げむぷれ! ホーム »2008年12月
2008年12月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

プロジェクトハッカー 覚醒  

「俺に解けないコードはない!」

任天堂よりIT犯罪を解決していくアドベンチャーゲーム。
意外と高難易度なハッキングアクションゲームもあり。

【ジャンル】:アドベンチャー
【プレイタイム】:10時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:ラストだけ難しい
【総合評価/おススメ度】:B

【映像】:C
【音楽】:C
【シナリオ】:A
【熱中度】:B
【オリジナリティ】:D

【コメント】:意外と面白いから困る

プレイのきっかけ

ブックオフでとても安かった。
元から買おうとは思ってなく、単に安いから買った。
本当にそんだけです。
期待はしてませんよ、こんな安いゲーム。

キャラとストーリー

主人公である雨坪サトルと幼馴染の小久保リナはある事件をきっかけにして世界的なIT犯罪捜査組織「GIS」へスカウトされる。
そこで二人は様々な事件に巻き込まれていく・・・。

とりあえず二人を紹介します。
主人公サトルはなかなかの老け顔で最近独り言が多くなったらしいです。
なんせ「独り言」コマンドがたまに出ますし。
ハッキングが出来るほどプログラミング能力がありますが、その割には英語は結構苦手な様です。
Thank youとかCome onしか解ってないハッカーも珍しいです。
もうちょっと大学で勉強してほしいです。
落ち着いた性格なのに対し、ヒロインのリナは考えるより行動で元気いっぱいな性格の女の子です。
おだてたりして人を誘惑する小悪魔な一面もあります。
初登場時は小顔で違和感がありましたが、それも最初だけでした。(小顔というより肩幅が広い?)
サトルとは違って老けておらず可愛くて非常にホッとしました。

二人はこのゲーム中ほとんどを共に行動しちゃうほど仲良しです。
性格が噛み合わない事もありますが、最後にはどちらも和解します。
なんという王道な二人なんだ。いや~、幼馴染って設定はいいですね。
GISの部長である瀬串ミスヅ、瀬串(せぐし)とセクシーを掛けてるギャグは失笑ものですw
それなりにセクシーで後ろ髪が何かカッコイイキャラです。

ストーリーはIT犯罪捜査組織「GIS」ミスヅが指示する任務をこなしつつ、ハッキング事件の真犯人を追うのが目的です。
プログラムを起動してハッキングをするのが基本の仕事かと思ってましたが、
実はネットサーフィンで人のパソコンのパスワードを暴くのが、主なハッカーの仕事だと分かりました。
それは多分ハッカーではありません。
パソコンに侵入する点では合ってますが・・・
犯人を推理する要素もあり、GISの指令で警察の家宅捜査に加わり、気分は探偵です。
これハッカーが主人公なんですけど。
ハッキングは犯罪なんですけど。

推理

選択肢に応じて移動して、調べ、道具を使います。
他のゲームで言えば「逆転裁判」の探索モードに近い感じです。
机の書類を見たり、絵の裏を調べたり、人との会話で手がかりを見つけ出したりします。
この辺は普通のアドベンチャーゲームですが、このゲームの最大の特徴はネット検索があることです。
まあ本当のインターネットではないですが、60近くの架空のサイトがあり、
その中からキーワードを探したりお店の地図を表示したりします。
事件には関係のないサイトも細かく書かれており、本物のネットみたいで楽しいです。
例えば、企業サイトからペットの紹介ブログまで幅広い種類のサイトがあります。
某掲示板のようなサイトまであります。
ちなみに、説明書には「Wi-Fiは対応しておりません」って書いてあったのは笑えましたw

さっきも書いた通り、人のパスワードを暴くのが主だといってました。
現実ではそんな簡単にパスワードは分からないのですが、このゲームは簡単に分かっちゃいます。

・具体例
社長のパソコンをハッキング
社長の自宅に釣り大会の優勝トロフィーがあり、釣りが趣味だとわかる。

ネットで大会のサイトを見る。吊り上げた魚が鮭だと分かる。

魚のサイトで鮭を調べる。Salmonのスペルが分かる。

社長自宅のパソコンのパスワードにSalmonを入力。進入成功。

もう本当にこんな感じです。1度やれば言ってる事に納得してくれるでしょう。
とにかくパスワードが妙に何かと関連したワードで推理としては楽しいです。
にしても社長、こんな推測しやすいパスワードは誰も許してくれませんよ。
しかもこれはハッキングの仕事なんでしょうか・・・
それにハッキングは犯罪です。

ハッキング

プログラムを起動してウイルスを除外する時はハッキングらしからぬ3Dアクションゲームになります。
四角い媒体をタッチペンで突くというプログラム技術も糞もないガチのアクションです。
ほかにもペンをスライドさせて障害物を避けるゲームもありますが、ほとんどが突くゲームです。
難易度も割と高く、正確に突くだけでは時間が足らず、ガチャレバならぬガチャ突きが必要となります。
初回プレイではルールがいまいちわかり辛いゲームもあり、不親切だったりもします。
ラストのハッキング何度も失敗し苦戦するほど難易度は高かったりします。
もっとハッキングっぽいゲームを用意してほしかったです。

やってみて

メモ機能があり、いつでもメモを開いて書き込めるのは良いと思いました。
今でこそ携帯をメモ代わりに使うことも可能ですが、推理にはメモが欠かせませんからね。
あとネット機能は見てて飽きず、とても斬新なシステムだと思いました。
ジャンルはアドベンチャー兼ミニアクションゲームという感じです。
パスワードが結構多いのでハッカーゲームと思って買うと損するかも。
逆に、パスワードを解くゲームだと思ってください。
B級な感じなゲームでしたが、それぞれのキャラに個性が出ていて面白かったです。
メンバーを代えずに2とか出してほしいですね。
そのときはサトルをカッコ良くしといて下さい。
アドベンチャーしたいなと思ったら買ってみていい作品です。
まあ安いですしねw

おまけ

初めのレストランの白スーツの男はバルデス。
Program#1終わった後某掲示板のサイトには「編集者じゃないです!ハイ」という書き込みが。この口癖は絶対ケイだ。
きまぐれペアレンツ公式HPには隠しサイトがある。
スポンサーサイト

category: プロジェクトハッカー 覚醒

tag: DS_B.プロジェクトハッカー:覚醒 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。