げむぷれ! ホーム »DS_B.ゴーストトリック
このページの記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ゴーストトリック  

「やってやりますともッ!」

主人公は死んだ魂となり、その死んだ理由、自分の記憶を探していくミステリーアドベンチャー。
「死者のチカラ」により死んだ人間や物に憑依すると、動かしたり過去に戻ることができる。

【ジャンル】:アドベンチャー
【プレイタイム】:10時間
【クリア】:クリア済
【難易度】:普通
【総合評価/おススメ度】:B

【映像】:C
【音楽】:B
【シナリオ】:C
【熱中度】:A
【オリジナリティ】:B

【コメント】:オチ以外は良し

感想

まず主人公が死んでいるってところに興味がわきます。
「え、なんで?」と思うところからこのゲームが始まってるんですね。
死んだ人間が魂となって、物に憑依しながら移動して、他の死んだ人間の過去に戻れる能力を使って
徐々に謎が明かされるので、ミステリー色ある作品になってます。
時折どんでん返しがあって、驚くような展開が多いのも魅力。
クリアまで10時間ほどなので一気にプレイしても、じっくりプレイしても面白いです。

プレイするとわかるように、普通のミステリー作品よりコメディ要素がかなり強くて、登場人物の個性がかなりぶつかりあって
キャラ同士の会話も笑えます。
ディレクター巧舟による演出なのでしょうか、逆転裁判のような漫才のような会話が多い印象。
主人公は基本ツッコミ役で、他のキャラのボケに振り回されるのも一緒。
だからあまり真剣にプレイするより気軽にプレイする方がストーリーを楽しめる気がします。

で、真剣にプレイしてしまうと。
もちろんネタバレは伏せますが、やっぱりオチが微妙かなと思う。
伏線は一応回収してるのにどうも腑に落ちない、あまりストーリーに関与してなかったアイツが重要キャラだといわれても
納得ができませんでした。
もう少し凄い驚く展開を期待してたけど・・・
あと「死」という重いテーマを扱うのに、死んだ人間に憑依して過去に戻って生き返らせるまでが簡単すぎる気がする。
やっぱり蘇る行為には何かしら代償が必要だと思うし、何度でも過去をやり直しできるのは緊張感に欠ける。
(やり直しがなければゲーム自体がすごく面倒になるけど)
主人公は死んでるにしても朝までのタイムリミットがあるので、やり直しには制限があるとか、
ストーリーに違う分岐があるとかにしてほしかった。
あくまで個人的な願望だからみんながみんなそうじゃないと思うんですが・・・

タッチペンでMAPを見たり、物から物にヒュンヒュン飛び移ったりできる操作は癖になって面白かった。
コメディ+ミステリーが交互に混ざる飽きさせない展開も良かったが、深く考えるとちょっと惜しい作品だし
クリア後の後味も微妙だった。
どっしり構えてプレイせず、ポメラニアンかわいいなあと気軽にプレイすれば十分に楽しい作品ではある。

スポンサーサイト

category: ゴーストトリック

tag: DS_B.ゴーストトリック 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリー別

おすすめ度ランク別(タグ)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。