げむぷれ! ホーム »PSP_C.メタルギアソリッド:ポータブルオプス
このページの記事一覧

メタルギアソリッド ポータブルオプス  

「今度は、忠に尽くさないタイプのスネーク」

初のレビュー作品となります。
今回はさらに初のPSPでエンディングを迎えた作品でもあります。
こんなお初ばかりの作品ですがどうぞ暖かい目で見守ってやってください。

【ジャンル】:アクション
【プレイタイム】:20時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:普通
【総合評価/おススメ度】:C

【映像】:B
【音楽】:C
【シナリオ】:C
【熱中度】:A
【オリジナリティ】:C

【コメント】:ボリュームがもっとあればなあ

プレイのきっかけ

メタルギアってのはそもそもメタルギアソリッド1から有名になったらしいですが、自分が初めて知ったのは2です。
友達の家でいつも友達がプレイしてるのを見てました。見てるばっかりでやってはなかったです。
あの敵兵の背後に回ってホールドアップしたときは正直「すげぇ!」って思いました。おもしろくてリアルすぎて。
麻酔銃で敵を眠らせたり、ロッカーに隠れたり、ダンボールで動き回ったり・・・
自由度が高すぎますよ。反則すぎます。
話したら結構長くなるんで短めに書きました。
今回はOPSの話なんで今度また2のレビューしたときにでも書きます。
とにかく、メタルギアシリーズは自由度が高く、カッコイイ銃撃戦andかくれんぼアクションゲームだと思ってます。

自分はMETAL GEAR 20th ANNIVERSARY METAL GEAR SOLID COLLECTION(長い)というBOXセットを買いまして、
これには4以前の6作品を収録しており、かつ廉価品のように安いところが魅力です。
外伝を抜いた正当な続編をここまで集めた作品も珍しいです。知らないだけかもしれませんが。
自分はMG1→MG2→MGS1→MGS2→MGS3→MGSops→DVDの順番でやりました。
(MG:メタルギア MGS:メタルギアソリッド DVD:BOXに付属していたDVD)
つまりOPSをやるということはすでに今までの作品はやっていることになります。
多くの作品をしていること前提とします。初めてメタルギアについて触れる人は注意して読んでください。

ストーリー

全体を言うとMGS3とMG1を繋ぐ物語らしいですが、この二作品を繋いでいるのか?外伝的な話っぽくないか?
と疑ってしまうような薄っぺらい話で残念です。
残念とは言ったものの、それはメタルギアシリーズをやってきた自分から言えることで、
OPSだけで一つの作品とみなしてしまえば、すごくスケールの大きい話です。
なんせ核発射を止めるべく、軍や組織を相手に一人の傭兵「スネーク」が敵基地に潜入するお話なんですから。
ありえないですけど、まあみんなこんな感じでも好きなんです。
毎作品通りに何回ものどんでん返しがスネークを襲います。
その度に「何!?」「何だって!?」とスネークが発言します。声優の大塚さん、熱演です。
こっちも驚いてしまうほど、熱演しています。う~ん渋い。
反逆者とかCIAはお国のためならすぐに人を裏切ります。
そして反逆者同士が裏切りあうこともしょっちゅうあります。
こんな人たちが集まった組織でよく組織と呼べますね。
現実の世界で起きた出来事を交えて話は進行するので、歴史の教科書に載ってたような話が出てきます。
記憶を片っ隅から引き出してください。出てきませんね。でも安心を。歴史教科が苦手であっても十分楽しめます。
事実を交えるためリアルさが増します。
本物(正直詳しくないですが?)の機関銃が出てくるのもリアルを引き立てます。
AK47、Mk22、RPG-7とか何かすっげーカッコイイです。
つまり核テロを止めるスケールの大きい話です。

システム

隠れながら任務をこなし、ときには銃撃戦を行うスタイルは今までと同じです。
が、仲間をつくるってのは初システムで新しい試みのようです。これは最大の特徴でもあります。
このゲームはスネークだけではなかなか任務をこなせません。
ふらふら歩いているだけで不審者とみなされ敵に見つかるからです。
もしそこに敵組織の兵士が歩いてたらどうでしょう?
当然味方なのでスルーされます。
そうです、同じ服を着ていればバレないのです。
そのため敵兵を一人仲間にして、そいつを潜入させれば見つかることなくうまくいきます。
スネークのときは見つかってしまい銃撃戦になってしまうところを、仲間はいとも簡単に華麗にスルーします。
ドライブスルーしても気づきません。とにかく見つからない。
だから仲間が必要なのです。
ここで一つ疑問が浮かび上がりませんか?
「スネークは変装できるでしょ。だから敵兵から服を剥ぎ取ればいいじゃないか」
MGS3では確かにコスチュームを変えて潜入したり、実際に服を剥ぎ取ったイベントもあります。
でも残念ながらシステムの上ではスネークは敵の服に着替えることが出来ません。誠に残念です。
仲間にするまでの経路を言えば、戦闘で気絶してしまった兵士はスネーク一味に100m近く引きずりまわしたあと、
トラックに押し込まれて、たたき起こさたと思えば仲間になるよう説得されてしまい、結局心が折れて仲間になります。
扱いが酷いですが、これでも仲間になる確率は100%を維持してます。
仲間には最初から能力が振られています。銃が得意とか銃器開発が出来るとか様々です。
個性がそれぞれに出ていて、任務に加えるかよく悩みます。
残念なことに体力とスタミナしか成長しないので、強いやつは強い、弱いやつは弱いとなります。
育成ゲームのように勘違いしないように。
人によってこのシステムの好き嫌いが分かれるようです。
自分は楽しめましたが。
初めて仲間にしたときのみムービーが入ります。国を救うことを理由に仲間となりました。
彼はジョナサン。
スネークとジョナサンの握手はなかなかの名シーンです。
それきっかけで、ジョナサンはよく使いました。(のちに面白いことになりました、詳しくはネタバレへ)
まあ仲間を集めることが今回のキーとなるようです。
ちまちま敵兵を引きずりまわして仲間が増えたことに優越感を抱く人はおススメします。
「え、仲間?めんどくさ。スネークだけでいいじゃん」って人はおススメできません。

総合的に

いつものメタルギアと比べても大差ありませんが、画質はとても綺麗です。
人のモーションなんかリアルだと思いました。
敵兵がつかまれて時々じたばたするとことか見ててカワイイです。
逆にこっちが攻撃してんのに壁に隠れたときは腹立ちます。別に弱いんでいいですが。
今回はアメコミ画調のイベントでゲームが進行しましたが、あれはあれで斬新で世界観にマッチしてました。
「SHhhhhhh」とかアメリカンな効果音まで表現しています。
アメリカの擬音語は音に忠実なので、妙な形の英語となります。
「スゥー」なんか言う日本語はあちらの人には通用しません。「what?」って聞き返されてしまいます。
音楽は特に印象に残りませんでした。
まあ、総合的には短かったが面白かった。
不満を言うならば、ボス戦の前に武器とメンバーの交換をさせてくれといいたいです。
おかげで武器を持たない仲間がボスに瞬殺されました。この野郎・・・無茶しやがって・・・
あともう少しステージが多ければ楽しめたのにな。
2周目行くならば十分楽しめると思います。
自分は2週目とかはあまり好きではないんでやってませんが、
ユニークキャラを出してみたりステルス迷彩を着たりとやりこみも満載です。
制限プレイしても面白いかもしれません。
麻酔銃あればたいていうまくいくんですがね。
シリーズ通してやってる方は間違いなくするべきです。
初めての人はほかのシリーズからはじめてはどうですか?

ちなみに自分はネットに接続してないので、通信対戦はしてません。あくまで一人プレイでの感想です。

ネタバレ

クリアして「ケロタン」の称号がでました。
一瞬すごい称号がもらえたのかと思えたが、すぐに最低ランクだとわかりました。そりゃじっくり時間をかけてやったんですから。
サブミッションが出るたびに潰す方法が悪かったのか。原因がなんであれ称号なんかどうでもいいこと。

エルザとかは重要に感じませんでした。微妙なやつだ。

むしろジョナサンがスネークをかばって銃弾を受けたときはジーンときました。
あれが一番の名シーンではないでしょうか。記憶がフラッシュバックされたところと、
スネークが叫ぶところなんか特にジーンときました。
作中に登場するジーンとは全く関係ないです。
くそう・・・せめて回復キッドを持たせておけば・・・とか思ったりしてます。無駄でしょうが。

スポンサーサイト

category: メタルギアソリッド ポータブルオプス

tag: PSP_C.メタルギアソリッド:ポータブルオプス 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop