げむぷれ! ホーム »ファイナルファンタジーIX
カテゴリー「ファイナルファンタジーIX」の記事一覧

ファイナルファンタジーIX  

「ゲームで初めて涙を流しました」

言わずと知れたファイナルファンタジーの9作目。
今作のテーマは「原点回帰」「生命讃歌」で過去の雰囲気に戻したらしい。
日本ゲーム大賞に選ばれるなど様々な賞をもらってるほど評価されている。

【ジャンル】:RPG
【プレイタイム】:40時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:普通
【総合評価/おススメ度】:S

【映像】:A
【音楽】:S
【シナリオ】:S
【熱中度】:A
【オリジナリティ】:c

【コメント】:演劇かよとブツクサ言いながらラストで泣けた

一年ぶりにFFをプレイ

思えば一年前、FF8をプレイしてシナリオを絶賛してましたよね、たしか。
一か月間は余韻に浸って、まともな生活ができなくて生活保護を受けてました。(嘘)
レビューとは言えない内容ですけど、その時の感想は鮮明に述べてますので、暇があれば見てやってください。
FF8は本当に面白かったと私は思います。

さて、そんなこんなで一年が過ぎてあの思い出も忘れた頃なので、久しぶりにFFをやってみようとFF9を購入。
「原点回帰」がテーマで、7や8とは異なってファンタジー要素が濃くなったんだとか。
1~6のようなクリスタルの存在も復活させたとか。
今までクリスタルは忘れられていた・・・、そういえば思い返せばそうですね。
7はマテリア騒動で、8はガーディアン騒動でクリスタルは出てないような気がします。
今作はクリスタルが出てくるので、よりファンタジックになるんだとか。ふーん。
「生命讃歌」ってなに?
これは、みんなで合唱でもするわけではなく、生命の歌を歌おうって事だと思います。
意味分からないでしょうが、クリアしたらなんとなく分かってしまいました。
言っておくと、つまり「生命」がテーマになってると解釈して下さい。
でも「生命讃歌」ってWikiで見ただけだから本当にあったテーマなんでしょうか・・・?

まあ久しぶりのFF、どんなファンタジックな展開が待ってるんでしょうか。

グラフィック

オープニングも相変わらず綺麗、今見てもなかなかレベルが高いです。
こんな画面で操作出来たら絶対楽しいでしょうが、そうもうまくいきません。
操作画面はやっぱりアレな感じ。(アレ:PS1でよくみるモッサリしたポリゴン)
キャラの顔は・・・ちょっと綺麗になってる!?
FF8はせっかくの美貌が潰れていたのに、9は割と顔がわかる。
PS1のスペックながら本当に着実にグラフィックが進化しているようです。
拍手を送ります。
キャラも八頭身から三、四頭身に戻ってて可愛らしくなってます。
・・・これが原点回帰か!?
ますますグラフィックのレベルが上がってて、今でもかなり満足できるグラフィックです。

戦闘

盛り上がりな演出が多いです。
まず様々なキャラが特技を持っている事です。
魔法も特技に分類されていて、魔法を使えない肉弾戦キャラもいます。
特技は武器や防具を装備すると、それに備わったアビリティを使えるようになります。
APという経験値を集めるとアビリティを取得し、他の武器を装備してもアビリティは使えるままです。
そうやってアビリティを増やし成長します。
基本的に仲間キャラは特技が被っていないので、それぞれの個性が楽しいです。
こうなると使えないキャラが出てしまうのは仕方ないですが、全員が同じ特技を持っているよりはマシだと思います。
たとえばFF7とかFF8とか・・・
「原点回帰」か!?
違う特技を持つことは、そのキャラの愛着がよりいっそう増すということです。
一定のキャラを育てるもよし、全員育てるもよし、育ての楽しみ方は人それぞれ。

個人的に黒魔法を使うビビは強くて頼りっぱなしでした。
黒魔法はMP消費するだけで攻撃の方が強かったことありませんか?
FF8はまさにそれでした。
黒魔法使っても報われない結果が待ってましたが、今作は黒魔法が終盤まで大活躍。
逆に召喚獣が弱体化しすぎで、通常の攻撃の方が数倍強いです。
ラムウのじいさん、あんた何しに出てきたの?

ロードが長いので敵と出くわすだけでイライラしてしまいますが、戦闘自体のテンポは悪くないです。
しかも経験値は大量に手に入り、3回ほどの戦闘でレベルが上がります。
よってレベル上げは必要なかったので助かりました。
このくらいサクサクレベルが上がるのは快適でいいですね。
サクサクけいか~い(ウイルスバスター2009)

シナリオ

今作はなんたって分かりやすい!
目的が歴然としてて、物語に没入しやすかったです。
ネタバレ回避、というかまだやっていない人にもぜひプレイしてもらいたいという意味を込めて、
もっと詳しいことはこのページの一番下に書かせてもらいます。

テーマは前作の「愛」とは離れて、生命讃歌こと「生きる」です。
鬱な展開がところどころありますが、最後には生きることに勇気が湧いてくるお話です。
これだけ言うと臭いですが。
それにゲームで初めて涙を流しました。
ゲームごときで泣くことは言語道断、と自分の中で心に決めてたのに・・・
すごくいい話でした。

おまけ要素

おまけややり込み要素が豊富。
まず、チョコボの宝探しイベント。
フィールドに埋まった宝をチョコグラフにある写真を手掛かりに探すのですが、フィールドが広すぎて無理。
ついアルテマニア見てしまいました。
やっぱりやり込みは向いていないのかなあ、すぐ諦めてしまいます。
チョコボが川→山→海→空に進化するのは楽しいですけど、宝探し以外に利用価値が無いです。
本編に絡んだらもっと育成が楽しめたのに残念。

あとカードゲーム。
カードに方向や攻撃力、防御力が設定されてて、相手のカードと戦闘してオセロみたいにひっくり返すゲーム。
しかも詳しいルールは教えてくれないのが不親切です。
探すのが楽しいんでしょうが、面倒。

他にもオークションとか宝珠探しとかなわとびとか。
・・・全部はやってないですが(疲労のため)やり込み要素豊富なのは確実です。
やり込み好きは必見。

音楽

サントラだけで110曲に及ぶ膨大な曲数、植松さんお疲れです。
しかもこれにムービーで使われた曲を収録したサントラPLUSもあって・・・多い。
FFといったら名曲の宝庫。
これを聴かないなんて、人生の半分を損してます(言い過ぎ)
それぞれの曲の感想は下に書かせてもらいます。
今作はアレンジが多くメロディーが似たりよったりですが、雰囲気はまったく異なります。
こういうアレンジは得意ですよね、植松さん。
まだ数回通りしか聞いてないので感想が曖昧ですが、これからもサントラを聴きまくりたいです。

まとめ

シナリオが素晴らしい。
単純明快なシナリオにより、伝えられるものがストレートにガツーン!と心に響きます。
でもそれだけでなく、いろんな要素がふんだんに詰めこめられた作品で面白いです。
兎にも角にも、それがFFだと思います。
いやでも本当に泣けたんで、また作業用BGMとしてサントラを聴いて過去を振り返りつつ、余韻に浸ることにします。
FFサイコー!!


↓この下ネタバレで「続きを読む」
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: ファイナルファンタジーIX

tag: PS_S.ファイナルファンタジーIX 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop