げむぷれ! ホーム »2010年04月
2010年04月の記事一覧

トゥームレイダース  

「うふぅん!」

ビクターより、冒険家レイラが古代遺跡を探検するアクションアドベンチャー。
海外では人気が高く、続編も多く発売されている。

【ジャンル】:アクションアドベンチャー
【プレイタイム】:5時間
【クリア】:未クリア
【難易度】:難しい
【総合評価/おススメ度】:E

【映像】:E
【音楽】:B
【シナリオ】:D
【熱中度】:E
【オリジナリティ】:C

【コメント】:リメイクをやりましょう

感想

もちろん100円ワゴン。
トゥームレイダーはシリーズ化されているので一度はやってみようと購入しました。
ちなみにこのゲームのタイトルは「トゥームレイダース」ですが、パクリとかそんなものではなく
正真正銘の「トゥームレイダーシリーズ」の一作目です。

このゲームの目的は遺跡に眠る秘宝を探し出そうというもので、結構プレイ時間が掛かりそうだと思いますが、
遺跡の内部がステージごとに分けられてて、間でセーブできるようになってます。
ぶっ続けでプレイしなくてもいいわけです。
よし、程よくプレイしようか。

フルポリゴンで描かれた巨大な古代遺跡は現実の世界と同様に自然かつ立体的!
広大な遺跡の中を所狭しと駆け巡る3Dのキャラクターは、走る、跳ぶはもちろん、泳ぐ、登る、崖につかまるなど
多彩なアクションが可能!行く手を阻む巨大な罠、難解の謎の数々、容赦無く襲い掛かる敵、敵、敵!
頭を使い、腕を磨き、遺跡に眠る古代の秘宝をその手でつかみ取れ!!
(引用:トゥームレイダースのパッケージ裏)


とありまして、プレイ後の感想として上から順にツッコミ入れましょうか。
フルポリゴンにしたことにより、画面全体がザラザラした荒い感じがします。
バッサリ言えば汚いです。
すごく昔のゲームなのは承知でも、現代人にはとても受け入れがたいグラフィックです。
遺跡の内部という環境設定もあるせいか、黒い背景で誤魔化しているようなのも気になります。
無理すんなって。
多彩なアクションも可能ですが、ここが最大の問題点。
走る操作、いわゆるアクションゲームの主軸である移動というアクションが思ったように動いてくれずイラつきます。
操作としてはバイオハザードのようにラジコン操作で前進と旋回を使い分けます。
そうなると細かい動きが難しくなるのに、即座に90度ターンができないとなるとかなり辛いです。
あと壁に向かって進めば律儀に壁にぶつかる動作をしてから止まります。
しかも「うふぅん!」とセクシーボイスを漏らしてから止まります。
そんな声、聞きとうなかった!
だから細い路地を通ると必ず不便な状況になります。
あと、アイテムがちゃんと上に乗らないと拾えないし、そもそもこれはアイテムなのかグラフィック的に・・・
罠と敵は、アドベンチャーらしい配置をしてて結構ウザイですが、これはゲームとしては面白いのでOK。
しかも音楽も静かか無音で、敵が急に前に飛び出した時はかなりビビリました。
というか音楽が静かなのはかなり雰囲気出てますし、秘密の部屋に入ったときはテレテレ~ン!と
いかにも発見しました的なSEが探検っぽくて良いです。

マップが広くて地図も用意されてないので最初はとにかく歩いて探索しなければなりません。
で、罠とか敵に襲われてゲームオーバーになるとそのステージの頭に戻されます。
だから、このゲームは死んで覚えるタイプなので、結構マゾなゲームをやってきた私は問題ないですが、
サクサクとクリアしたい人はオススメできません。
ちょっとプリンスオブペルシャに似てるなぁと、わかる人はわかる。

だがしかし、問題ないとか言いつつ、操作性にイラついて黙々とプレイしてたのですが、
3つ目のステージでアイテムの歯車が一つ見つからなかったのでついに挫折しました。
そんなのあり?
多分何回も経験したはずの見つけ損ねをまたしてもやってしまいました最悪。
だからやめました!もう知らん!
攻略サイトを見ても分からないし、しかもあとステージが12個残ってるし・・・
かなりやる気がなくなりました。

操作性が悪いことを除けば、アイディアとか雰囲気は良いのでなかなかの作品です。
でも素直にリメイク版をやったらどうですか?(自問自答)

↓ちなみに
五年後に再プレイした結果
スポンサーサイト

category: トゥームレイダース

tag: PS_E.トゥームレイダース 
tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop