げむぷれ! ホーム »PS_-.カルネージハート
このページの記事一覧

カルネージハート  

「怖気付いた」

ロボに思考プログラムを用意して全自動で戦わせるロボバトルシミュレーションゲーム。
ゲームを進めるとロボのパーツも増え三体のロボ部隊も編成できるようになり、チーム対戦も可能に。

【ジャンル】:シミュレーション
【プレイタイム】:1時間
【クリア】:未クリア
【難易度】:理解しにくい
【総合評価/おススメ度】:-

【映像】:D
【音楽】:-
【シナリオ】:-
【熱中度】:-
【オリジナリティ】:B

【コメント】:敷居がとにかく高い

これはやばい

ロボの完全自動化。
直感的な操作もできるはずがなく、全てあらかじめ用意したプログラムでのみ動くロボ。
そのプログラムが簡単に組めるなら良かったのだが、組んでみると恐ろしいほど敷居が高いことが分かります。
攻撃や回避、移動、それを行う条件分岐のチップを組み込んでプログラム。
例えば「100M以内にミサイルがある」YESなら「回避」NOならさらに分岐
「メイン武器の弾数が50以下なら」YESなら「前進」NOなら「メイン武器発射」など・・・本当に自由すぎる。
ほかにも「敵が○○M以内」とか「残り燃料が○%」とか前後左右ジャンプとか、
本物のプログラミングらしいランダムやカウント(その数値以上、以下、同じで分岐)まで用意されている。

ここで100Mってどのくらい?という疑問が浮かぶ。
それは「テスト対戦で確かめよ」なんだから、時間も気持ちも全て途方に暮れてしまう。
一機作るのにどんだけテストプレイさせるんだ?

だからこのゲームは少し触れただけでやめました、敷居がずば抜けて高い。
完全に自分の思考が試されるので、プログラミングに自信ある、興味あるなら良いのかも。
とにかく根気が必要な気がして・・・プレイする前に怖気付いたゲーム、どんだけ怖いんだよ。
スポンサーサイト

category: カルネージハート

tag: PS_-.カルネージハート 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop