げむぷれ! ホーム »MYST
カテゴリー「MYST」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

MYST  

「孤独」

アメリカ社「Cyan」よりアドベンチャーゲーム。
元はパソコンゲームだったが、PSにも移植され、最近ではPSPでも移植されているらしい。
売り文句は綺麗な映像。

【ジャンル】:アドベンチャー
【プレイタイム】:8時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:ほどよい
【総合評価/おススメ度】:A

【映像】:B
【音楽】:B
【シナリオ】:D
【熱中度】:A
【オリジナリティ】:B

【コメント】:自力で解けるこの楽しさ

ミスティックな世界

正直、このゲームはいろいろ凄いと思います。
アドベンチャーゲームであって、でも今までのものとは違う不思議なゲームです。

まず本に吸い込まれて、ある島に放り出されゲーム開始。
「あれっ、どうすればいいの?」と思っても何もヒントはありません。
真っ直ぐ進みましょう的なよくあるセリフもガイドも何もないです。

そうです。
一から自分で画面のポイントをクリックして探して下さいという事をまず理解しなければならないのです。
こんな放置プレイ見たこと無い。
ゲームなのにプレイヤーにクエスチョンマークをつけさせるなんて信じられないです。
プレイヤーに分かりやすく解説しないとライトユーザーはついてきません。
まあ、洋ゲーですし15年前発売だから仕方のないことですが。

でも逆にこれが不思議な効果をもたらしています。
普通、ゲームでは感じること無いであろう"孤独感"をこのゲームで味わいました。
島に一人、ガイドなし、住民など人一人すらいないですから、下手すればホラーゲーム。
夜一人で公園を散歩する孤独とも違います、たまに人がいますからね(変質者?)
富士の樹海で迷った感じの孤独です。
行ったこと無いだろと突っ込みたくなるところですけど、残念ながら一度富士の樹海の手前まで行ったことがあります。
あれは修学旅行で、ほぼ観光状態のガイド付きでしたが。
とりあえず、このゲームではまず人には会えません、"孤独"です。

それとセリフなどもないわけですから、ヒントが皆無で難易度が非常に高いです。
例えばスイッチを押したら何が起こったか毎回観察して、手掛かりを増やさなければならないのです。
正解にたどり着けば、それらしい道は開けますので安心を。
その謎が解けた瞬間がうれしい、しかも自力なので感慨一入です。
だから、ハマったらやめられません。
一度攻略サイトを見てしまいましたが(エレベーターがゴニョゴニョ)
そこ以外は自力でクリアできたので難易度高め程度です。
次回作のRIVENのほうが鬼難易度。

音楽も自然BGMで静寂と孤独の世界にはぴったりです。
グラフィックはまだポリゴンで青二才な感じがありますが、15年前なら凄く綺麗、てかまだスーファミ現役だったし。
当時にプレイできたらなぁと少し後悔しましたが、このゲームはとくに"孤独感"が凄い、そんな作品だと思ってます。
だから、このゲームで"孤独"というものを是非味わってほしいです。
"孤独"を味わえるのはシリーズ中この作品だけですから。

スポンサーサイト

category: MYST

tag: PS_A.MYST 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。