げむぷれ! ホーム »アコンカグア
カテゴリー「アコンカグア」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アコンカグア  

「ウェイクアップ、ナカヤーマ!」

航空機が突然の墜落、氷山アコンカグアにて奇跡的に生還した5人がおくるサバイバルアドベンチャーゲーム。
絶望的な状況のなか生き残ろうとするが、追い討ちをかけるように謎の武装集団にも襲撃され・・・

【ジャンル】:アドベンチャー
【プレイタイム】:5時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:普通
【総合評価/おススメ度】:C

【映像】:C
【音楽】:B
【シナリオ】:D
【熱中度】:C
【オリジナリティ】:C

【コメント】:裏切り、復讐は非道

下山した感想

バイオハザードをはじめとするその他研究施設から脱出するアドベンチャーはPS1内では腐るほどありますが、
雪山を舞台にしたアドベンチャーゲームってのはちょっとだけ新鮮。
地面一体は積雪数十メートル以上で真っ白、空は霧がかかって灰色、その色のコントラストが美しく感じます。
まあ、グラフィック的にはPS1性能の限界もあるのでキレイとは言いがたいですし
ステージとキャラクターのポリゴンな感じはおなじみ、よく壁にめり込んだりします。
ただ、顔の描き込みが細かかったり、タイトルとゲームオーバーの文字がクッキリとして画像解像度が異常に良かったり
「ひょっとしてグラフィックは綺麗なんじゃないのか」と思わせる面もあります。
そんな雪景色を2枚組みディスクのうち、前半1枚はほとんど雪山が舞台になってます。
なんという雪山下山アドベンチャー。

アドベンチャーといっても動かし方はキャラを直接操作するのではなく
矢印ポインタで誘導するタイプで、クロックタワーとかクレイマンとかに似てます。
基本はじっくりと考える謎解き系で、複雑なアクションはないにしろ、たまに時間制限のある
スピーディな行動を要求されることがあります。
またストーリーは一本道なので行動範囲も狭く、重要なアイテムも大抵はその場で使うことになるので
アイテム選択も迷うことないと思います。
難易度は並程度で詰まることさえなければサクサク進みます。
仲間と会話しないと条件が発生しない場合もあるのが気付きにくい点だろうか。

この「仲間」との連携(いわゆるザッピング)がなかなか面白くて、5人いるキャラのうちそれぞれの得意分野を駆使して
試行錯誤する謎解きが良いです。
具体的には「登山専門」「言語専用」「メカニック専門」「隠密専門」「力仕事専門」という風に分類できて
登山専門が大きなハンマーを拾ったけど、それは力仕事専門に任せるためにハンマーを渡す、とか
機械の動かし方が分からないのでメカニック専門に頼む、とか
役割分担がしっかりしてて気持ち良い。
けど必要な人材がすで決められているようなもので、関係ない人物がそれを行ってしまうと「できない」と却下されてしまい
二度手間とも感じれる部分もあるのだけれども。

ストーリーですが、基本は下山して生還するのが目的。
でも一国の有権者であるパチャママ(言語専門)の身柄を狙う政府軍が登場したり、
政府軍に先回りされたことにより「5人の中に誰かスパイがいる」と疑心暗鬼に陥ったり、
パチャママの送還が第一になったり、
下山とは別の問題が発生していくストーリー展開にドキドキします。
結局オチは微妙だったので残念でしたが(詳細はネタバレで)

あと音楽が地味によかった。
オーケストラ風な音楽は上品でもありサバイバルの危機感を表すにはピッタリで、雪山とマッチしてたと思います。
SCEということもあるからI.Q FINALの人かと思いましたが、どうやら違って外山和彦という方の作曲でした。
昔のアニメとかPS1「俺の屍を越えてゆけ」も担当したとか、へぇー。



2枚組みディスクでもクリアまで5時間とサクサク進みますし、おつかいっぽくなる謎解きもそれなりに面白かったと思う。
ストーリーは途中まで面白かったけど最後が微妙だったので歯切れが悪いのが良くなかった。
あと字幕の流れが早くて時々読めないのも気になりました。
そんな感じで、まあ普通ですww
こうしてまた山系アドベンチャーゲームが量産されたとさ。

「続きを読む」よりネタバレ
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: アコンカグア

tag: PS_C.アコンカグア 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。