げむぷれ! ホーム »PS_E.公開されなかった手記
このページの記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

公開されなかった手記  

「赤い石が手に入らない」

異型のモンスターが徘徊する古ぼけた館を捜索する3Dリアルタイムアドベンチャー。
フリーオカルト記者の主人公の元に、行方不明の高校生三人の捜索の依頼が来たところから始まる。

【ジャンル】:アドベンチャー
【プレイタイム】:3時間
【クリア】:未クリア
【難易度】:難しい
【総合評価/おススメ度】:E

【映像】:E
【音楽】:D
【シナリオ】:D
【熱中度】:E
【オリジナリティ】:C

【コメント】:クリアしてないが大体分かった

感想

製作・発売社はチームバグハウス、バグの巣窟って意味かな?
起動してタイトル画面でビックリ、肩幅の広い主人公とヒロインらしき人物が左右で気持ち悪く歩いています。
プロローグが始まったと思えばセリフが棒読み、プロじゃないと一瞬で分かるレベル。
ホラーなのに、画面が暗いだけであまり怖くない、というか暗いせいでどこに行けばいいのか分からない。
音楽もホラーらしくない。

最初からこのやる気の削がれ方はどうでしょうか?
画面は一人称で十字キーで前後ろ横に歩けて、振り向くには○×□△の対応した向きのボタンを押さなくてはなりません。
FPSゲームが一般的なった今では大して違和感はないですが、結構操作しにくい部類。
特に面倒なのは、「調べる」コマンドはスタートボタンでメニュー → 実行 → 動作 → 調べるを経てやっと行動することです。
FC「シャドウゲート」を彷彿させる、クドイほど多いコマンドの中から選ばなくてはならないのでイライラします。
ショートカットコマンドで4つまで行動をLRに振り分けられるのは救いでも4つは少ないと思う。
銃による攻撃もショートカットコマンドに振っておかないと、化け物ワンちゃんに出会ったら簡単にパクパク噛まれます。
まあそんな事しても犬は多分ザコキャラなのに耐久力はあるし攻撃力高すぎて、何度も死ぬ事は必須。
コウモリに至っては攻撃が当たらないし。
弾薬にも限りがあるが、弾切れしないように逃げるのではなく、弾が当たらないので逃げる主人公はなんとも滑稽。
おまけに弾薬、傷薬など必需品は館の外のよろず屋で買えます。
隣には宿屋も完備されてます、RPGかよ。

このゲームは探索がメインで、敵はその妨害システムにすぎないので放っておきましょう。
館内を探索するには、まず部屋を明るくすることから始めます。
部屋に掛かっているロウソクにマッチ(消費アイテム、買える)で火を灯して、窓があるならカーテンを開けておく。
このように部屋に明かりを灯してから探索するゲームはちょっとホラーっぽくて良いですが、暗いとアイテムが取れないので
結局アイテムを取るためのフラグのひとつに過ぎません。
PS「エコーナイト」にもこんなのあったな。

プレイするうちに、さっそく積みました。
探索は隈なくしたはずなのに・・・とネットで攻略情報を見たら(攻略サイト自体少ない)
蛍光塗料が光るらしい。
つまり一度部屋を明るくして、絵画に隠された蛍光塗料に光を当て、時間を経過させ、
暗くすると隠れた文字が浮かびあがるのだー

ってこんなところで捻ったクイズ出すなら、まずヒントをくれないと分かるわけないじゃん・・・
スポンサーサイト

category: 公開されなかった手記

tag: PS_E.公開されなかった手記 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。