げむぷれ! ホーム »ソウルキャリバーIV
カテゴリー「ソウルキャリバーIV」の記事一覧

ソウルキャリバーIV  

「ベイダー卿、二刀持って帰還」

30以上の多彩な剣士からなる究極の武器格闘ゲーム
シリーズで初めてオンライン対戦が可能になり、恒例のキャラクタークリエーションも充実している

【ジャンル】:格闘
【プレイタイム】:10時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:難しめ
【総合評価/おススメ度】:B

【映像】:A
【音楽】:C
【シナリオ】:C
【熱中度】:B
【オリジナリティ】:B

【コメント】:ヨーダがDLCでちょっと悔しい

感想

パッケージですでにダースベイダーが光臨してて御剣とのギャップがスゴい。
ソウルシリーズはコラボが好きで、スターウォーズも意外とコラボには寛大なようなので、この組み合わせは
ある意味自然と言えるのかもしれませんね。

今作はなんとオンラインで戦えるとか。
さっそく対戦してみましたが、敵に攻撃をさばかれコンボ喰らって完膚なきまで敗北しました。
というかオンライン人口が少なくてもはや上級者としかマッチングできず、まったく勝てる気がしません。
もっと普通の対戦を望んでるんだ・・・!

ストーリーモードではSC3よりも随分と短くなっています。
あれもストーリーがどれも同じ内容で存在しててもしなくても、印象が残らなかったので
中だるみが無くなった分短くして正解かも。
今回もED以外は全部似たようなもので、とりあえずサクッと遊べました。
「TowerOfLostSouls」はやりこみモードになっててこっちはかなり手応えあります。
特にキャラクタークリエーションで使えるアイテムを手に入れるため、条件下でクリアするのが難しく
何度チャレンジしても達成できないことも。
しかも先の階層に進むごとに敵も強くなり、ただ敵を倒すのも難しくなるとクリアすら難しくなります。
あくまでやりこみなので絶対クリアする必要はないですが、こういうのは割と夢中になれて好きです。

前作では武器の能力をアイコンで示すだけで一体何の能力か具体的に分かりませんでしたが、今作からは
能力名がついてとても分かりやすくなりました。
これはキャラクタークリエーションにて装備や服を変更する事でその能力を変更することもできるようになり
ただ外見をいじるだけの機能に止まってません。
相変わらず変な服が多いですが、ゴワゴワでサイズがおかしい服は少なくなった印象。
色も細かく設定できたりボイスも高さを変えられるようになり、何か面白そうなキャラクターは作れそうな感じです。

あとは地味にうれしいのがSC3のメインキャラが全て登場していること。
技のコマンドをなんとなく覚えてて「これは同じ、ここは変わった」などを楽しむ事ができるため
前作をプレイした甲斐があります。
しかしキャラの吹き替え声優もいくらか変化してるのはちょっと残念、そこは元のままにしておいてー。

そんな感じで一人プレイでも、いざとなればオンラインも一応遊べるので
たまに格ゲーやりたいときにやるといいのかも。

スポンサーサイト

category: ソウルキャリバーIV

tag: PS3_B.ソウルキャリバーIV 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop