げむぷれ! ホーム »PS_B.THE鬼ごっこ
このページの記事一覧

THE 鬼ごっこ  

「意味不明のクソゲー・・・それは違う」

誰もがかつて遊んだ事のある鬼ごっこがパーティアクションゲームに。
公園や放課後の校庭にみんなが集まれば鬼ごっこの開始だ。


【ジャンル】:アクション
【プレイタイム】:7時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:普通
【総合評価/おススメ度】:B

【映像】:C
【音楽】:B
【シナリオ】:C
【熱中度】:B
【オリジナリティ】:C

【コメント】:終わりよければ全て良し?

感想

また謎なゲームを・・・クソゲーのにおいがプンプンとして堪りませんね。
操作は○×□△全てを連打して走り、十字キー左右で旋回、なかなか癖のある操作性。
スティックで走るよりあきらかに不自由。
ルールは普通の鬼ごっこと同じく鬼が子にタッチで、鬼が交代する本当にそのまんまの鬼ごっこ。
時間がゼロになるときに鬼でなければ一応勝利。
一応、というのは獲得した得点の多さで順位が決まって、実際は得点を一番多く取らないと勝利になりません。
「得点」は敷地内のアイテムや鬼に対して挑発すると増加します。
タッチされて鬼になると得点がゼロになり、元の鬼はタッチした子の得点を得ます。
結局得点の一番多い子が勝利する実力主義の社会を象徴しているのがなんとも悲しい。

で、このルールだと時間いっぱいまで鬼になってしまって、時間がゼロになる寸前に得点の一番高い子にタッチすれば
得点が入れ替わり一位になれる、というなんとも卑怯な手段を使えます。

どう考えてもリアルだと喧嘩になること必至、でもTHE鬼ごっこの世界ではOK。
まあプレイすれば分かりますが、操作性ゆえ操作キャラがフラフラしてタッチできず、すれ違いが乱発することもたくさんあり
捕まえるのが普通に難しいので確実な方法ではないですが。
「スピードUP」や「バナナのかわ」などのアイテムもあるので(しかも取ると得点アップ)めちゃくちゃ難しいわけでもない。
ちょうど良い難易度だったりします。
もしスティック操作で自由に走れたら、これまた微妙なゲームになってたかもしれません。計画通り。

「鬼ごっこ」のほかにも走るだけの「かけっこ」と鬼の人が勝ちの「福鬼」の三種類あり、どれもパッとしないですが
なにも無いよりはマシといった感じ。
あとキャラは8人いますが、MAXスピードや旋回のよさやボタン連打の量が微妙に違うのは細かくて良い。
能力を見極めるにはキャラ選択画面のたった三行の自己紹介文が頼りなので実際に使ってみるのが一番だったりする。

「ひとりで遊ぶ(ストーリー)」と「みんなであそぶ(対戦)」があり、まあとりあえず「ひとりで遊ぶ」を選択。
鬼ごっこをひとりで遊ぶか・・・切ない。
一応みんなが入れ替わりでプレイヤーと対戦するストーリー仕立てで、ガキ大将の子を選んでプレイ。
鬼ごっこ勝負前の会話にはヘタな素人が吹き込んだセリフがフルボイスで収録されてて、セリフの内容以前に笑いを誘ってくれる。
気持ち良いほどヘタである。これなら無いほうがマシ。
旋回の悪さに苦戦しましたが数回鬼ごっこに勝利し、謎のボス戦(!?)で死闘を繰り広げればエンディング。

・・・で、このエンディングが無声音楽のみのストップモーションアニメで、内容も小学生の淡い恋心を表現したもので
不覚にも感動してしまいました。
そしてスタッフロールのBGMがどこか懐かしさを感じる和風テイストでそこでもグッと来た。
まさか「THE鬼ごっこ」とかいう意味不明のネタゲームに心を突き動かされるとは誰が想像できたであろうか?

製作は違いますが「THE推理」のようにSimpleシリーズは侮れませんね。
たしかに操作に癖があるしボイスも素人だが、外見ではクソゲーだと判断できない、良い勉強になった。
でもこれって「終わりよければ全て良し」って言ってるものじゃあ・・・うん、良し。



↓攻略とエンディングは「続きを読む」
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: THE 鬼ごっこ

tag: PS_B.THE鬼ごっこ 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop