げむぷれ! ホーム »PS2_C.ボボボーボ・ボーボボハジけ祭
このページの記事一覧

ボボボーボ・ボーボボ ハジけ祭  

「ギャグが面白いのかよくわからない」

ハドソンより、少年ジャンプの「ボボボーボ・ボーボボ」をゲーム化。
鼻毛を駆使して毛狩り隊を倒す、という原作おなじみの下品なギャグのアクションゲーム。

【ジャンル】:アクション
【プレイタイム】:2時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:簡単
【総合評価/おススメ度】:C

【映像】:D
【音楽】:B
【シナリオ】:D
【熱中度】:C
【オリジナリティ】:B

【コメント】:内容が短すぎ

感想

そーいやボーボボを漫画で見て笑ってた時期もあったなと思った今日この頃。
なんであんな下品な漫画で笑ってたんだろうか、不思議に思います。
今の小学生とかはアレをどう思うのだろうか・・・

このゲームは自称「痛快ハナゲーアクションゲーム」と名前からしてふざけてます。
でもこのゲームは単なるバカゲーでは終わってません。
鼻毛を動かして迫ってくる敵を倒すのですが、これが左右のスティックだけの簡単、なおかつ直感的操作です。
本当に誰でも分かるような操作だからルールに困らずにすぐ楽しめます。
ボス戦も矢印に従ってスティックを倒すだけ、わかりやすい。
しかもステージに歌が用意されており、いわゆるキャラソンみたいな感じでノリノリな曲が多いです。
使いまわしでなく、それぞれのステージに用意されてるのが良いです。
でもせっかくちゃんと作曲されてるのにワンループせずにステージが終了してしまうのかは謎。
全部聞きたきゃサントラでも買えってことか・・・もったいない。
欠点はあまりにも短いストーリーで、2時間あればクリアできてしまう貧弱ゲームなところです。
絶対容量が余ってるのに、ハドソンのやる気の無さが見えるのが残念。
あとこれはボーボボの全否定になる事ですが、ギャグが面白いのかよくわからない。
ここは笑うべきなのか?という場面が多々存在します。
もう完全に任意です、好きにしてくださいハハハ・・・プレイヤーに気をつかわせんなよ。

内容は短いですが、分かりやすい操作と各ステージの曲はなかなか評価できます。

スポンサーサイト

category: ボボボーボ・ボーボボ ハジけ祭

tag: PS2_C.ボボボーボ・ボーボボハジけ祭 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop