げむぷれ! ホーム »PS_B.クラッシュ・バンディクー
このページの記事一覧

クラッシュ・バンディクー  

「いやったああああいい!!」

コミカルな主人公クラッシュバンディクーが駆け回る宇宙初の奥スクロールアクションゲーム
悪事をはたらくコルテックスの野望を阻止し、恋人タウナを救い出せ!

【ジャンル】:アクション
【プレイタイム】:6時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:ちょっと難しい
【総合評価/おススメ度】:B

【映像】:C
【音楽】:B
【シナリオ】:D
【熱中度】:B
【オリジナリティ】:B

【コメント】:アクションとして普通に面白い

感想

この「クラッシュバンディクー」を制作したノーティドッグはアメリカの会社、つまり洋ゲーに分類されるわけですが
私は発売当初、日本のSCEが制作してるのかと勘違いしてました。(販売はSCE)
今思えばジャングルの雰囲気だとかクラッシュのやられアクションとかどう考えても洋ゲーなんですが。
コロコロコミックで大々的に紹介・漫画化されるなど低年層も含めてターゲットにしてたこともあり
高めな難易度ながらも日本では大好評のようでした。

クラッシュの特徴は"宇宙初の奥スクロールアクション"というもの。
この時代、1996年は3Dアクションが乱発してたんで"宇宙初"というのは言い過ぎな気もしますが
奥行きを使ったアクションは今の時代でも楽しむ事ができます。
奥にひたすら突き進むステージが基本であって、他にも横スクロールアクションみたいなステージ、
それに縦に行ったり横に行ったりと忙しいステージなど多彩なカメラアングルが面白いです。
岩が転がってきて手前に逃げるステージは、進む道である画面手前が見えづらくかなりスリリング。

アクションゲームといえば奈落の穴、普通にジャンプで飛び越えればいいのですがプレイして間もない頃は
なかなか距離感を測りにくいです。
例えばダイヤ(やりこみアイテムで1ステージにある箱をすべて壊すとを取得できる)に挑戦するときに
最初にステージにある縦方向に連続で並んだ箱を壊すところがかなり難しい。
クラッシュが横に進むときと縦に進むときのスピード(実際はその見え方)が違うんで
その感覚を掴むのが最初の難関。
十字キーを押しすぎると箱を飛び越えてしまうし、チョン押しすると少ししか進まない
この何ともいえないシビアな操作を最初から要求されるため、最初にしては難易度が高めです。
そこのステージのダイヤが取れたとしても、その先のステージではいくらか難しいダイヤがあります。
その後のステージもステージクリアだけならセーブポイントなどもあってなんとかいけますが
ダイヤ取得だけはセープポイントからの開始が許されないのも辛い点。
まあその分ダイヤ取得したときの達成感は大きいんで、やりがいを感じられる点はGOOD。
個人的にはちょうどいい難易度のアクションゲームだったんで愚痴を漏らしながらも結構面白かったです。



最後にストーリーについて疑問点。

悪の科学者コルテックスは世界征服のため島の動物たちを捕らえ、自分の作った機械で洗脳していく。
しかし機械は暴走したため動物たちがコルテックスの言う事を聞かなくなった。
捕われた動物の中、元々暴れ者だったクラッシュは機械の副作用で正義感に目覚めてコルテックスの悪事を見抜き
一時は逃れるものの、恋人のタウナを救うべく再びコルテックスの城に向かう決心をする・・・


これ、実は説明書の中でしか語られていないストーリーでゲーム中ではほとんど明かされずに、ゲーム開始時も
海辺のステージからいきなりのスタートとなります。(案内兼バリア役のアクアクが少しだけ解説してくれる)
クリアしたあとに説明書を見ると「こういうストーリーだったのか!!」と驚愕しましたww
まあ世界征服なんて巷ではよくある話なんですが(まじ?)、
ゲーム内で邪魔してくるいやらしい動物たちはコルテックスの手下じゃなかったのか・・・と改めて思うし、
コルテックスを成敗したいのか、恋人を救い出したいのか、
プレイ時には思いもしなかったおかしな設定が何点もあります。
説明書では恋人を救うニュアンス、パッケージ裏では「Dr.コルテックスの野望を阻止するのだっ!!」とか書いてるし
どっちなんだろうか・・・両方という解釈も?

ともかくどちらにせよ、恋人のタウナはこれ以降のシリーズに一切登場しないんで、そこのなんたる悲しさや。
エンディングでは彼女がクラッシュにさば折りをかましてるんで(本当は抱きつき)その一瞬の姿を目に焼き付ける
最後のチャンスです、ちなみにダイヤEDだとさば折りは見れないので注意。

さば折りの図

crash.jpgsaba.jpg



完全に一致。
書いてる途中で気付いたけど、右図、さば折りをかけているのは右の肌色のお相撲さんの方で
タウナがさば折りをしているというのは間違い、でも見た瞬間ひらめいたし書かずにはいられない・・・
(右図はブログサイト『発気揚揚』から拝借いたしました)
スポンサーサイト

category: クラッシュ・バンディクー

tag: PS_B.クラッシュ・バンディクー 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop