げむぷれ! ホーム »PS_E.カウントダウンヴァンパイヤーズ
このページの記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カウントダウン ヴァンパイヤーズ  

「ミサートー!(外人訛り)」

人間から変化したヴァンパイアと戦いながら、生き残るため脱出するホラーアドベンチャーゲーム。
「このゲームには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています」が、なんと発売元は夢と希望を創るバンダイである。
とてもあるゲームに擬似しちゃってます。

【ジャンル】:アクションアドベンチャー
【プレイタイム】:10時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:普通
【総合評価/おススメ度】:E

【映像】:B
【音楽】:D
【シナリオ】:E
【熱中度】:E
【オリジナリティ】:D

【コメント】:なんちゃってバイオ

プレイのきっかけ


発売された頃、友達がこれを持っててやらせてもらいましたが、結構ホラー感は漂ってました。
今となっては一つも怖くないのですが、当時はムービーも綺麗で人間がヴァンパイアになるシーンは衝撃的でした。
しかし操作できるようになると、ヴァンパイアが手をブラブラさせて主人公を追う姿は
「こんなバケモノいねーよ!」とツッコミをいれるほど変な動きで笑えました。
そのときは1時間ほどしかプレイしてないですけど、そこそこ楽しめたと。(ネタ的な意味で)

そして、そんなゲームあったなぁと思ったのは7、8年後である今。
ちょっと昔を思い出してやって見たくなりました。
が、何と言うゲームか題名が全く思い出せません。
これでは買うことができません。
やらせてもらったその友達もソフトを紛失した(!?)らしいので、
知る手段はネットしかないと覚悟を決めて某ゲーム交流掲示板で初めて書き込ませてもらいました。
返信はありました。
どうやら「カウントダウンヴァンパイヤーズ」というらしいじゃないですか。
さすがゲーム交流掲示板ですね、よく分かってらっしゃいます。感謝です。

ゲームの題名を知るのにも苦労したこのゲーム、一体どんなゲームでしょうか。
あまり期待はしてませんが、さっそくプレイ。

このゲームの概要


レビューの始めに「あるゲーム」と書きましたが、それはなんでしょうか?

答えはバイオハザードです。
このゲームはあらゆる所がとてもバイオに擬似しており、一部では「なんちゃってバイオ」と呼ばれるほどです。
どこが特に似ているでしょうか?または似ていないのでしょうか?
表にしてみました。

バイオハザードカウントダウンヴァンパイヤーズ
カメラ3人称の固定カメラ
独特の雰囲気を表現
左に同じ
操作操作がラジコン操作左に同じ
ゾンビを含む実験体
館にいた人はウイルス感染によりゾンビ化
ヴァンパイアを含む実験体
カジノにいた人は黒い水を浴びてヴァンパイア化
武器様々な機関銃左に同じ
主人公警察、特殊部隊殺人課の刑事
イベント英語のフルボイス
日本語字幕付き
左に同じ
ホラー表現窓ガラスを割り、
突然ゾンビ犬が部屋へ入ってくる
左のようなことは無く、安心プレイ。 心臓への負荷が小さい。
部屋異動のロードロード時間を扉を開ける演出でカバー
緊張感が途切れずドキドキする
事あるごとに「Now Loading」と表示で萎える
でも意外なことにロードは早くてイライラしない


と、いう感じです。
バイオ好きスタッフが寄せ集められてこのゲームは完成した、と言わざるを得ません。
本当かどうかは定かではないですが、そのくらい似てます。

パクリ疑惑がある中、あえてこのゲームの特色を言うと、麻痺したヴァンパイアに謎の白い水をかけると人間に戻れる点です。
目的は生き延びて脱出し、その中でヴァンパイアの正体を暴くというものですが、
ヴァンパイアになってしまった人間を元に戻すのも一つの目的です。
しかも人を救済するとお金の報酬が貰えます。
そしてそのお金で回復アイテムを買って、より安全に進められます。
ですからただ漠然と敵を倒すだけでなく、麻酔銃で麻痺させて救うことが求められてきます。
この設定で全てが敵ではないのだと思わされて、なんか白い水の設定は良いと思います。
しかしながら、ストーリーにおいて人の救出はどうでもいい事でした。
ゲルスの復活だとかでヴァンパイアはストーリーの進行上無視されてます。
せっかく人が助かるのにこれでは救出する気が失せます。だめだこりゃw

実際プレイすると


ゲームスタート時の舞台はとあるカジノです。
関係の無いバーカウンターのワイン瓶やダンボールの中身まで細かく描かれていて、それらがオブジェクトではなく、
一つの風景として描かれています。
生存者は居らず、孤独で暗いホラー的な雰囲気は出てます。
これには高評価ですが、バイオも同じ感じです。残念。

プレイのきっかけでも書きましたが、ゲームスタート時に目の前にいるヴァンパイアの動きが面白く、
やはりツッコミを入れたくなりました。
全く人間の血には興味のないクネクネした動きです。
よくよく考えたら、こいつらは人間の血は欲しいのでしょうか。
たまに噛み付かれますが、ほとんどの攻撃は叩きです。
地味に痛いだけです。
う~ん、謎。


数々のイベント


ムービーはなかなか綺麗です。
モーションもリアルに作られて、ヒロインにはモデルを使用したとか。
ムービーは言うこと無しです。
あとイベントは英語のフルボイスです。
結構素晴らしい演出ですが、これもバイオと同じ。残念。
英語が得意でなくてもリスニングにはちょうど良い英会話です。
このヴァンパイアにいつ襲われるか分からない状況下で落ち着いた英会話を見せつけられます。
ネイティブの人かもしれないですけど、もうちょっと気持ち込めて台本を読んでください。
変なタイミングで「ミサートー!(外人訛り)」と主人公がヒロインに叫びますしねw

それにしてもこの二人がまた面白いです。
主人公のキースとヒロインのミサトの初対面のシーンが特に面白い。
ヴァンパイアが歩き回る中、隠れて泣きじゃくるミサト。
それを見つけて近づくキース。
そしてキースはミサトに一言。
「おれは警察だ、安心しろ」
これだけではよく分からないので補足説明すると、キースは刺青の入った上半身裸で探索してます。
警察のスーツを着ているなら分かります。
しかし、上半身裸の男が突然現れて「おれは警察だ、安心しろ」と言ってくるソイツを信用するアホがどこにいようか。
でもこの裸を信じるミサト。

このシーンには笑ってしまいましたw

ほかにも「ミサトは早く先に行っとけ」と言いつつ敵を追いかけたものの結局逃げられて、
後になってミサトが大丈夫なのかを心配しだすシーン。
自分がほったらかしたんだろ、キース。
キースはヴァンパイアの正体を知りたいのか、ミサトを守りたいのかはっきりして欲しいと思いました。
ミサトを安全な場所に避難させたいのか、車のトランクが一番安全と言いだす始末。
このゲームのシナリオライターさんに何をさせたかったのか問い詰めてやりたいです。

操作に腹が立つ


敵の攻撃を喰らうと当然ダメージが蓄積されます。
バイオと同様、ダメージのゲージが心電図ではないものの、
通常は緑色、それが黄色になると半分ほど、橙色になるとけっこう少ない、赤色になるともう死んでしまう事を示します。
そしてこのゲーム、黄以降になると走りが急激に遅くなります。
緑のときは逃げれた敵も橙では追いつかれる始末。
敵を倒すより時には逃げることが重要になるこのゲームでこの足の遅さは異常です。
体力を回復する手段がないと難易度はMAXに難しくなります。
これには腹が立ちました。

あとラジコン操作ですが、ボタンをチョン押しでは歩いたり旋回したりしませんので、弧を画く走り方が凄く難しく感じました。
もしそのように走りたければ、走る→止まる→旋回→走るの形になってしまいます。
快適に走ればプレイ中にイライラせずにできたんですがねぇ。
体力が低いとなおさら腹が立ちます。

操作には関係ないですが、重要なイベントが終わった後、倒したはずの敵が復活することには腹が立ちました。
1、2回ならまだしも、しょっちゅう復活します。
全部倒してたら確実に弾切れが発生します。
で、やはり逃げることは重要なんです、このゲームは。
だから操作は快適であってほしかったです。

まとめ


やってみた感想は、「操作に腹が立つB級なんちゃってバイオ」でした。
それとあまりにも長ったらしい(おそらくバイオの2倍)
シナリオも微妙で飽きてしまいます。
しかし、どうやらクリアタイムが短いとSランクとなり裏シナリオを楽しめるらしいです。
この裏シナリオをプレイしないとこのゲームの言いたかったことが分からないらしいですが、
自分は残念ながらAランクで裏シナリオがプレイできませんでした。
もう一周しようとも思いません。疲れました。
もう完全に戦意喪失しました。
二周すること前提で作られていることが腹立たしい。
二周目作るなら一周目を楽しませてからだよ!

ネタと思わない限りこのゲームには手を出さないようにしましょう。
ちなみにこのゲームで使用されている音楽はJASRACに登録されている模様。
いい曲は無いのですが。
何考えてんでしょうか?


↓Q&Aコーナーは「続きを読む」から!
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: カウントダウン ヴァンパイヤーズ

tag: PS_E.カウントダウンヴァンパイヤーズ 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。