げむぷれ! ホーム »PS_C.焼肉奉行
このページの記事一覧

焼肉奉行  

「エサを待つ家畜」

"焼肉奉行"として肉や野菜を素早く、効率よく焼いてお客様を満足させる焼肉アクションゲーム、というよりパズルゲーム。
購入者には「牛角」全店で使える500円割引券が付いている。

【ジャンル】:パズル
【プレイタイム】:3時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:普通
【総合評価/おススメ度】:C

【映像】:C
【音楽】:C
【シナリオ】:D
【熱中度】:C
【オリジナリティ】:C

【コメント】:焼肉奉行ってタイトルは興味ひかれる

感想

rock.jpg
いや、ロックバイソンは関係ないんですが。
このゲームが牛角とタイアップしてるところ、相当に焼肉に執着があるようです。
パッケージ見ても確かに肉が美味しそうに焼けてるし、当時定価も2900円(ニク)で、どんだけ肉なんだよと。
そもそも「焼肉奉行ってどんなゲームなんだろう?」とつい興味を惹かれるような、好奇心を掻きたてるようなタイトルが秀逸で
ゲームを手に取らせるのがうまいですね。
今だったらケータイアプリで300円とかで売ってても違和感無くOKなアイデアだと思います。

自称「焼肉アクションゲーム」なんですが、実質パズルゲームと思ったほうが良いです。
三人の客を相手に、肉野菜を焼いて制限時間内に全員を満足させればクリアー、満足させるには満足メーターを上げること。
好きなものはたくさん焼いてあげて、嫌いなものは他の客に食べさせる、コゲたり生だったらもちろん不満になるので
肉野菜の焼け具合をよく見なくてはならない。
網の真ん中は焼けやすいなどもあるので、真ん中は焼くのに時間がかかる野菜を配置、周りでは同時に肉を焼いておく、
そんな思慮深い心も、焼肉奉行では必要です。

最初は焼肉奉行として頑張っても、次第にパズルゲームとしての心が芽生えでしまう。
客に生肉を与えて満足ゲージが減ってしまっても、そのあと好物を連続で与えれば満足してくれるので少々間違っても
大丈夫だったりする、客の腹具合はどうなるかは知らないけどww
これが焼けたらコイツにあげて、次にこれ焼いて、焼いてる頃にあれが焼けるのでアイツにあげて・・・みたいに
段々と作業が雑になって機械的になってくるのが分かってくる。
そうなると相手はお客様ではなく、ただのエサを待つ家畜みたいになって、自分が焼肉奉行でなくなってしまう。
家畜ゲーであるほうがこのゲームは楽しめる。

一応エンドレス初級を頑張ってみましたが、ばあさん、婦人、ニートの三コンビにやられて25人100万点。
その三人は肉が嫌いなので配分が難しかった、とにかくミスしないのがこのゲームのコツかなと思いました。
今さらプレステでするほどでもないけど、ネタものとしては面白かったです。

スポンサーサイト

category: 焼肉奉行

tag: PS_C.焼肉奉行 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop