げむぷれ! ホーム »DS_D.ワールド・デストラクション~導かれし意思~
このページの記事一覧

ワールド・デストラクション~導かれし意思~  

「さらば、ワールドデストラクション」

セガより、とある事で主人公のキリエが世界を撲滅へと導いてしまうハメになるRPG。
公式ではゲームが原作だが、先行でアニメ版と漫画版を展開している。
これらはキャラは同じでもストーリーや設定が異なるらしい。

【ジャンル】:RPG
【プレイタイム】:25時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:あるパターンを知ると楽
【総合評価/おススメ度】:D

【映像】:D
【音楽】:C
【シナリオ】:D
【熱中度】:D
【オリジナリティ】:A

【コメント】:これが原作かぁ・・・

きっかけはアニメ版

2008年夏、ゲームが原作のアニメであるワールドデストラクションがテレビで放送してました。
「ゲームが原作のアニメ」ってのはたまにありますが、アニメ放送中はこのゲームがまだ発売されてないことに驚きました。
しかもゲーム発売は最終回。
セガは最後までアニメを見てしまった客を釣ろうとしたわけです。
こういうメディア展開があることにさらに驚きました。
私もアニメ版を見てまあまあ面白いと思いましたが、評価しだいでゲームの購入は見送りに・・・
で、数週間経って評価を調べたらあんまりよくないwww
さらば、ワールドデストラクション。

二年後、ワゴンで1000円で埋もれてたので救済しました。
やっぱ楽しみだったわけか・・・

世界撲滅のシナリオ

漫画版は詳しく知りませんが全てのメディアを通して「世界撲滅」というテーマがすごく関心を惹きつけられます。
主人公は普通は世界を救うのに、世界を破壊する側に立ってしまう。
街を荒らすとかではなく、世界もろとも滅ぼして全てを消してしまう完全に魔王ポジション。
「世界撲滅で小説を書きなさい」と言われたら、いくらでも書けてしまうくらい幾つもの面白そうな展開を想像してしまいます。
このゲームでは世界を撲滅するはずなのに、旅する中で人々の友情、愛情に気づき、世界が好きになり、
結果として世界を救う方向に向かってしまいます・・・
こういったwktkする展開なのに肝心なエンディングが無味。
どうなるかは書きませんが、何事もないように幕を閉じるなよバカ。

多重人格キャラ

イベント中はボイス入りで、アニメ版を見たなら違和感がありまくり。
特にトッピーがいじられ役からハードボイルドになってたのが一番ショックです。
「クマじゃないクマ!」のセリフはどこへ・・・
他にもリ・アがのほほんしてたり、ナジャが仮面ライダーカブトだったり、アガンが大活躍して陰が薄くないし・・・
こんな感じにキャラの細かい経緯や性格が違って、パラレルワールドになってます。
悪くはないですが・・・物語に入りやすいように設定を統一してくれれば良かったのに。
もはやアニメが基準になってしまいますね。

質より量の戦闘

序盤はテキトーに戦えば何とでもなりますが、中盤になるにつれて行動回数を増やすために攻撃回数多い方が
圧倒的に有利になります。
リ・アの連携ラッシュ攻撃が16回連続で銃弾を叩き込むのが強力で音がズバズバ鳴って爽快です。
戦い方はそれぞれありますが、ラッシュ攻撃がやはり鉄板になります。
これを知るだけで難易度が天と地に変貌します。
このシステムですが、10時間くらいプレイしてようやく理解できました。
クリアした今でも行動順の仕組みだけは許せなく、「反骨(カウンター)」ばかりして順番割り込んで反撃するのは
マジでイライラしてきます。
そしてエンカウントがやけに多いのもイライラの原因で、戦闘は残念なことばかりです。

まとめ

RPGとしても、システムは謎でシナリオももっと夢を見させてほしかったです。
私もアニメに引っ掛かったからプロモーション効果はあったのに・・・
セガにまんまと乗せられた人、ご臨終、そしてさらば、ワールドデストラクション。
さて、YouTubeでアニメ版を探すかな。

↓アニメ感想は「続きを読む」より
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: ワールド・デストラクション~導かれし意思~

tag: DS_D.ワールド・デストラクション~導かれし意思~ 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop