げむぷれ! ホーム »愛しあう事しかできない
カテゴリー「愛しあう事しかできない」の記事一覧

愛しあう事しかできない  

「原作がアウト」

短編少女漫画が原作のボイスアドベンチャー。
モデルのなな子は職場に訪れた悦史に一目ぼれ、しかし悦史には男の恋人がいた。

【ジャンル】:アドベンチャー
【プレイタイム】:1時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:簡単
【総合評価/おススメ度】:E

【映像】:C
【音楽】:C
【シナリオ】:Z
【熱中度】:E
【オリジナリティ】:D

【コメント】:共感しづらい

感想

攻略対象の男がホモと付き合ってるか、辛いな・・・
「好きって気持ちがあるなら男も女も関係ない」とか言っちゃうあたり、漫画原作者の桜沢エリカは恋愛の美意識が高そう。
素敵な愛のカタチを描いたつもりだろうけど、なかなか万人受けは難しいであろうと思う。

主人公なな子が相当な自己中心的。
仕事のモデルは上司に叱られるなり自分からやめて、仕事がないとあれば友達に愚痴るヘタレっぷり。
(その後は別の仕事が入ったり、いきなりパリコレのオファーが来たりと、地方事務所の落ちこぼれモデルにはありえない
話が平然と振ってくる謎の展開)
一目ぼれした男にゾッコン、離れると寂しがる。
いつもべったりくっついてくる他の男は軽くあしらう、けどいざ離れると寂しい。
しかも自分が寂しいだとか好きだとか理由をつけてくっ付くだけで、相手の立場になっては考えようともしない。
なな子、なかなかのクズ女である。
これだけでも主人公への共感は難しいと思うのに、追い討ちをかけるように一目ぼれした男は同性愛OK。(一応女も可)
同性愛は漫画の話だと割り切ったとしても、自己中+同性愛は共感しづらいの限度を越えている。
間違いなくほとんどの人は共感できない。

ゲームとしてはセーブ以外はボタンを押さずともボイスのみでストーリーが進行するので(もちろんフルボイス)
テキストアドベンチャーやサウンドノベルとも違って斬新な形式。
途中で画面下の猫がなくとYES/NOが選べるが、そこもボタンを押すとYES、押さないとNOに分かれる仕組みになっており
エンディングもマルチエンディングである(3つだけ確認)
選ぶ制限時間もあり、ちょっとした緊張感もある。
字幕ONにできなかったり、ポーズで止まらなかったりするので不便ではあるが、面倒なインフォメーションを一掃した画面は
評価できる。
1プレイ1時間ほどで、エンディングが増えるごとに背景の写真が増えるのも微々たる変化だが凝っている。

ゲーム性はまあ良かったにせよ、題材が完全にアウト。
次は自己中、同性愛以外でお願いします。
スポンサーサイト

category: 愛しあう事しかできない

tag: PS_E.愛しあう事しかできない 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop