げむぷれ! ホーム »PS_A.IQFINAL
このページの記事一覧
  • 2010/07/18  I.Q FINAL 

I.Q FINAL  

「なんなんだこの数字は・・・」

SCEより、迫りくるキューブを消していくパズルゲーム。
前作「I.Q」の続編にあたる。
タイトルのI.Qは知能指数ではなく「Intelligent Qube」の略称。

【ジャンル】:パズル
【プレイタイム】:15時間
【クリア】:クリア済
【難易度】: 結構難しい
【総合評価/おススメ度】:A

【映像】:C
【音楽】:A
【シナリオ】:-
【熱中度】:A
【オリジナリティ】:A

【コメント】: 100ATTACKをクリアしてからが面白い

賢く解説

近年では、SCEはPSP「無限回廊」のように独特のパズル作品を多く生み出してますが、
この作品はその多くの作品の一つで、キャラとキューブのみのとてもシンプルな世界が特異性を放ってます。
黒で統一したダークな雰囲気がちょっとこわいです。
小学生のときにプレイしましたが、奇妙な感覚は今でも覚えてます。
こういうの得意だよなあ、SCE。

ゲームのルールは転がってくる白い箱を1マス分の地雷で消していくゲームで、消してはいけない黒い箱や
消した後に9マス分の地雷を置いていく緑の箱があります。
とりあえず白と緑を全て破壊すればクリア、後ろに追い詰められたらゲームオーバー。
緑の箱がかなり曲者でこれをうまく使えるかがカギになります。

何も考えずに初回プレイすると結果は、ステージ1でゲームオーバー。
I.Qは66。
このI.Qはこのゲーム独自の指数で知能指数IQとはまったく関係ないですが、
「66」の数字は私を馬鹿にしてるとしか思えません。(#^ω^)
もう一度挑戦、今度は前より要領がよくなってステージ4までいけました。
I.Qは163。
倍近く数字が伸びて、急に頭が良くなった気分になります(単純)
なんなんだこの数字は・・・基準が全く分からない・・・

これは通常モードの「I.Q FINAL」で、一問一答形式の「100 ATTACK」もあります。
文字通り100問ある問題をひたすら解くだけです。
一問ごとに模範歩数があり、これを超えないように最低歩数でクリアするのが面白いです。
どうしても分からないときは救済処置があり、答えのデモプレイを見ることが出来ます。
それを見て「ああ、なるほど」と学んだりすることもしばしば。
このモードは自分のペースで脳をフル回転させることができて、I.Qをいきなりプレイするより効率的です。
しかもI.Qをプレイするにあたってのノウハウが全て詰まっており、これ無くしてI.Qはクリアできないだろうと思います。
ただの100の問題ではなく、濃厚な練習モードだと私は思ってます。

その後もう一度「I.Q FINAL」をプレイすると、なんとステージ10(Final)をクリアできました。
ちなみにI.Qは310、えらい伸びすぎです。
こんな感じに成長が数字として目に見えるのは楽しいですね。



やりこみ要素

おまけ要素で隠しキャラも用意されてます。
特定のキャラでクリアしていくごとに看護婦や軍人、原始人や白熊まで追加されていきますw
キャラごとの特性はないですが、バラエティに富んでて凝ってます。
あと「SURVIVAL」で二十分耐えて、I.Qが500を超えれば難解裏モードも登場するとか。
I.Q500?
えー?!待てまてまて!Σ(゜Д゜;)
かなり頑張っても300だったのに、さらに上の得点を取れと?無理です。
どうやらクリアしても先はまだ遠いようでした。



演出

このゲームは音楽も凄いです。
メニュー画面は管楽器の演奏が哀愁ただよってます。
ゲーム中はキューブとキャラだけの世界に豪華なオーケストラ音楽が合わさって不思議な組み合わせですが、
キューブが迫り来る焦りの状況にはとてもピッタリな音楽です。
ちょっと映画のサントラみたいな感じもしますね。
プレイ中ながら「あ、いい音楽だな」と思ってしまうほど不意打ちなものでした。

他にもオープニングは世界地図の大陸が徐々に繋がって「I.Q FINAL」の文字が完成するものですが、
ここでも壮大なオーケストラがカッコいいです。
でもどこかホラー映画のようなダークな感じで、子どもの頃トラウマになる人も多かったとか。
エンディングも感動的ですが、読まれるテキストが英語で要所しか聞き取れないのが悲しいです。
(ただのリスニング能力不足)



まとめ

しっかりしたパズルゲームであり、ゼロからでもちゃんと上手くなれる要素があったことが高評価。
脳もフル回転できるなどパズルゲームの醍醐味もあり、クリアしたときの達成感はなかなかのものでした。
それにダークな雰囲気や音楽が素晴らしい。
文句をつけるなら、ちょっとしたボタンミスで壊滅状態になるところや、全部パーフェクトで消すとか
やり込むには難易度が高すぎるところです。

まあ今回は、珍しくもパズルゲームにハマってしまいました。
たまにはこういうので息抜きもいいなあ・・・
スポンサーサイト

category: I.Q FINAL

tag: PS_A.IQFINAL 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop