げむぷれ! ホーム »PS3_B.カオスチャイルド
このページの記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カオスチャイルド  

「おっけい」

前作カオスヘッドの舞台設定を継承した科学アドベンチャーシリーズ。
ニュージェネレーションの狂気の再来と呼ばれる連続殺人事件の謎を解き明かす。
chaoschild1chaoschild2
chaoschild3chaoschild4


【ジャンル】:テキストアドベンチャー
【プレイタイム】:30時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:簡単
【総合評価/おススメ度】:B

【映像】:B
【音楽】:C
【シナリオ】:B
【熱中度】:B
【オリジナリティ】:B

【コメント】:「11番目のロールシャッハ」言いたいだけちゃうんかい

感想

前作プレイ済み。
前作の知識は必須ではないけれど、事前の知識あればそれだけ理解が早かったり、
より深く事象を考察できたりするから、プレイしていることに越したことはない感じ。
それってつまり必須じゃん・・・
前作の設定を踏まえた衝撃の展開もあるため、やっぱりこれはカオスヘッド2と呼ぶべき作品だと考えます。

このゲームの特徴は何といっても、単なる甘ったるいギャルゲーでなく、推理小説のようなミステリーや猟奇描写ありな刺激の要素を含むテキストアドベンチャー(+αでギャルゲー)であるところでしょう。

冒頭からとあるモブキャラが不可解な事件に巻き込まれ絶命するも、謎はしばらく明かされないまま、プレイヤーは不安だけを煽られる。
一方で主人公は学園生活サイドで舞台設定を把握しつつエンジョイ。
興味本位で連続殺人事件に首を突っ込むと、別の猟奇殺人事件に遭遇してしまい登場人物もプレイヤーも一気に緊張してしまう。
前作の流れを踏襲した緊張とリラックスのサイクルが実に素晴らしいです。

初めて遭遇してしまった事件「回転DEAD」はどういったトリックなんだ!とか、二回目に遭遇した事件「ごっつぁんデス」のような人間離れした芸当がどうやってできるんだとか、そもそも力士シールってなんだとか(あのシール、実際に街のあちこちに貼られた謎シールらしいです)リアルさがあって推理モノとして見るとすごくワクワクしてきます。


しかし前作の経験より罠に引っかかってはいけません。
リアルな推理モノとして読むと残念なオチが来ることは予期してたので心構えはしてたんですが、やっぱり今作もそういう展開でした。

簡単にいえば非リアルな異能モノです。
これのせいで現実から一気に突き放された非リアルが襲いかかり、
あのトリックやこのトリックも「不思議な能力でしたー」で片付けられるのがすごく勿体無い、勿体なさ過ぎる。
ガチの謎解きを期待すると肩透かしをくらいます。

途中でプレイをやめたという意見もネットで見かけましたが、このゲームの解答に対して"冷めた気持ち"が発生したからなんでしょうか。

しかし裏を返せば、異能ありき非リアルな推理モノと割り切れば結構面白いシナリオだとは思います。

各ヒロインたちが所有する特殊能力(震災の後遺症であるが)があることによって
普段とは異なる視点で物事を観察できたり、
誰の何の能力によってそうなったのか?と別次元の推理ができる、その余地はしっかり残されています。
物語に引き込まれるという意味では、能力有無の関係なく同様に存在します。

・・・ギャルゲーとしてはどうなんだろうか。
ノーマルエンド後の各ヒロインのルートは、物語全体としてはサブエピソード(ifルート?)的扱いなのでちょっとダレる感じではありました。
恋愛な描写は随分控えめ、それでもって悲しい結末がやたら多い印象です。
結論として変わり種のギャルゲーとして見るのが正解です。

ともあれ、真エンディングではあんな展開やこんな展開になるので最後までプレイする価値は十分にあります。
しっかり読み応えのある、物語の作りとしてはテキストアドベンチャーの見本となる作品だと思います。

ネタバレ多くなりそうなので「続きを読む」でクリア後のこと追記します。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: カオスチャイルド

tag: PS3_B.カオスチャイルド 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。