げむぷれ! ホーム »PS3_C.コールオブデューティ:ゴースト
このページの記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

コールオブデューティ ゴースト  

「LOL!」

アメリカと南米連邦は対立、アメリカの少数特殊部隊Ghostを中心に物語られるシリーズ新章
エイリアンを倒すExtinctionモード、AIと対戦できるスクアッドモードが新たに遊べるようになった
CoDシリーズ一覧: MW1 MW2 BO MW3 BO2 G

【ジャンル】:FPS
【プレイタイム】:50時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:普通
【総合評価/おススメ度】:C

【映像】:S
【音楽】:C
【シナリオ】:D
【熱中度】:B
【オリジナリティ】:B

【コメント】:エイリアンとかいう伏兵

発売日

ついに買ってしまった、新作のゲームを買うなんてもう4年ぶり。
買う前からもうワクワクが止まらず、Amazonで「ゴーストのマスク」がもらえるコードが特典で付くらしく、
「でも1500円で頭パーツとか高いよな」と文句漏らしつつも結局Amazonで購入。
そして未だにコード入力してない、これじゃまったく意味が無い!
さらに問題が、発売日とその翌日は他の用事で忙しく、結局プレイしたのが発売の翌々日に。
ワクワク感がすでに削がれてる、もったいない!

現在のPS3のオンライン人数はざっと20万人。
XBOX360やPC、海外ではPS4もあって同じプラットフォーム同士でしか遊べないのに、
これだけの人数がリアル世界で同時にプレイしてるなんて素直に凄いです。
新作だけあって賑わっててマッチングもすんなりで快適。
レベル50とか普通にいるし、海外版の人だろうかとか思いながら
一週間ほどプレイして早速レビュー書きたかったけどグダグダしてたら一ヶ月経ちそう・・・
まあ新作をレビューしたところで今までと何も変わらないけれども。

キャンペーンとエイリアン

先にキャンペーンの話。
目の前で大爆発でスローモーションとか、仲間に手を差し伸べられて起き上がるとか、もうデジャヴ状態。
ストーリーがモダンウォーから一新したとはいえ、何をやっても同じことの繰り返しに見えるのですが・・・
まあ何も考えずにただプレイする分には面白く、犬や衛生からの攻撃はかなり爽快です。
あと水中や宇宙など重力の無い空間での戦いはCoDシリーズでも新しい試みかもしれません。
無重力でマルチプレイできたら最高なんですけどね。
最後に主人公が捕らえらてENDは実に後味悪い感じでしたが、もう話覚えてないしどうでもいいです、完。

それよりもExtinctionモード、通称エイリアン。
エイリアンが徘徊する街を制圧しながら進み、核爆弾のスイッチを押してからヘリで脱出したらクリアという内容で
ブラックオプスにあったゾンビと同じようなニオイがあって興味なかったのですが、
せっかくだし試しにプレイしてみると、これはすごく面白かった!
ゾンビとは違ってエイリアンはサクサクと倒せるし、プレイヤーがコロッと死ぬようなことも少なくて長く遊べる、
ちょっとした操作方法とセオリーさえ知っておけば一発脱出も可能。
「トレイン」とかいうゾンビでは必須だったテクニックも不要、いきなり遊んでも敷居が高くないです。
協力マルチプレイだとLeft4Deadのようなゲームに、一人は衛生兵で一人は弾薬係など役割分担もできて
コールオブデューティでこんなCoopゲームを遊べるとは思っておらずとても満足。
遊ぶごとに脱出のコツを掴んで、何度も失敗しながらも最後にみんなでヘリで脱出できたときの達成感は
キャンペーンクリアよりも大きいんで、何度も遊んでしまいました。
終いにはマルチプレイでなくソロプレイで脱出できるほどになり、ついでにこのモードのトロフィーを
全て取ってしまったのでキャンペーンで再びトロフィーを回収、結局プラチナトロフィー獲得まで取りました。
結果、本来メインの対戦マルチプレイを放置するほどにハマってしまい・・・

ただ欠点として1プレイに40~60分近くかかってしまうこと、途中に休憩があってもエイリアンは時間で沸くので
トイレに行く暇がないのでせめて一時停止機能を付けてほしかったかも。
あとステージがまだ一つしかないこと、せっかく面白いのにさすがに何度も遊ぶと飽きてしまいます。
ダウンロードコンテンツになる可能性もあるらしいですが、これ以上に金を掛けるなら最初から何ステージか
用意して欲しかったです。
でもこの1ステージだけでもかなり遊べるし、今作のダークホースでした。

マルチプレイ

チームデスマッチでのリスポーン地点が敵の真横だったり壁一枚の先だったりで、生き返った瞬間に
やられてしまうことがあります。
前からこんなもんだったような気もしますが、今作はその頻度が高くなったような。
狭いマップなら敵の近くにリスポーンするのも理解できますが、今作のマップはかなり広め。
集団行動すると自然と味方の陣地が形成されて、敵はその反対側にリスポーンすればいいものを
その味方陣内に平気で敵がリスポーンしているためネットでは非難殺到、パッチでの改善が求められています。
でも私から言わせてもらえばまだマシだと思います、多少はイラッとしますが昔のシリーズにもあったことだし
BO2のオービタルからのLストライクの方が何倍もうざかったし。

あとはひらけている場所が多くなりました、これは利点欠点というよりも特色と言った方がいいかもしれません。
スナイパーやアサルトライフルでしっかり周りを警戒しながら戦うスタイルが安定していて、サブマシンガンで
腰だめやショットガンでガンガン攻めるスタイルは下手に動くと呆気なくやられます。
だから動くスタイルで戦う場合は、そのひらけた場所を把握することが特に重要になっています。
昨今のコールオブデューティはサブマシンガン・ショットガンが強力だったのでそれらがオススメでしたが、
今回からスナイパーなどに挑戦するのも良いかもしれません。

それとパークがポイント内で自由に選べる制度になりました。
さらにはパークが細分化されて、射撃用・移動用・探索用などパークを選ぶ楽しさというものが生まれてます。
過去強力だったパーク(アサシン、クイックドローなど)は装備するためのポイントが多く必要などの条件もあり
バランスがとれててとても良いです。
リーコンの効果も一瞬だけになって1ポイントだから妥当になってるし。

キルストリークについて、MW3ではキルスト祭りで空に飛行機が飛び交ってたのに対して、今作はとても静か。
UAVもSAT-COMという設置式になり空を見上げて落とす必要もなし、撃ち落とし用のランチャーもなくなりました。
そのこともあって銃撃戦に集中できるようになってるしこれは良い変更かも。
死んでもポイントが加算されるサポートも名の通りサポート程度のストリークになって、空爆やEMPもなくなって
落ち着きを取り戻したようです。

武器について、マークスマンライフルという新しいジャンル、結局セミオートのアサルトライフルでした。
アイアンサイトを付けてFALのようなこともできますし、スコープでスナイパーとしても使えますが
スナイパーだと一発で仕留め辛いので、結局今までのセミオートアサルトライフルの使い方をするのが正しいかと。
ちょっと中途半端な銃ですね。

AIと戦うスクアッドモードはあまりプレイしてませんが、練習には良いと思います。
練習といえばナイフで感染者を増やすInfectedと救援物資を取りながらハンドガンで戦うHuntedは
マップを覚える+練習に最適。
おまけに普通のルールに飽きたときでも気楽に遊べるのでスクアッドよりもコッチで遊んだ方がいいのかも。

まとめ

グラウンドウォーがなくなりキルストも静かでお祭りゲームではなくなりましたが
マルチプレイについては十分に楽しめてます、やっぱりInfinityWardは最高。
MW3の悪い点も多く改善していて、ユーザの声をしっかり反映しているのが好印象でした。
さらにマルチプレイでマンネリを感じている中でのエイリアンはすごく楽しかったです。
一粒で二度おいしいとはこの事です。

まだまだ遊ぶ余地はありそうだし、オンラインで賑わってる今の期間に遊び尽くそうと思います。

スポンサーサイト

category: コールオブデューティ ゴースト

tag: PS3_C.コールオブデューティ:ゴースト 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。