げむぷれ! ホーム »チョロQワンダフォー!
カテゴリー「チョロQワンダフォー!」の記事一覧

チョロQワンダフォー!  

「RPGのようなチョロQ」

チョロQシリーズだが、ワンダフォーだから「4」なのかは不明。
ワールドグランプリに優勝するため、街や世界で旅をしながら強くなる。

【ジャンル】:レース
【プレイタイム】:15時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:普通
【総合評価/おススメ度】:B

【映像】:D
【音楽】:B
【シナリオ】:B
【熱中度】:C
【オリジナリティ】:C

【コメント】:なんだかんだで面白かった

感想

マリンコンバットとはまた違う開発チームで、E-GAMEという所らしい。
開発チームが違うだけでシステムや画像の処理方法が変化して、別物ゲームになってしまうのが心配ですが
予想は的中、ゾッとするほど変わり果ててました。

解説すると、今までのプレイ時間は「レース:街探索」が「5:1」の割合だったのが
完全に逆転して「1:5」、いや「1:10」の割合になっています。
相当な時間を費やして街を周った、街しか周ってない気さえもします。
そしてグランプリ優勝という目的は置き去ってプリンの材料集めや、サッカーのミニゲーム(しかもストレート勝ち狙い)に
熱中していることもしばしば。
レースとは一体何だったのか・・・と思考。
おまけにコース数が8コース+αに減ってしまっているのもどうかと、やるき無さ過ぎだろ・・・

街は「チョロQ3」と違うのは、村人扱いのチョロQが走ってて、会話ができたりします。
家にもチョロQがいて、会話によってイベントも発生して、ジャンルはまるでRPG。
謎の迷路洞窟を抜けると、違う街にワープしてたり、パーツの宝箱があちこちに配置されてたり、
「今度レースに出場するんだ」と言ったアイスクリーム販売車が本当に出場してたり、
水に沈んだ街の伝説があって、そのことについてヒントが聞けたり、
誰かと誰かの仲が悪いから、あの手この手で仲直りさせたり、
色んなイベント、というかドラマがあって世界観は意外にもしっかりしています。
全部の会話を聞けばゲーム進行のヒントをもっと得ることができ、茶番のような会話もなかなか面白いです。
チョロQのくせになまいきだ・・・
ただ、お金の概念が廃止され、ただレースで走るだけでは強くはなれず、
街を走って各パーツを見つけ出さなければならなくなったし、レースに期待する人には辛いと思います。

変わった所はそれだけではありません。
具体的には操作がかなり変わってしまっています。
スピンをするタイミングだとかハンドルの切れ方だとか、前作までに培ったノウハウが何も意味を見出さなくなってしまい
最初プレイしたての頃はかなりのやる気ダウンしました(´・ω・`)
壁にぶつかればなかなか向きは戻せないし、ハンドルは切りづらいし、スピード感は皆無。
チョロQマリンのようにガッカリしてしまう。
一向に減らない燃料タンクも意味不明でこのシステムは納得いかないですね。
パーツも初期は少なすぎて改造の楽しさもないし、これでは盛り下がる。

はっきり言って最初のころは、地味なレースで面白くないです。

こんな風に駄目なポイントだらけで、もう駄目かと諦めようともしましたが、
なんとプレイするごとに面白さが分かってきたような・・・
パーツが揃うと、とくにジェットタービンというパーツを手に入れると加速とスピードが格段に上がり、
時速300キロまで出せて、火を噴くエンジンはもはやジェット飛行機。
そしてここからも敵が強くなりスピード感が一気に増して今までのチョロQシリーズのようなレースが
楽しめるようになりました。
絶妙な難易度も保たれて、街の会話でもドリフト(もちろん自分で操作しなければならない)ができないと
クリア不可と助言するほど、かなりの玄人向けで難しいです。
MTのギアは廃止されましたがクラッチでニュートラル状態にできたり、ジェットタービンで一気に減る燃料を
ニュートラルによって使用を抑えたり、レース全体の仮想走行も考えなければならないです。
本当に難しいです。

でもやはり街がメインで、レースが少ししか楽しめなかったのがどうも残念です。
コース数が少なかったり、改造パーツも少なめになって、色んな部分が削がれたゲームでしたが
前言撤回で、最終的な評価は面白かったですww
最初の頃は本当にやめようかと、そう私に思わせた点は検討すべきだと思いますが。
スポンサーサイト

category: チョロQワンダフォー!

tag: PS_B.チョロQワンダフォー! 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop