げむぷれ! ホーム »PS2_D.ドラムマニア
このページの記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ドラムマニア  

「ドラム検定ゲーム」

画面の表示に合わせてドラムを叩いて演奏する音楽ゲーム。
元々はアーケードで稼働していて、PS2に移植。
専用コントローラー(もちろんドラム)付き。

【ジャンル】:音楽
【プレイタイム】:5時間
【クリア】:未クリア
【難易度】:コンボは難しい
【総合評価/おススメ度】:D

【映像】:D
【音楽】:C
【シナリオ】:-
【熱中度】:D
【オリジナリティ】:C

【コメント】:たまにやるのが良い

打打打な感想

まずコントローラーの仕様。
高さ調整できるスタンドまでついてかなり本格的なドラムセットです。
5つのパットが並んでて足にも1つパットがあります。
これを叩いたり足で踏むと、ドンチャン演奏できます。
そして色はまさにバーチャルボーイです。
ドラムを叩く雰囲気はこのコントローラーで非常によく再現できてます。
でも本気でドラムで演奏したいなら、本物のYAMAHAドラムでも買ってきて叩けばいいじゃないのかと思うでしょうが、
こちらの方がコストパフォーマンスが素晴らしいし、音楽に合わせて演奏できます。
電子ドラムは安くても3万円は掛かるけど、私はドラムマニアを1万円で買ってきたので、2万円お得。

しかし、テレビが無ければ全く演奏できずパットを叩く音がこだまするだけです。
おまけにゲームとしては1万円は高すぎです。
ちょっとバンドに憧れて叩きたくなった、でもドラムセットは高いし・・・とちょっとだけドラムに興味を持った人には安い。
ドラムマニアはドラム演奏の入門編だと思ってくれたらいいなと思います。
それでも本格的なモノを求めるなら、ドラムマニアは諦めてさっさと本物を買ってください。
音は本物の方が格別ですから。

ゲーム内容ですが、もうそのまんま、画面にマークが下へ流れてくるのでバーと重なったら、ドン。
最初の内の曲は簡単で、ウン、タン、ウン、タタンなリズムで楽勝。
かと思ったら3曲目くらいでもう演奏に合わなくなります。
それもそのはず、ボタンは合計6つあるし、4種類以上のマークが連続で流れて、ミスが多発。
曲のテンポが速いと楽譜が読み取れないし。
パッドとパッドの間のプラスチック部分を叩いてしまってミスするし。
足と手で別々のリズムも刻めないし。
そもそも足の上下運動で筋肉が攣りそうになるし。
まったくもって難しいゲームです。
この難しいは、アクションゲームのような難易度の事ではなく、自分の操作の不慣れです。
まあ、私はドラムが下手でしたって事がわかりました。悲しい

あと曲が全く知らないものばかりです。
ゲーセンみたいに有名なJ-POPでも取り上げてほしいです。
恋のダイヤルは聞いたことがありましたけど。

このゲームはドラムのセンスが大きく影響します。
下手、上手がハッキリ分かれます。
上手な人の意見は聞いてないですけど、面白いって言うんでしょうね。
私は一定時期を置いて、またやりたくなったらプレイするのが一番いいと思います。
たまに叩くと面白い。
そして自分の下手くそさに絶望し、また押し入れにしまいます。
これの繰り返しでいいでしょう。
クリアするとか目的じゃなくて、やりたいと純粋に思った時が一番楽しいです。
そんな「稀に遊ぶゲーム」でした。



ちなみに普通のコントローラーでやると、なかなか出来たりする。
バンドを組むならドラムは嫌だと思いました。

スポンサーサイト

category: ドラムマニア

tag: PS2_D.ドラムマニア 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。