティ】:A

【コメント】:所々に笑えるポイントあり

感想

ライフルのスコープ越しに目標を狙撃する、まあ普通のシューティングですが色々とおかしな点が。

まず市外ビル屋上から眺めても道路に人が数人いるだけ、車もまったく通らないほど寂しい街、まさにゴーストタウン。
それならターゲットを見つけやすくて良かったじゃん、と思うこと無かれ。
このゲームでは数ドットしか見えないターゲットをビルの上から探すことから始まる。
これを見つけるのが結構難しく、ゴーストタウンであるにも関わらず動いている物体が見分けづらく、
見つけたとしてもスコープで倍率を大きくしなければターゲットかどうか確認できない。
時にはまだターゲットが現れていないこともあるのがまたやらしい。
見つけたあとでもショットがかなり特殊。
距離は100mほどしか離れて無くてもターゲットへの着弾に1秒ほどかかり、その計算だと弾速が100m/sと遅すぎる。
ひょっとしたら自分のビルとターゲットの距離がかなり離れてるかもしれないが・・・どう考えてもおかしい。
とにかく、その謎のタイムラグを考慮しながら動いているターゲットを狙わなければならない。
設定は微妙にズレてるが、誤差を計算するとはスナイパーらしいといえばスナイパーらしいゲームである。
そして基本はワンショットのみ、最初のステージ辺りはプレイタイムよりムービーを見てる時間の方が長い。
終盤になるとターゲットが一瞬現れるだったり、看板を落としてターゲットを潰したり難しくなってくる。
とくに最終ステージのは看板の落ちるタイミングを完璧に把握しなければ辛かった。
クリア後のプラクティスや3周目もかなり難しかった。

スナイパーってこんなもんかと思ったが、何よりストーリーモードの演出が素晴らしく。
全8話の連続ドラマのような構成になっており、
プロローグイベント→オープニング→ターゲット説明→スナイプ(プレイ)→エピローグイベント→エンディング→次回予告(セーブ)
の流れでストーリーが展開するところは分かりやすくテンポがいい。
何回もやるとOP・EDは結局飛ばすんですけどね。
次回予告では池田秀一ボイスの「君は闇の向こうで何が見える!」で締めくくるのもスタイリッシュ。
不覚にもカッコいいと思ってしまった・・・

シナリオ自体は微妙、物語の最初のスナイパーになった経緯は全て字幕で流され、しかも流れるの早くて読めなかった。
説明書にも同じことが書いてあったから良かったんですが、主人公のハリーは元消防士のスナイパーってどうよ?
一応フルボイスですが、主人公をとりまく女二人が棒読みすぎる。
ミッション始めの「はーい、C.Aよ」というボイスも、せっかく人ひとり殺すって時に気が抜けてしまう。
ハリーも復讐を果たしただけ、しかも変な少女に「婚約者は私の心に居る」とか言われて
とくに何も解決してないエンディングは、微妙といわざるを得ない。

汚点は結構あるけど、どれも笑い飛ばせば気にならないほど。
終始笑いながらプレイできたので、バカゲーとしてはよくできてるわ。

スポンサーサイト

category: THE スナイパー

tag: PS_C.THEスナイパー 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gameplaceplus.blog12.fc2.com/tb.php/206-700ecf3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。