げむぷれ! ホーム »PS3_D.SIMPLE500シリーズVol2THE密室からの脱出
このページの記事一覧

SIMPLE 500シリーズVol.2 THE 密室からの脱出  

「でゅるるるる~~~~!!」

ダウンロード専用のシンプルシリーズ、脱出系のアドベンチャーゲーム。
気がつくと旅館の一室に閉じ込められた・・・全4ステージから脱出に挑戦!

2017年05月14日(Sun)18時34分18秒2017年05月14日(Sun)18時39分31秒
2017年05月14日(Sun)18時41分47秒2017年05月14日(Sun)18時46分52秒

【ジャンル】:アドベンチャー
【プレイタイム】:8時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:ちょっと難しい
【総合評価/おススメ度】:D

【映像】:C
【音楽】:D
【シナリオ】:D
【熱中度】:E
【オリジナリティ】:C

【コメント】:女将が戦隊やってたって元ネタあるのかな?

感想

PS Plus フリープレイ 2017/4に配信されたタイトル。

SIMPLE2000と呼ばれていたように、PS1時代は2000円だとかPS2だと2500円ぐらいの価格帯で販売・提供していたシリーズなわけですが、いつの間にかPS3ではワンコイン販売していることを知りませんでした。
そもそもパッケージ販売から離れてダウンロード版に専念しているとかで、だからパッケージを見かけなくなったんだーと納得。

今思うとテーブルゲームとかバラエティゲームの類に2000円も出費できた時代がウソのように思えてきますね。
今なら携帯アプリで数百円、無料もちらほらありますし。
ユーザーにとっては昔よりもグラフィックの質の良いものを安価で提供できている良い時代になってますが、様々な物価が高騰する中で、開発者側としては市場相場に合わせないと高額だと思われてしまうところに時代の波というかゲーム業界の闇を感じます・・・


前置きはともかく、このゲームについて。
シンプルシリーズなだけあってテーマが非常に分かりやすく、脱出というフレーズが心をくすぐられます。
実際面白そうと思ってダウンロードしましたから。

プレイしてみると、脱出ゲームという最低要件は満たしているはずだけど、面白いかと言われるとちょっと微妙。

微妙と思った点としては謎解きパズルをしているというよりも、物探しをしている感覚に陥ったこと。
数字を元に扉の鍵を施錠する・・・みたいなパズルはあるにはありますが、その数は少ない印象です。
物を拾って、くぼみに当てはめて・・・というリトライを繰り返してたような。
悩む場面もありますが、そもそも物を拾えてないとか、当てはめるアイテムが間違っていたとかで進行ストップすることの方がパズルに悩むよりも圧倒的に多かったです。
そういう類の進行ストップは、ヒントがほぼ無いため総当りになりやすくプレイしているのがしんどくなります。
さすがにクリックポイントが明らかに小さいとかそういう激ムズな理不尽はありませんでした。

それとシナリオ。
脱出といえば、ここはどこなのか、何故閉じ込められたのか、といったミステリアスな演出がベターですが、この作品に関してはそういうのがほぼ無いです。
主人公は幽閉されているにも関わらず常に漂々とした態度で、各場面では唐突にマヌケでシュールな小言とか挟んだりして、脱出のイメージからかけ離れている場ハズレなイメージのキャラクターと言えます。
途中の展開からSFチックになったり、コメディテイストになったり、悪い意味で展開が全く読めず意味不明です。
アングラ感や緊張感はほぼ皆無なので、当初想定していたワクワク感からは外れたシナリオでした。
まあ明るい軽快な内容として前向きに捉えることもできますが、それにしても絵面や音楽がミステリー寄りなので、ミスマッチしているような気がしてなりません。
ただしエンディングが二種類あるとか、エンディングの伏線回収とか、頑張っている点も確かに見受けられますので全否定はできません。
コメディ感がギャップとなりアッと驚かされる場面も。

あとは音量が何故か大きいことや、もっと快適な操作がなかっただろうかとか細かな点もちらほらあります。

プレイするとしても、PS3で3D脱出ゲームをプレイしたいとか、コメディテイストな脱出ゲームをやりたいとかぐらいでしょうか。

シンプルシリーズって面白いのかつまらないのか微妙な作品が多いのである意味平均的な内容とも言えます。
スポンサーサイト

category: SIMPLE 500シリーズVol.2 THE 密室からの脱出

tag: PS3_D.SIMPLE500シリーズVol2THE密室からの脱出 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop