げむぷれ! ホーム »雑記
カテゴリー「雑記」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

近況報告 2018/4  

もう4月終わりそうだけど
あけおめ、もう遅いか。
生存報告。

しばらくブログを更新できなかったのは、ただ怠慢が続いて更新できていなかっただけです。
別に事故で怪我したとか、突発的な大惨事に巻き込まれたとか、全くそういうわけではないです。
今日も平和です。

引き続きレビューの更新は続けていきますが、更新頻度は落ちそうだなーというのが本音。

で、この更新頻度を低くする「怠慢」というのが、一体何が原因だったのか。
自分の状況を整理するためにも、近況報告をダラダラ書きながら見つけたいと思います。

1.PCがぶっ壊れた

4年ほど前に購入したノートPCが急にブルースクリーンを吐きました。

外付けのマウスやキーボードはLogicool製品を利用しており、そのLogicoolを利用するためにインストールするソフトウェアが自動更新された時に何か悪さをしたようでした。
一回のブルースクリーンなら見逃していたのですが、それから1日に数回の頻度でブルースクリーンを出す状況になってしまい、Webサーフィンすら妨害される状況になりました。
ロジクールのソフトウェアをアンインストールしても治らず、色々と直りそうな方法を試しましたが素人ではどうしようもなく断念しました。
最終手段のWindows7のOSをクリーンインストールする方法もあったのですが、OSメディアが無かったのでこれも試すことができません。
ならばPCごと買い替えるかと。

デスクトップに乗り換えようとも思いPC販売のサイトを巡回していると「SSDの方がアクセス早くて快適」とか「グラフィックボードを高品質にすれば今まで遊べなかったPCゲームをプレイできる」とか、スペックについて追及すればするほど無数に選択肢があることが判りました。
それらを全て実現してしまうと、それはそれで15~20万円クラスになって、必要ではない無駄な機能にお金を出すのはさすがにバカバカしいと思ってしまいました。
そもそも今住んでいる部屋が狭くてデスクトップ置く場所ないというところが決定打となってデスクトップという選択肢は無くなりました。

そうこう悩んでいるうちに早く購入しないと日常生活に不便が出ていて、快適なWebブラウジングを楽しめないし、PC内のデータ飛ぶ可能性もあったため、結局のところ今までと同じようなノートPCを購入しました。



↑安い、高性能、重くて持ち運びに不向き笑

とはいえ家の据え置きで使うので特に問題はありませんでした。
OSはWindows7から10にバージョンアップしたことでフリーソフトが一部使えないとか、勝手にWindows Updateが走るとか、設定に文句をつけるとキリがないので省略しますがセットアップ作業も結構時間がかかりました。

PC一台使えなくなるだけで、こんなにも振り回されるんだと痛感しました。

2.仕事が繁忙期

仕事はパッケージソフトの(自分はプログラムをほぼ書かないし、設計とか設営とかサポートばかり)

今のシステムが4月に稼働スタートということもあって、この年度の切り替わりが非常に忙しい。しかも2件同時に。
4月は特にサポートの電話が込み合って、仕事内容が流動的になりがちで遅くまで残ることもしばしば。
世間に聞くブラック企業ほどではないし土日は休める環境だから、実際は他のエンジニアよりも休みは多く取れているかもしれない。とはいえ仕事で平日まるまる時間が取られることもあるのでほんと厳しい。

「プライベートな時間をたくさん作れる、そつなくこなせる仕事」というある意味では理想的な仕事に聞こえますが、技術はちっとも身に付かないというところで違和感を感じ始めています。

仕事めんどくせーと言いながら緊急脱出ポットでシューンと飛んでいって、次の着地点で仕事が見つかるかというとそんなわけもなく。
貯金はいくらかあってもお金は稼ぎ続けないといつか底を尽くので、今の仕事にしがみつく状況を変えることができません。
プログラミングの勉強を始めて、内職で技術を習得する方法を模索中。無理か。

3.ホワイトアルバムの季節ですね

ここからコンテンツ寄りの話。

2017/11からホワイトアルバム2をプレイし始め、まだイントロダクションチャプター。
名作(と自分は思い込んでいる)は丸一日しっかり時間を作ってから正座しながらじゃないとプレイしたくない!という謎の心理が働くため、プレイする時間が作れずこれっぽちも話が進みません。

もたもたしてたら昨年12月には、PC版でおまけシナリオが同梱された完全版の発売が発表されました。
(発売日が憎いことにバレンタインデー、いつもやってることらしい)
まだPS3版をプレイ中だったこともあって、この知らせには少し残念な気持ちと、まだ新作として扱ってくれる嬉しい気持ちが渦巻いており、当たり前のように予約注文しました。
これでPS3版をクリアしたらPC版を再プレイしなくちゃいけないタスクが追加され、また一つ積みゲーが増えています。

また、2017冬のコミケ93ではヒロインのタペストリーセット(シナリオ冊子付←大事)が販売されることも発表され、これには流石に歓喜してしまいました。
そして当たり前のように、新幹線往復+ホテルを確保して戦地に赴いて購入してきました。

経験者は始発電車でなければ物販列の人数が多すぎて売り切れる可能性があることはもちろん知っていたので、前日はホテルで睡眠を取り、早朝に起きて始発に乗ってわざわざ並んだ甲斐がありました。

だがしかし、中身はクリアするまで開封しない謎心理。

転売ヤーはともかく、作品自体は好きなのにゲームクリアすらしていない人間って、きっとあの場に自分だけだったんじゃなかろうか。

IMG_0799.jpg
↑ゲームに関連して音楽とか、ドラマCDとか、そろそろアニメBDに手を出しそう。

新規に据え置きゲームのタイトルをプレイできないのはホワイトアルバムのせいだと確信しました。

4.そもそもオンラインゲームが面白い

新規タイトルがプレイできないだけで、継続中はいくつかあります。
PSPlusに加入している期間は「レインボーシックスシージ」を定期的プレイしています。あれは非常に面白い。

「鉄拳7」は稀にプレイしますが、対戦キャラの技に対して自分がどういう反撃を繰り出せるか、どの攻撃を防げないと致命的ダメージを受けるのかということを熟知する、その準備を対戦しながら覚えないといけないという相変わらずの敷居の高さもあって、あまり熱を入れてプレイできずプレイ頻度は激減しました。

5.スマホゲーしすぎ大問題

今まで書いたことないスマホゲーの領域、熱を入れているのはむしろこっち。
「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」というリズムゲームを1年以上前からプレイしています。

落ちてくるアイコンをタッチやスライド操作で演奏する音楽ゲームでして、一曲全てバッチリなタイミングで叩けるとフルコンボとなり、その絶妙な難易度とフルコンの達成感にすっかり魅了されてしまいました。

他にも部屋を模様替えするルーム機能が充実しているとか、楽曲が好みのものが多いとか、キャラがかわいいとか、段々と他の魅力についても気付き始めて、スマホゲーといわれつつも、しっかりと作りこまれた音楽ゲーム作品だと思いました。

ガチャして手に入るキャラクターの数々、自分はキャラに対する熱意はそこまで無いですが、フルコンボを支援してくれる特殊なキャラをどうしても手に入れたかったので課金をしてしまいました。
ダウンロードコンテンツで1万円ほど課金したのは人生初。
1キャラのために数万使うファンにとっては微々たる程度の金額ではありますが、フルプライス1本分は支払っていることになります。
でも、そのくらいの価値あるゲームだと思います。


しかし、
楽しいゲームだというので終われば良いものを、報酬とかランキング順位を目指し始めると、このゲームはとても忙しくなります。

秋ごろから「LIVE PARTY」という一曲プレイするごとに貢献度によって数ポイントをもらえるルールで、そこで貯めたポイントとキャラクターを交換することができます。
交換報酬が過去のイベントで配布された限定キャラだったりするので、もう二度と手に入らないかもと思うと手に入れたくなります。

これを約半年間続けていますが、キャラを全部交換すると月間で72000pt、高難易度の一回のプレイで150~200pt獲得なので、少なくとも360回はプレイすることになります。
一曲3分だとして約18時間プレイするとコンプリートできる計算です。
18時間でいうとゲーム1本クリア程度なので月一であれば大したことないように思えますが、実際問題は体力ゲージ分しかプレイできないので、連続プレイは課金が必要です。
自然回復を待つ場合は朝、昼、夜あたりで等間隔の時間でプレイしなければ効率よくこなせません。
これが日常生活に組み込まれ、それが毎月なので、この冬はずっとポチポチ遊んで手が離せませんでした。

毎日という点では鉄拳レボリューションで既に経験済みでしたが、一か月以内というタイムリミットが設けられていることが特に厳しく感じました。
これにプラスして定期的に開催されるイベントも同時にこなすことになるので絶対に18時間で収まりきっていません。クソ忙しい。

IMG_0604.jpg
IMG_0683.jpg
IMG_0722.jpg
IMG_0756.jpg
IMG_0793.jpg
IMG_0804.jpg
↑毎月のキャプチャ。画面左下のポイントを集めるのが大変。

・・・ここまでがデレステのお話。
他のスマホゲームも20個(ほぼログインのみ)プレイしているので、書いているとキリがありません。

まとめ

毎日プレイしているスマホゲー。
更新を怠った原因は、どう考えてもスマホゲーです。本当にありがとうございました。

今プレイしているスマホゲームをレビューすることも有りといえば有りですが、課金しないと本来の面白さに気付けなかったり、遊べる範囲がそもそも違うとか、プレイヤーの財力によって評価が左右されそうな気がします。
そもそもアップデートが多くて遊び尽くすことができないケースもありそうです。

そもそも、私自身がレビューを行う基準についても問題があるということにもなります。
数年前からゲームである程度エンディングを迎える、PSゲームならトロフィーを獲得するとか、クリア基準を満たしてからのレビューを原則にやってきました。
最近特にプレイする機会の多いマルチオンラインは、対戦ゲームのようなものでエンドが無いため、飽きるまでエンドが見つからず、書き始めるタイミングを見逃しがちで、最近はそれが特に顕著です。

スマホゲーを対象とするか、レビューのタイミングをどうするか、自分の中にあるレビュー基準を見直す必要性が出てきたのかもしれません。

小難しい話になってきたところで、一旦終了。

まずは不要なスマホゲームをどこかで切り捨て、空き時間を他のゲームやレビューに補填したいと思います。
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

スパイダーマン:ホームカミング & ベイビー・ドライバー  

観るつもりはなかったけど、付き合いの流れで観に行くことになった映画をレビュー。

20170924_spiderman.jpg
【スパイダーマン:ホームカミング】

スパイダーマンは何回も映画化されており、スパイダーマン、リメイクのアメイジング、そして今回が再リメイクのホームカミングとなります。
アメイジングは観たことがなかったので比較できませんが、初代スパイダーマンは大学生だったのに対して、ホームカミングは高校生という設定となっており、ピーター・パーカーのその若さゆえの無鉄砲さというか無邪気さがこれまでと違うなと思いました。
お調子者というところは、いい感じに原作の性格に近づいているのではないでしょうか。

仲間サイドとしてはマーベルシリーズのアイアンマンが多く登場して、というかヒーロー仕事の上司に当たる存在として語られるわけで、これはもうアベンジャーズ行き決定ですね・・・
本来ならあるべきのスパイダーマンのスーツを渡して・・・というくだりが本編で語られず、すでにアイアンマンのトニーに雇われている設定から本編が始まっています。
二時間弱ある映画でこれ以上語ると尺的に長過ぎてグダグダな予感だったので好判断です。
そういうのはアベンジャーズになってから回想でたっぷりやってください。
あとは友達の東洋系のまるっとした少年がなんだかパッとしないビジュアルに反してファインプレーを見せてくれるので妙に気になってしまいました。
この活躍ぶりだとアベンジャーズに招待されるんでしょうか笑

尺を削っているようには感じましたが、敵キャラにはじっくりとフォーカスしており、これまで悪役として登場の多かったグリーンゴブリンではない新キャラが登場します。
バックストーリーを語るためにオープニングを敵サイドから始まるところは特徴的です。
翼のスーツ、正直スパイダーマンよりもカッコいいです。

その翼スーツとスパイダーマンが対峙する客船が引き裂かれるところのクモ糸アクションは必見です。
真っ二つをクモ糸でくっつけただけで大丈夫なわけないだろうというツッコミはさておき、普通の2Dでも伝わる迫力は映画らしい映画を観たという気分にさせてくれました。

最近やたら多い数部作だから次回作に続く!という展開に呆れているところでしたが、エンディングは割りと綺麗に収束したため、単品でも十分に楽しめる作品で良かったです。

個人的には「大いなる力には、大いなる責任が伴う」大正義な初代スパイダーマンの方が好みでしたが、ホームカミングは暗い話を抜きにした別のアプローチで正義感に燃えるタイプを描いているので、こっちはこっちでありだと思いましたし今後に期待できます。

20170924_babydriver.jpg
【ベイビー・ドライバー】

一見何の変哲もない普通の青年(常に無口でイヤホンとサングラスしているので怪しいとも言えますが)通称ベイビーは実はどんな悪路であっても生還できる凄腕の運び屋。
たとえパトカーに追われるような状況であってもiPodから聞こえるミュージックと共にノリノリで仕事をこなしていくさまは超クールで天才的です。
仕事が終わったらまた次の仕事へ・・・という一つ一つ仕事をこなしていく展開はテンポが非常に良く、また単純明快でずっと見入ってしまいそうになるほど夢中にさせてくれます。
危険な仕事が多く、無口で無表情が多いベイビーですが、展開が進むにつれて彼のバックストーリーが見えてくるので、実は借金返済のための汚れ仕事だったとか、困っている人には親切にするとか、女の子と出会って普通に恋をするとか、むしろ理想的なヒーロー像に次第に構成されていく展開が非常に面白いと思いました。

仕事のシーンで時には銃撃戦などにも発展し、ベイビーの聴いている音楽に合わせて発砲するなど、非現実的だけどミュージックビデオのような映像を見せてくれるのもこの作品の特徴です。
実はこの作品の監督はミュージックビデオ制作の経験もあり、今回の映画にその構想を当てはめることに挑戦したとされています。
なので映画として見れる一方でアクションシーンは半分はPVのように気軽に見れるところも心地良いと感じれる由縁かもしれません。
DVD・BD化されたら一本持っておきたいくらいのレベルです。

そして先行で発売されているサウンドトラックはとても高く評価され、とくに海外で非常に注目を集めているんだとか。
私は一回しか観ていない、映像の方に集中していたこともあって、カッコいい洋楽が流れてたなーという印象くらいですがCDとして聞くことができれば印象が変わるかもしれません。

観た後はとても興奮して最高傑作だった!という気分にさせてくれたのですが、帰ってから冷静に考えてみると結構お粗末な展開やご都合主義な展開があった気もします。
しかしそれを含めても、テンポの良い展開、良質な音楽、超カッコいいカーアクションと見どころ満載の素晴らしい映画に出会えたと思いました。

一緒に観た友人は、車も相当いいものらしくカースタントもCG無しとか役者実演とか、こだわりが色々とあるんだとか教えてくれました。
そして「バイオレンス、車、女、そしてドラマチックな逃避行」と男であれば誰もが見たであろう夢が詰まった傑作だと絶賛してました。

感想は違えど、かねがね高評価な今季オススメの映画を見れて非常に満足。

category: 映画

tb: 0   cm: 0

劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―  

公開も随分前だし、見たのも前月だったけど
VRの話をしたいからもう一個書く。

20170528_sao.jpg

TVアニメ「ソードアートオンライン」のユウキ編(マザーズロザリオ編)のその後を描いたスピンオフのような作品。
登場キャラクター達はそのままなので、アニメ版の視聴は必須になります。

そもそも私が最初にアニメ版ソードアートオンラインに興味を持ったのが
MMORPGが題材であったり、abec氏によるキャラクターデザインが好きだったりで見始めましたが、なかなかどうも面白い作品に仕上がっており、続きはいつかいつかと密かに心待ちにしてました。

・ゲーム世界でありつつも死んだら全てを失ってしまうスリリングな展開
・沢山の可愛い女の子に囲まれて何故か一方的に好意を寄せられるハーレム展開
・超強い主人公が残虐で卑屈で強大なラスボスと対峙する、熱いバトル展開
アニメ版の面白みとしては上記の三点ですが、映画に関してもこれらの要素は一応網羅されており、2時間という短い時間でしっかりまとめられていました。

特にバトル描写が非常に丁寧な印象で、原画枚数が多いというか、戦闘の中での攻防がしっかり書かれており見応え十分でした。
戦闘好きには特にオススメです。

ラスボスは反吐の出るような外道では無いので、憎しみを一気に晴らすような熱量はありませんが、最後にチートが横暴するのでスカッとはします。

今回のお話はメインヒロインのアスナが中心で、新キャラのアイドルとか今までの作中ヒロインはガヤ扱いであまりハーレムはありません。
若夫婦を見守る図になりますのでイチャイチャはしてるので個人的には良かったです。(こいつら本当に高校生?)

まだまだソードアートオンラインには期待できそうな希望を持てる作品でした。

ちなみに今までは仮想現実というVRでゲームをしていたわけですが、今作のみ拡張現実というARがゲームになっています。
キリトさんがあまりにも運動不足で「やっぱりVRだよな」と言い訳をしてたのはちょっと笑ってしまいました。
この時は他人事のように笑っていたのですが、最近PSVRを高額ながら購入しバイオ7をやるとこれがなんと3D酔いしてしまい、仮想現実で動き回るキリトさんってやっぱ凄いと実感してしまいました・・・

category: 映画

tb: 0   cm: 0

夜は短し歩けよ乙女  

一ヶ月以上ブログを更新できてませんでした。
延命措置として映画のことでも書きます。ネタバレなしで。

20170513_otome.jpg

原作が出版されたのは10年前くらいで、なぜ今頃掘り起こしたのか?
そして同じ原作者、監督、キャラデザインだった「四畳半神話大系」が2010年にTVアニメを放送してるにも関わらず、
なぜこれも続投しなかったのかと疑問に思って仕方ありませんでした。

調べてみるとどうやら四畳半の後にアニメ化する企画はあったらしいですが、
諸事情で一旦はよそのプロジェクトになったみたいで、今回それが舞い戻って再スタートしたとか。
http://www.asahi.com/articles/ASK4656W1K46UCVL01C.html
本人たちの希望も叶ってるのでめでたしというところでしょうか。

肝心の本編ですが、個人的には微妙だったかも。

大学生の男の子(先輩)と女の子(黒髪の乙女)が別々の道を進みつつも、最終的に互いに惹かれ合うような不思議な出会いの物語なわけですが、ところどころよく分からない描写が見受けられます。
それが最後につながる伏線であった場合はまだ良いですが、特に意味はなくただの過剰表現だったりする場合もあるため、全貌を理解していない視聴者にとってはどういう描写なのかハテナが飛び交っていたのではないかと思います。(2度目の視聴だとこの判断ができるみたいです)

この'過剰表現'って別にバイオレンスとかセクシャルとかではなく、絵を崩して面白可笑しく描いているという意味なんですが、これを「素晴らしい作画だ」とか「画期的な演出だ」と捉えるか「よくわからん」と捉えるかの違いになってきます。
私は残念ながら後者の立場だったので、あまり好ましく思えませんでしたが、かなり好みが分かれそうです。

一方で先輩と乙女を交互に語ることで、話は切れるけれど短編小説のような展開がなされ、各所にあった伏線を含めそれら全てを集約するようなラストのオチは、視聴者をなるほどと思わせる、一作品として非常にまとめあげたところは非常に高評価です。
(四畳半でもアッと驚く摩訶不思議なオチでしたが、それとは異なるオシャレでステキなオチが好感持てます)

視聴後は映像や音楽に騙されて壮大な作品を見たかのような気持ちになりましたが、実はただの一般大学生の、主に大学生活圏内の小さな恋物語なので、内容を深く観察すると大したことのないことを壮大に語っているだけなので、作品を通しても'過剰表現'気味だったことに気が付きました。

騙された感も含めて個人的には微妙という感想になります。申し訳ない。
オチは大好きです。

category: 映画

tb: 0   cm: 0

聲の形  

もうこれで観た映画は最後です。
厳密には9月は過ぎましたが、9月中は映画を5本も観てしまいました。
それも映画館に足を運んで。
レンタルではよく観てましたが、多分こんなに映画館で観ることは一生無いだろうなと、多分。

同日に公開となったスタジオジブリ最新作の「レッドタートル ある島の物語」が可哀相になるぐらいの好スタートを切った「聲の形」
とかいう文句がネットで転がっていたのでちょっと笑った。

koenokatati.jpg

聴覚障害のお話でもありますので、陰湿なイジメであったり、そしてイジメに加担した主人公の罪であったり、皆の理解に違いによる喧嘩であったり、概要としては重い話になっています。
序盤の小学校のシーンのイジメも結構丁寧に描かれてて、放課後の教室で主人公とヒロインが取っ組み合うシーンは、心に突き刺さるような痛みがありました。(原作のマンガの方が過激らしい)
そういうショッキングな映像だけでなく、イジメに対して真摯に向き合って生きていくという姿も繊細に描かれています。
観ている最中も色々と思考させられて、娯楽アニメ映画とは思えないほどに、色々と感情が揺さぶられます。

しかし、高校になってからのイチャイチャ具合はまさに「たまこラブストーリー」のような甘ったるさで、ここは何も考えずとも終始ニヤニヤしっぱなしでした。
監督の山田尚子氏+脚本の吉田玲子氏の作品の恋愛シーンはこっちが恥ずかしくなるような、でもすごく心地の良いプラトニックラブなのでもう癖になりすぎています。

そしてヒロインの硝子ちゃん、他者を好きになろうと必死に努力する姿が本当に健気で真っ直ぐで・・・
こういう心が清らかな人物が登場すると「美男美女じゃないと成り立たない」と必ずバッシングが来ますが、元々フィクションなんだし可愛くないと誰得だし、結果的にこれで良かったんじゃないのかな。
実写映画で再現されると多分違う印象を持つと思う、アニメのこの絵柄だからこそぴったりイメージにハマったんだと個人的には思います。
サンキュー京アニ。

他の登場人物たちもたまこま同様に聖人ばかりなので、心温まるスッキリとした終わりに収束するところも安心感あります。

小ネタとしてはエンディングクレジットで硝子ちゃんの声がまさかの早見沙織氏で、よく考えるとあんな声を素人が出せるわけがないと演技の幅に驚きました。
音楽は牛尾憲輔氏で、環境音を巧みに入れ込んだ映像とリンクしたBGMになっていました。
作中でも「花火の振動は感じられる」描写があったように、振動を意識した音作りになっていて、映画館の音響をうまく活用した感じになっています。
サントラの方に異常なほどの拘りを感じられて、個人的にはこの丁寧な作りはポイント高いです。

今月は映画をたくさん観てきましたが、今月の中で「聲の形」がダントツで一番好きです。
ただ、重いエピソードもあるし、イジメのシーンはとても心苦しくなるので、娯楽映画としては微妙かもしれないので、全員にはオススメできない内容かと思います。

本来は同じ土俵に並べるべきではありませんが、
君の名は」は誰にでもオススメできる"面白い"作品であり
「聲の形」はオススメはしないが"好きな"作品かと思います。

面白いと好きって別物なんだと改めて思いました。

余談ですが、
聴覚障害というテーマによりヒロインの硝子ちゃんはもちろん苦労人であるのはわかりますが、この作品で最大に苦労していたのは親友のナガツカくんなんじゃないのかな。
天然パーマ以上に頭モコモコだったしガイジだろ絶対・・・
コメディー風ないじられキャラとして、重いシナリオの中での唯一の緩和剤として働いていた彼が一番の苦労人であることを視聴者達は忘れてはいけない気がします。

category: 映画

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。