げむぷれ! ホーム »PS2_C.アーマードコア:ネクサス
このページの記事一覧

アーマードコア ネクサス  

「排除 排除 排除 排除 排除」

アーマードコアシリーズの3(またはサイレントライン)の続編にあたる作品。
新資源をめぐって様々な企業のACが争うことになる。

【ジャンル】:アクション
【プレイタイム】:10時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:ちょっと難しい
【総合評価/おススメ度】:C

【映像】:B
【音楽】:C
【シナリオ】:C
【熱中度】:C
【オリジナリティ】:C

【コメント】:熱管理が次世代の課題

感想

アーマードコア2と3を過去にプレイしてて、久しぶりにやりたくなったのでネクサスをプレイ。

ガレージでのパラメータが日本語表記になって随分と分かりやすくなり、意味不明なパラメータもなくなったので
初心者でもパーツを組みやすくなっています。
でも過去の作品以上に発熱量の重視が激しく、その数値が一定を越えるだけですぐにオーバーヒート、
移動するとビービー警告音を立てるACが完成します。
しかもオーバーヒート中は常にエネルギーが消費され、ブースト移動なんて使ってられないほどに。
パーツが揃わない序盤ほどパーツカスタムを入念に行う必要があって面倒でした。
一方、中盤になると熱管理も随分と調整しやすくなって自由度が増したんで
「このゲームは熱管理があるからダメだ」とは言われるけど、中盤からは気にする回数も少なくなると思うんですが。

難易度は高め。
普通のザコとかはいいけど、機動力高い上にグレネード砲を持つACの攻略がかなり難しい。
ここらへんになると、装備というより己の操作の腕が重要になるので、フロムソフトウェアらしい手ごたえある(いじわるな?)
作品になってます。
ラスボスはずっと空を飛んでる+高威力キャノンが鬼畜。

それと個人的には必要のないシステムがやたら多いなと思いました。
新しいスティック操作タイプ、パーツ自体の改造・強化、本編とは異なる過去ミッションを遊ぶ二枚目のディスク、
これら全部使わなかったんでいらなかったんじゃないかなと思う。
スティック操作タイプはボタンカスタムができなくて、従来の×ボタンブーストはできないし旋回は使いにくいし。
パーツの改造はしなくてもクリアできたし。(実は改造の存在自体知らなかったことは秘密)
ディスク2は隠しパーツが手に入るらしいけど、なぜ本編に混ぜてくれなかったのかと。

新世代ということでシナリオは一新されて、パラメータは見やすいので初心者歓迎かと思いきや、難易度は高いし
上級者にとっても熱管理は鬱陶しかったので、結果として不評だったネクサス。
ひと通り遊ぶだけなら普通に楽しめたんだけど、2や3のような仕様でプレイしたかったな・・・

スポンサーサイト

category: アーマードコア ネクサス

tag: PS2_C.アーマードコア:ネクサス 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop