げむぷれ! ホーム »スキャンダル
カテゴリー「スキャンダル」の記事一覧

スキャンダル  

「1/125秒・・・その瞬間、未来が変わった」

フルアニメーションアドベンチャー、やるドラの5作品目。
PSからPS2にプラットフォームの変更により、DVDのハイクオリティでアニメを楽しめる。

【ジャンル】:テキストアドベンチャー
【プレイタイム】:7時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:普通
【総合評価/おススメ度】:B

【映像】:S
【音楽】:B
【シナリオ】:C
【熱中度】:A
【オリジナリティ】:B

【コメント】:OVAのような高クオリティなアニメーション

やるドラDVD

ダブルキャスト」、「季節を抱きしめて」、「サンパギータ」、「雪割りの花」、と
散々にやるドラシリーズをプレイしましたが、DVDになるだけで随分進化しています。
まず映像、ただただ綺麗。
PSの頃にあったどうしても発生する画のザラザラも消えて、今プレイしても画質に関しては違和感は全く無くなり
しかもロードが頻繁に発生せず不自然な一時停止までも無くなり、オート機能を使ったときのシーンごとの円滑さには驚きました。
以前から煩わしかった途中の強制セーブも、ディスクチェンジが無くなったのも随分大きな功績。
一周した後のスキップもかなり快適になって周回プレイもかなり楽に。
でもさっさとフローチャート(ry

DVDになったことで、画質以外に快適さがかなり増しています。
なんで今までDVDで作らなかったんだろ?(A.PS2がなかったから)と思えるほどの進化、これには非常に満足。

内容等

今まで絶対にセットだったラブストーリーからは離れ、アクション物のストーリーになってます。
ラブストーリーでなくなり主人公も女性に、そして主人公像をぼかさず、ちゃんと一人のキャラクターとして描かれており
これでヒロインに「キミ」とか呼ばれたり理解不能な主人公に自分を重ねる必要もありません。

序盤からカーチェイス、銃撃戦がある、しかもアニメーションもかなり頑張っているので見ごたえあります。
それでいて、内容はかなり単純なので(一応褒めている)何も考えずに楽しめます。

ストーリー分岐に重大な選択肢にも時間制限を設けて、例えば悪者に追われている場面で逃げるか戦うか、など
アクション物らしいスピーディな対応を求められることもあります。
時間切れでもペナルティは発生しませんが、これのおかげで結構な緊張感があります。
って似たようなゲームを最近プレイしたような・・・

キャラ原案がlainの人かーとか思ったけどクリア後の資料集見てもイマイチ分からずww
そんなに絵については詳しくないんですが、今回はダブルキャストの頃にあった喜怒哀楽のある表情をしてくれて、
コミカルな場面ではその表情がかなり引き立ってます。
嫌な顔でムッとしたり、笑いにも爆笑な表情とか不敵な笑みとかあったり、表情がコロコロ変わるのが
アニメらしくて良いんですよね。
表情とか指示するのはやっぱり演出、それとも監督かな?
あの感じ好きです。

まとめ

OVAのような高クオリティなアニメーションは飽きませんが、まあ無難なアクション物でしたww
それよりもやるドラがDVDになることで映像と快適度が向上したことに感動を覚えずにはいられません。
このヌルヌル動くアニメーションなら、次に何が来ても満足できそうです。

・・・だけど、この後に発売されたやるドラはBLOODの一作のみ。
アドベンチャーゲームとしてやるドラシリーズは面白い部類なのにちょっと悲しい事実。
アニメの魅力を活かしたシステムなんだから、こういうゲームがもっと増えれば良いと思いますね。
最近は地上波であれだけアニメ放送する時代、なのにやるドラだけは何処へ・・・?

スポンサーサイト

category: スキャンダル

tag: PS2_B.スキャンダル 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop